Day One 、このブログでも度々言及していて、 Markdown で日記が書けて便利だったんだけど、最近のバージョンアップ( Mac は 2.8 以降 、 iOS は 3.0 以降)でプレーンテキストをやめてリッチテキストエディターというか WYSIWYG Markdown エディターみたいな感じになってしまった。

Version 3

Version 3

We are proud to introduce the latest iteration of the Day One journaling application. Version 3 is a major update to the foundation of th...

dayoneapp.com

記事本文を選択してコピーしたときにクリップボードに Markdown 形式で保存されればいいのに独自フォーマットでしかコピーされなくなり、 Day One で書いた内容をコピペしてブログに書いたりとか GitHub の Issue に書いたりということができなくなった。また footnote など Markdown の細かい記法に対応していたのが WYSIWYG 化されたタイミングでリストやヘッディングなど大雑把な記法にしか対応しなくなった。これまで信頼して日記をため込んで行ってたのに一気に信頼できなくなった。やっぱり Markdown でユーザーを集めることは無理なんだろうか。正直これでは劣化版の Evernote なので使い続けるメリットがない。新しい Markdown 日記ソフトを探さなければならない…

三井住友 VISA カードで払うと 12 回まで分割手数料が無料だったのでそれで買った。税込み 25 万くらい。 SSD だけ 256GB から 512GB に変えた。あとはキーボードを Magic Keyboard の US 配列にした。マウスは Magic Mouse 2 を選んだけど正直使いづらい。 Magic Trackpad 2 にすればよかった。キーボードを売って Magic Trackpad を買おうか検討中。 MacBook Pro 2009 の方はデータを抜き取ったらメルカリに出そうと思う。 2 〜 3 万くらいでは売れそう。

MacBook Pro の Touch Bar なしのやつとどっちにするか迷ったけど、最近はアイフォ〜ンが進化してて帰省や旅行に Mac を持って行かなくなった(雑な日記書きやインターネット閲覧などはアイフォ〜ンで事足りる)。ほとんど家で使ってるだけ。仕事で必要なときは会社から借りてる MacBook Pro を使うので私物は据え置き型で良いなという結論に至った。同じくらいの値段ででかい 5K ディスプレイが手に入るなら iMac の方が良い。

CPU を Core i7 にしなかったのはミスったかなと思ったけど全く問題無く快適に動く。普通にコードを書いて写真を整理する程度であれば Core i5 で問題無いと思う。ディスプレイでかくて解像度高いのがなによりすばらしい。 MacBook Pro + 外部ディスプレイを使うのよりも省スペースになり机を広々と使えるのもよい。ディスプレイが一枚なので首を左右に動かす負担もなくなる。

メモリを増やしておこうと思って、いまはちょっと値段が高いが 16GB のやつを 2 枚 Amazon で注文した。これでまた 8 年くらいは粘りたい。

IMG_4551.jpg

嫁さんの Mac mini 2011 が危機的な状況を迎えていて、何か操作する度に常にレインボーサークルがくるくるしてしまい動作が非常に遅くなっていた。ディスクの空き容量が足りないこととメモリ不足が原因のようだった。このまま極限まで空き容量がなくなると OS の起動さえできなくなる恐れがあったので 960GB のSSD と 16GB のメモリを嫁さんに調達させて換装してみることにした。

購入時、 Mac mini 2011 はデフォルトのメモリは 4GB で拡張しても 8GB までということだったので Apple Store で 8GB に増設してもらったのだが、ネットで調査したところ実は 8GB 二枚差しで 16GB まで認識できるということがわかった。 8GB のメモリ 2 枚が 13000 円、 960GB の SSD が 30000 円ちょいで合計 43000 円程度費用がかかった。 SSD は SanDisk のものを、メモリは Komputerbay という聞いたことがないメーカーのものを利用した。

データ移行時に使うディスクケースと分解時に使うトルクスドライバーは以前使ったやつがあった。分解の手順は以下のサイトが詳細で非常に参考になった。

Mac mini(Mid 2011)のHDDをSSDに入れ換える

Mac mini(Mid 2011)のHDDをSSDに入れ換える

2018/1/22(追記):こちらの記事は内容が古くなってしまった(&分解手順がザックリだった)ので、各内容を新たな記事として作成し直しました。よって、こちらの記事ではなく以下の新しい記事をご覧ください。・Mac mini 2011/201

sekinesan.jp

なお Mac mini は外見は似ていても発売年によって中のレイアウトは違いがあるようなので参考にするサイトを探すときは交換対象と同じ年式かどうかを確認した方がよい

手順を以下にまとめる。

  1. ディスクケースに SSD を入れて Mac mini に USB 接続しフォーマット
  2. Mac mini の電源を落として +R しながら起動
  3. ディスクユーティリティで起動ディスク(交換前の HDD )の内容を外付けディスク(交換用の SSD )にコピー
    • 一晩かかる
  4. Mac mini を分解して SSD とメモリを交換
    • ほこりがいっぱいたまっているので掃除機で吸いながら分解する
    • トルクスドライバーは T6 と T8 の両方が必要
    • ロジックボードにつなげてあるコネクターの取り外し作業は思い切りが必要かつミスって壊すと Mac mini が不燃ゴミと化すので慎重さと大胆さが求められる
  5. 元通りに組み立てる
    • SSD はねじの出っ張り部分が元付いていた HDD と同じ穴に入るように取り付けないときちんと固定されない
    • 元に戻すときに SATA ケーブルとロジックボードのコネクターが外れてしまいやすい。きちんと取り付けられていないと Mac 起動時にフォルダー内にはてなマークが表示されて正しく動作しない。
      • ディスクコピーがちゃんとできていないのかと思って焦ったが再分解して確認したところコネクターが外れていた
  6. Mac を起動して動作確認
    • ブラウザーのクッキーはおろか開いていたウィンドウやタブまで完全に復元される
    • MS Office 系はライセンス認証が切れているのでライセンスキーの再入力が必要
      • Adobe ソフトを利用している場合はおそらくそちらも
  7. Terminal.app を開いて sudo trimforce enable を実行し TRIM を有効にする

MacBook Pro のディスク交換よりも難易度は高かったが何とかなった。開発用途に使わない Mac なら十数万出して最新式のに買い換えるよりも数万円出してハードドライブを SSD に変えたりメモリを増やしてあげるだけで快適に使い続けられると思う。 Mac mini が遅くなったなぁとお困りの方はお試し下さい。

先週、 Alfred で通貨換算をやる方法(💵 Alfred で手軽に通貨換算 💴 )について書いたけどその続き。

Numi icon

Numi という Alfred に似たソフトがある。 Soulver と違い多言語対応はしておらず、自然言語による入力は日本語未対応なのだが、 Soulver もまともに使えるのは英語利用時だけなので実質的には機能に差がない。タブを使えたりする分、 Numi の方が高機能かも知れない。さらに Numi は今のところ無料である(ベータ版のため)。ベータ版とはいえほとんど困ることなく利用できている。

Numi うどん

このソフトがすごいのが、 Alfred Workflow を入れると Numi による計算を Alfred から n <式> と入力することでできるようになるということ(ただし Numi.app を起動しておく必要あり)。こんな感じ。

Numi Currency conversion

いちいち Numi.app に切り替えて新規ドキュメントを作成し、ということをしなくて済む。とても手軽に計算できる。通貨換算のほかに、単位の換算もできる。 Google Fincance の Converter サービスを使うやり方よりも高機能だ。

Numi Unit conversion

このソフトを知ってから Soulver を使う機会がめっきり減ってしまった。 Alfred からも計算できるし、結果を残しておきたいような複雑な計算をするときは Numi.app に切り替えて使うこともできる。文章を書いたり考え事をしているときにささっと計算できて頭の切り替えコストが低い。 AWS を利用しているプログラマー諸氏なら EC2 インスタンスの料金なんかを計算するときにもとても便利だと思う。おすすめです。


この記事は Alfred 3 Advent Calendar 2017 - Adventar 12 日目の記事でした。明日は(明日も) @tsurusuke さんです。

Soulver と Calca というのを去年自分が作った Advent Calendar で書いた(ただし締め切りを二ヶ月過ぎてから)。数字混じりのテキストを入力するといい感じに内容を読み取って計算してくれるソフトの紹介記事だった。

Soulver は便利でよく使っているのだけど、何か計算をしたいときに一々新規ドキュメントを作成しなければならないのが煩わしい。結果を保存しなくていいような、本当にチラシの裏で筆算してあとは捨ててもいいような手軽な計算ができないものかと思っていた。例えば Alfred を起動してさっと計算するような。

実は Alfred にも計算機能はある。ランチャーウィンドウを呼び出して数字を入力すると計算してくれる。

Alfred Calculator

ただ Soulver にあるような 1 USD in JPY と入力して 113 JPY と通貨換算してくるような機能はない。ネットでデジタルコンテンツをコンシュームしたり海外の通販でブツをゲットしたりするデジタルネイティブの皆様におかれましては USD 決済が基本であり、お金を払う前に「日本円にしたらいくらくらいかな?」と考えることはよくあると思う。そういうときにさくっと Alfred で通貨換算してくれる方法があったら便利ですよね。あるんですよそういうのが。

Currency Converter\.alfredworkflow
http://cl.ly/MBJ8

ちょっと URL が怪しいけど CloudApp というサイトからダウンロードできる。中身はシェルスクリプトで、例えばドル円の換算だと次のようなシェルスクリプトが実行される。

AMOUNT={query};

RESULT=`curl -s "http://finance.google.com/finance/converter?a=$AMOUNT&from=USD&to=JPY" | awk '/<span/{print}' | sed -e 's/<[^>][^>]*>//g' -e '/^ *$/d'`

echo '<?xml version="1.0"?><items>
            <item uid="convert" arg="'$RESULT'">
                <title>'$RESULT'</title>
                <icon>icon.png</icon>
                <subtitle></subtitle>
            </item>
        </items>'

Google の Currency Converter サービスに curl で問い合わせて結果を Alfred で表示できるように XML に整形しているだけである。

たとえば USD 58 と入力すると以下のように日本円でいくらになるかを表示してくれる。

Currency Converter USD

ここで Enter を押すとクリップボードに結果を保存してくれる。

Notification

なお Google の Currency Converter の URL が最近変更されたため↑のリンクのやつをダウンロードしてインストールしただけでは動かないと思う。 curl する URL を変える必要がある。よくわからん人は僕が貼ってるシェルスクリプトをコピーして 「Alfred Preferences」 -> 「Workflows」 -> 「Currency Converter 」と進み、 Script Filter にペーストするとよい。

Alfred Workflow Preference

Alfred Workflow Script Filter

curl する URL のクエリパラメーターを調整することで EUR -> JPY や話題の BTC -> JPY の変換もできる。仮想通貨の相場が気になって気になって仕方がない方などは Alfred で効率的に計算してるふりしてレートが調べられて便利だと思うので是非お試し下さい。


この記事は Alfred 3 Advent Calendar 2017 - Adventar 7 日目の記事でしたが一日遅れで書いてます。 8 日目は誰も登録していません。


追記 2018-06-25

コメント欄で @gnrr さんにご指摘いただいてますが、 Google の通貨変換 API が機械的なアクセスを拒否するようになり、この記事に書いてあるやり方では通貨換算できなくなりました。 @gnrr さんが作成された以下の Alfred Extension だとこの機能が復活しますのでお困りの方はご利用下さい。

github.com

choosy+canary-chrome.png

少し前に rebuild.fm で miyagawa さんが紹介1されていた Chrome の Canary チャンネル2と stable リリースで Profile を分けて使うやつやってみたらとても便利。 Choosy.prefPane3 などのブラウザー切り替えツールとセットでやる必要があるので $10 お布施した。 Chrome は stable や beta など様々なリリースがある4が、 Canary チャンネルのみ独立した User Profile を指定できるようだった。

Choosy.prefPane は参照元のアプリケーションごとにブラウザーを指定したり( Slack からは Chrome Canary とか、 Alfred からは Normal Chrome など)、 URL に応じて指定したり( twitter.com は Normal Chrome など)もできる。これでミスって仕事用の Google Account で SaaS にサインアップしてしまったりということがなくなる。 とても便利。

Chrome への依存度が高くない人は仕事用に Chrome 、プライベート用に Safari のような使い分けでもよさそう。

アプリケーションスイッチャー使ってますか

Mac には標準で + でアクティブなアプリケーションを切り替える機能があるのをご存知ですか。こういうの。

これは便利なんだけど、ブラウザーなどは複数のウィンドウ開くことがあり、アクティブなアプリケーションではなくアクティブなウィンドウを切り替えたいと思うことが度々ある。

Windows 7 には Win + でアクティブなウィンドウを切り替えられる機能があって、むかし仕事で苦痛に顔をゆがめながら Windows を使っていたときにもこの機能だけは Mac の方が負けてるなぁと思ってた。 UI が優れているというより、マウスに持ち替えずにキーボードだけで完結するのが良かった。

Mac ではこれは Exposé を使えということなんだろうけど、ささっとアクティブなウィンドウを切り替えたいだけなのにびろーっとアニメーションしつつウィンドウ一覧が表示されマウスカーソルでウィンドウを選択するのはだるい。キーボードから手を離したくない。

この要求を満たすのが Contexts というソフト。似たやつに Witch というのがあってこれも試したことはあったけど何かいまいち使い心地が好きになれなくて使うのやめてしまっていた。最近たまたま調べていたら Contexts というのを発見して少し使ってみたところすごく使いやすかったのでお金払ってライセンスキーを買った。

標準のアプリケーションスイッチャーの + のショートカットを Contexts のウィンドウスイッチャーが乗っ取っとる感じになる。

これでも便利なのだけど、ウィンドウごとに表示されると選択対象が増えてしまって目当てのアプリケーションを探すのが大変になる。これに対しては二つ解決方法が用意されていて、一つは現在アクティブなアプリケーション内でアクティブなウィンドウを切り替えるコマンド( + ` )。以下は Google Chrome がアクティブな状態で + ` した状態。

とても探しやすい。

さらにアプリケーション名かウィンドウ名で絞り込み検索する機能も付いている。これで沢山ウィンドウを開いていても目当てのウィンドウを探しやすくなる。 + でウィンドウ一覧を開いているとき + S で検索モードに入ることもできる。

どうです、便利でしょう?

アクティブなウィンドウを切り替えるという作業は一日何回もやるにもかかわらず、キーボードからマウスなりトラックパッドなりに手を伸ばして切り替えると、一回あたりは 0.5 秒くらいでも塵も積もれば山となっているかもしれない。日頃、 Mac を使っていてウィンドウやアプリケーションの切り替えでストレスを感じている方はお試しください。

Contexts - Radically simpler & faster window switcher for Mac

Contexts - Radically simpler & faster window switcher for Mac

Switch between application windows effortlessly — with Fast Search, a better Command-Tab, a Sidebar or even a quick gesture. Free trial a...

contexts.co