ココナッツジュースを用意してもらってるところ

 カンボジアの観光地では、物売りの人達がすごく寄ってくる。やれ水を買え、絵はがきはどうか、遺跡の写真集も2ドルだ、などなど。

 でも水が欲しい人は必要なときに自分で店まで買いに行くだろうし、みんなデジカメを持っているので、いまどき絵はがきや写真集を買いたがる観光客は少ないだろう。観光客が欲しいものとカンボジア人の人達が売っている物との間にギャップがあると感じた。欲しくないものはいくら熱心にセールスされても買う気にならないし、どうしても必要なものは少々高くても買ってしまうのが人間というもの。行く手を遮るようにして物を売りつけられると、かえって怪しく思えて欲しい物も欲しくなってしまう。

 片言の英語や日本語を駆使して営業する努力には涙ぐましいものがあるけど、もっと売り方を工夫したらあんなに苦労しなくても済むんじゃないかなと思った。

 もう旅行から帰ってきて二ヶ月経つし少々くどいけど、カンボジアの話。

値切ってるとこ

 カンボジアに限らず、シンガポールも含め、東南アジアは正札のない世界だと思う。値切れる人ならとことん安く買いたたくことが出来るし、値切れない人は多分ぼったくられる。値札による価格表示の店ならぼられないかも知れないけど、ちょっと小さなお土産屋だとかだと、まず最初ふっかけた値段を提示されて、そこから交渉で値段を決定していく、みたいな流れなんだと思う(そういう店はまず値札が出てない)。だからいきなり提示された値段でうんと言っちゃうのは格好のカモだろう。

 一緒に行った人が旅慣れした人で、買い物をするときやトゥクトゥク(バイクに引っ張ってもらうタクシーみたいなもの)を捕まえるときは徹底的に値切っていた。

 お土産屋でTシャツを買うときに自分も真似してみたが、値切ったときにカンボジア人のおばちゃんがすごく悲しそうな顔をして、1ドル2ドル値切ったところで自分の懐は大して痛まないのに、自分は最低なことをしているような気がして暗澹たる気分になった。だからといって「いいひと」のままだとぼられまくるわけだから、このへんはすごく難しい。

give me one dollar

 カンボジアでは、お金をくれと子どもにせびられることがたびたびあった。

 今日の日本人には物乞いはみっともないこと、みたいな感覚があると思う。もちろん戦後は日本人の子どももアメリカ兵に物乞いしてたんだろうけど、今日では物乞いする人ってのはほとんど見かけないですよね。ホームレスのおっちゃんたちも空き缶集めたりとか、何かしら仕事してる。そのせいか、人にお金をあげることに僕はとても抵抗があります。(ヨーロッパを旅行したとき、教会の前で突っ伏して小銭を請う人が少なからずいて、軽いショックを受けた)

 そもそも見ず知らずの大人が、子どもにただでお金をあげることは教育上よくないと思う。日本人は金持ってるからっていう理由で金をせびられるのも納得がいかない。お金は働いたり何か売ったりした対価として得られるべきもので、ただ金寄越せっていうのは道理にかなわないと思う。

 一緒に旅行したお姉さんは何度もカンボジアを旅行していて旅慣れてるんだけど、子どもたちにねだられると、「仕方ないなぁー」と言ってお金をあげることもあった。なるべくそうならないようにシンガポールでお菓子を調達してきて、子どもが金くれって言ったらお菓子をあげることでその場をしのぐようにしてたんだけど、一緒に遊んだ子どもたちにお金をあげることもあった。お金をあげると子どもたちはすごく喜ぶ。

 そんな風に喜ぶ姿を見ていると、堅いこと言わずに、お金をあげちゃうのもありなのかなー、とも思った。もちろん、群がってくる子どもたちみんなにお金をあげてたら、一人に1ドルずつでもトータルではかなりの額になってしまう。だからみんなにお金を配ることなんて不可能なんだけど、1ドルあげるだけであんなに喜ぶんだったら、先進国からやって来たちょっとしたサンタクロースみたいな役回りを演じることも、悪いことではないのかも知れないと思った。

 子ども以上に難しいと感じたのが、地雷で足を失った人にお金をあげることだ。カンボジアは国による福祉とか皆無だろうから、彼らは物乞いで生きていくしかないのだろう。でも一方で、足がなくても楽器を演奏して観光客からチップをもらっている人達もいた。伝統工芸品を作って売ってる人もいた。そういうのに対価を払うのがあり得べき寄付というか、慈善のあり方ではないかと思う。ただなくなった足を見せてギブミーワンダラーと言ってる人にお金をくれてあげるのは、こちらの心も痛むしやりきれない気分になる。いまこのおじさんに自分が1ドルあげても、カンボジア中の地雷被害者の持続的な生活の向上には繋がらないことが明らかだ。それよりも、こういうおじさんたちが何か技能を身につけて、継続的に暮らしぶりをよくしていけるような仕組みを作ることの方が大切だ。先進国の旅行者の同情に身を委ねる人生は惨めだと思うし、おじさんたちの自尊心も傷つけられるだろう。

 先進国に生まれた人間の甘っちょろい意見なのかも知れないけれど。

 カンボジアに着いて最初に訪れたのはアンコールワットでした。アンコールワットについては歴史や地理の授業でたびたび習いましたが、教科書や資料集に載っている写真は色調に欠け、石でできた味気ない遺跡という印象しか持っていませんでした。しかし初めて訪れたアンコールワットは荘厳で、圧倒されてしまいました。

 カンボジア到着が夕方だったため、最初に見たアンコールワットは夜のライトアップされたものでした。これはとてもラッキーだったと思います。遺跡はシェムリアップの市街から少し離れた場所にあるのですが、あたりは森に囲まれており、暗闇のなかに浮かび上がるアンコールワットの姿は見事としか言い様がありません。

DSC_4646.JPG

 遺跡には昼間も訪れましたが、観光客だらけで混み合っており、ゆっくり見て回ることが出来ませんでした。回廊に掘られている彫刻を眺めるにしても、夜間のライトアップされた光のなかで見るのと昼間の太陽光で見るのでは大きく印象が異なります。まるでイタリアのルネサンス建築のように美しいのです(イタリア行ったことないですけど)。

cloister

 高校で習う世界史では、文明はどうしても西欧や中東、中国を中心に発達したような印象を持ってしまうのですが、東南アジアのカンボジアにも、インドから伝来した非常に高度な仏教文化が花開いていたことを知ることができました。

 アンコールワットのライトアップはいつもやっているわけではないようですが、もし期間が合えば、昼だけではなく夜も訪れる価値のある遺跡だと思いました。夜の涼しい時間にゆっくり遺跡を歩いて回ることができて、とてもよかったと思います。夜の闇に浮かび上がる彫刻を眺めながら、悠久の時の流れを感じることができました。

Angkor Wat

 シンガポール滞在の最後の方に、二泊三日でカンボジアに小旅行に行きました。

 カンボジアといって思い浮かぶのは、アンコールワットとポルポト派と地雷くらいしかなかなく、「カンボジアに行ってみない?」と提案されたときは「えー、カンボジアー?」というのが正直なリアクションでした。未開発でほこりっぽいだろうし、食中毒になったりするんじゃないだろうかとか、地雷を踏んだりするんじゃないだろうかとか、ネガティブな印象しか浮かびませんでした。

 でも実際に訪れたカンボジアはとても良いところでした。暑いことは暑いですが、緑が多いせいかコンクリートの照り返しがない分、真夏の日本よりも過ごしやすいと感じました。特に日陰は過ごしやすかったですね。

 なんと言っても、シェムリアップのアンコール遺跡群が素晴らしかったです。いまではすっかりカンボジアフリークになってしまいました。

 シンガポール建設の祖は19世紀初めにシンガポールにやって来たイギリス人のラッフルズ卿でしょうが、今日のシンガポールの礎を築いたのはリー・クアンユーというおじさんであると断言して良いでしょう。いまだ存命の人ですが、引退後も顧問相として国政に影響を及ぼし続けています。というか、現在の首相、リー・シェンロン氏はリー・クアンユー氏の実子です。

リー・クアンユー - Wikipedia

明るい北朝鮮

 シンガポールはたびたび欧米のメディアや国境なき記者団などから言論の自由がないなどと批判されます。新聞や放送局はリー・シェンロン氏の妻が経営するテマセク・ホールディングスが株式を保有しており、政府の管理下にあると言えます。

 政体は一党独裁で、リー・クアンユー氏が創設した人民行動党が独立以来政権を維持し続けています。現在も84議席のうち82議席を占有し、ゲリマンダーや野党候補を当選させた選挙区民へのペナルティーなどなりふり構わないやり方で権力を維持しています。

 経済こそアメリカ型の市場主義を受け入れていますが、政体は世襲型の独裁政治であり、このためシンガポールは明るい北朝鮮だとも言われています。

なぜシンガポールは独裁国家なのに北朝鮮みたいにダメにならないのか?

 それはリー・クアンユーという人の人柄によるところが大きいと思います。シンガポール国立博物館のシンガポール独立以後の歴史を紹介するコーナーで、一本のビデオが繰り返し再生されていました。

 シンガポールは当初、いまのマレーシアと同一国家として1963年にイギリスから独立を果たしたのですが、マレー系と中華系の対立などもあって、1965年にマレーシアから追い出されるかたちで独立します。リー・クアンユーはマラヤ人(華人、インド人、マレー人の総称?)の融和を人生の目標と掲げて奔走してきたため、独立の事実を国民に伝える際にこらえきれず泣き出してしまいます。そのくらい、国の将来を真剣に考えていた人なのでしょう。

 もし望むならリー・クアンユーはいくらでも私腹を肥やすことが出来たでしょう。しかし彼はそれをせず、国民に厳しいルールを課する代わりに政権内の汚職を徹底的に排除し、清廉潔白な国家運営を行います。その結果が今日のシンガポールの繁栄であると言えるでしょう。

 個人的にはリー・クアンユーという人は、日本の政治家では田中角栄に近い感じなんじゃないだろうかと思っています。ビデオで見た国民に語りかける姿が田中角栄にとても似ていました。田中角栄は私腹を肥やすことに余念がなかったけど(ロッキード事件など)、リー・クアンユーはそうしなかった。それが相違点かなと思います。

 実は日本経済新聞社からリー・クアンユーの回顧録が出ていてとても面白そうなんですが、どうやら絶版の模様。上巻はAmazonで比較的安く手に入りそうなんですが、下巻はレア本のようで高値が付いています。シンガポールの歴史を学ぶことは、小国で資源がない国がいかにして経済大国になり、現在も高成長を維持し続けられているかを学ぶことでもあり、リー・クアンユー回顧録は是非とも読んでみたいと思っています。近いうちに文庫化されると良いのですけど。

回顧録を読んだ方の感想

日本軍の自転車

 シンガポール国立博物館で興味深かったのが、戦争についてのコーナーです。日本は戦時中シンガポールを占領しました。そのとき大陸の国民党軍に資金援助していることが疑われる華人を虐殺したりしたのですが、国立博物館の展示内容は韓国の独立記念館などと違って非常に中立的です。

 例えばシンガポール攻略作戦を指揮した山下将軍についての解説では、インド系シンガポール人の学者が、「山下がイギリス軍を降伏させたことの意義は大きく、第二次大戦後のアジア各国の独立に大きな影響を与えた」と述べていました。英軍があっさり降伏してしまったことで、いざとなったら英軍は頼りにならない、シンガポールは自分達で守るしかないと、独立を志すようになったという趣旨のリー・クアンユーの発言が、セントーサ島のシソロ砦の展示で紹介してありました。

 もちろん、日本人観光客を集めるという意図もあるのでしょうが、戦時中の日本側の史料も豊富に展示してあり、多角的な視点で展示が行われています。見ごたえ十分です。

 からゆきさんの記事でも書きましたが、日本とシンガポールの意外に深い関係を知ることができ、日本の歴史を学び直すこともできます。