シンガポール国立博物館にはからゆきさんについての解説コーナーがあって、これもとても面白かった。地球の歩き方にぽつぽつとからゆきさんについての情報が書いてあるんだけど、100年以上前にシンガポールに渡った日本人女性がいたということは分かるものの、彼女たちが具体的にどういう存在だったのかということは書いてない。国立博物館でからゆきさんのコーナーを見て初めて彼女たちのことが分かった。

からゆきさん

 からゆきさんとは、まだ日本が貧しかった明治から大正頃にかけて、農村や漁村から売春婦として売り飛ばされて行った女性たちのことらしい。調べてみるとシンガポールだけでなく、東南アジア一帯に幅広く日本人女性は売り飛ばされてたみたい。

 この頃のシンガポールは人口の男女比がいびつだったらしい。中国からやって来る苦力たちは、シンガポールに骨を埋めるつもりはなくてちょっと出稼ぎに、みたいな感じの人が多かったから、単身の男性ばかりだった。するとどうしても女性にあぶれる人が出てくる。それで植民地政府は売春婦を必要としていて、日本にも欧米列強から強い働きかけがあったようだ。からゆきさんのなかには売春をさせられると知らずに売り飛ばされていった人もいたらしい。

からゆきさんへの手紙

 からゆきさんには長崎の島原と熊本の天草地方の人が多かったみたい。からゆきさんの展示コーナーは、現地の遊郭でからゆきさんと日本人の男性農奴が知り合って恋に落ちる、みたいなストーリー(おそらくフィクション)にそって展示物が並べられている。男はからゆきさんのことを身請けすると約束していたにもかかわらず結局それはかなわず、別の女性と結婚することになった。せめて有り金をはたいてからゆきさんに数日間の閑を与えてやろうとして送った詫びの手紙が展示されてるんだけど、これがまさに天草の方言で綴られていてとても悲しくなった。100年近く前、熊本に住んでた年端の行かない娘たちがシンガポールに売られていったんだなぁって思って。

 シンガポールの地で日本の歴史について学ぶことになるとは思わなかった。今日の日本は豊かになって多くの日本人はこういう悲しい歴史があったことを知らないけれど、からゆきさんたちのことを忘れてはいけないなと思った。

 シンガポール北部にあるらしい日本人墓地に行ければ良かったんだけど、からゆきさんのことを知ったのはシンガポール滞在終盤で時間をつくることができなかった。もし次回シンガポールを訪れることがあったら、是非墓参りに行きたいと思う。

National Museum of Singapore

 シンガポールでは一人でいろいろ見に行ったんだけど、一番強烈に印象に残っているのはシンガポール国立博物館だった。ここはとても楽しかった。

イカす音声ガイド

音声ガイド

 入り口で音声ガイドを渡されるんだけど、これが非常に良くできてる。言語は英語、中国語、マレー語、タミル語、そしてなんと日本語に対応しているのがありがたい。各コーナーを訪れて、展示物の横に表示してあるボタンを押すと、その展示物についての詳しい解説が音声で流れるのだ。ビデオ形式の展示室では、映像に合わせて各々の音声ガイドで各人の設定言語に合わせた音声が再生される。だから英語話者と日本語話者が同じタイミングで同じビデオの上映に参加してもノープロブレムなのだ(言ってること分かりますかね?)

シンガポールの歴史

 展示内容自体もとても良かった。イギリス人がやって来る前のシンガポールの歴史っていまいちよく分からなかったんだけど、民間伝承や発掘された遺跡から得られる手がかりを頼りに、ビジュアル的に過去の歴史について教えてくれる。伝承ではテマセク(シンガポールの昔の名前)を作ったのはインドネシアからやって来た王様ということになってるらしい。ほほー。

苦力

 そもそもなぜもともとはマレー系の人しか住んでいなかったシンガポールに中国人が沢山やって来たのか、という学者の説明は興味深かった。20世紀に入ってから中国人が好き勝手に移民してきたのかなとも思ってたんだけど、そうではなくて、トーマス・ラッフルズ卿がイギリスからやって来てシンガポールを開発し始めたころはちょうど中国(清朝)南部で爆発的に人口が増えてて、口減らしのためにとにかく人を外国に送り出す必要があったらしい。シンガポール以外でも中国人労働者(苦力)はアメリカやオーストラリアの鉄道建設などにかり出された。同じイギリスの植民地だったインドからも労働者(Coolie)は集められ、そんな感じでやって来た人々の子孫が今日のシンガポール人なわけですね。

 シンガポールの国語は一応マレー語らしいんだけど、圧倒的に通用してるのは英語です。政府の公式文書も英語。人口の7割強が華人なのでその次に中国語が流通してて、マレー語、タミル語もそれぞれの民族の間で使われてるみたい。中華系もマレー系もインド系もみんな一応英語が話せて、異民族間では基本的に英語でやりとりするということになっている。

 しかしシンガポール人の英語は不完全なんじゃないかという話を滞在中に親戚のお姉さんに聞いた。シンガポール人に "paradox" みたいなギリシャ−ラテン経由の単語を使うと分かってくれないことがあるんだって。帰ってから在住日本人のブログを読んでも似たようなことが書いてあった。

問題点1:英語、中国語が変!!

国内の共通語が英語でありながら、まともな英語を話せる人が少ない。

中国語も、本場の中国人と比較すると下手。一体、彼らの母国語は何?

marketmakerの眼 シンガポール人の問題点

 ハーバードとかに留学するエリートは英米人顔負けの英語を話せるんだろうけど、ホーカーセンターとかにいるようなおっちゃんおばちゃんたちはブロークンイングリッシュと変な中国語、マレー語、タミル語しか話せないわけだ。それでお互いの意思疎通ってできるんだろうか。日本人同士だったらお互い日本語で深くコミュニケーションが取れるけど、ブロークンイングリッシュと変な中国語しか話せない状態で、深いところまで意見交換出来るんだろうか、と疑問に思った。

 母語=国語で、国語の教科書には千年以上の歴史がある日本語文学が載せられてる日本人って実はすごく幸せなんじゃないかなーと思った次第です。

蛇足

 誤解がないように書いておくと、シンガポールのTOEFL受験者の平均スコアはアジアナンバーワンでありまして、日本(アジアで下から二番目)は遠く及びません。自戒を込めて思うことだけど、日本人はもちっと英語を話せるようになったことがいいですね。外国でぼったくられたり騙されたりしないためにも。

経済社会データランキング 英語力(TOEFL)>TOEFL総合点 - 世界ランキング

 インド人(インド系シンガポール人)は独特の雰囲気を放っていると思う。暑いのに長袖のウェスタンシャツを着ていたり、派手なバックルのベルトをつけていたり、携帯は必ずNokiaだったり。

 なかでも不思議なのが男性同士でテーマパークに遊びに来ること。インド人はとても仲がよい間柄だと男同士でも手をつないで歩くそうです。それが親友の証らしい。ディズニーランドみたいなところに男だけ4, 5人で出かける感覚とかは僕らにはちょっとよく分からないですね。

 でもチャンギ空港のバーガーキングで遭遇したようなインド人は違った。みんな牛肉入りのハンバーガーを食べ、男女混合で最高にグルービーな感じだった。シンガポールで生まれ育った世俗化されたインド人は、インド生まれのインド人と感覚が異なるのでしょう。

 しかし考えてみると、日本人の男だって外国人からしたら同じように不思議な存在かも知れない。チャイナ・タウンのホーカーセンターでタピオカ入りのミルクティーを飲んでいたら、男ばかり4人の日本人がやって来た。大学生の旅行者っぽい。小ぎれいな格好をしていて女縁がないわけじゃなさそうなんだけど、なぜか男4人でシンガポールに旅行に来ている。

 欧米人の旅行者とかはカップルで旅行していることが多い。男二人のバックパッカーとかないないこともないけど、男4, 5人の集団の姿はなかなか見ない。そういえば自分も学生時代には男だけ5人とかでしばしば旅行をしていたことを思い出した。あまりインド人のことを変だって言えないかも。

Little India 1

 お土産買うならムスタファセンターが良いよという親戚のお姉さんのすすめでリトル・インディアに行った。ムスタファセンターとはリトル・インディアにある巨大なショッピングセンターだ。ショッピングセンターと言ってもオーチャード・ロードとかにあるようなお洒落なやつじゃなくて、ドン・キホーテみたいなのに近い。過剰陳列、ブランド物の安売り、食料品の品揃え豊富。シンガポール版ドン・キホーテだ。インディアンなスパイスもいっぱい置いてあるし、地下の電化製品コーナーではNokiaやHTCの最新携帯(Touch Diamondもあった!)が安心の値段表示で売られていた。カメラとかテレビの品揃えも豊富。

 で、ここに入るときにショッキングだったのが、バッグのジッパーをロックタイで閉じられてしまうこと。いきなり万引き予備軍扱いなのである。そのまま店に入ろうとしたら入り口で厳つい警備員に止められ、後ろを向かされてバックパックのジッパーを封印されてしまった。財布とか免税処理の際に必要なパスポートとかはあらかじめカバンから出しておいた方が良いですね。あと何か買い物したときも、商品を入れて渡されるビニール袋は同じように閉じられてしまう。

 シンガポールは高層ビルが林立しててある意味東京以上の都会だし、街並みは欧米っぽいのでアジアに来たなー、っていう感覚があんまりしないんだけど、リトル・インディアみたいなところに来るとうーんやっぱりシンガポールはアジアだという感覚にさせられる。屋台ではインド人が素手でカレー食べてるし。

Little India 2

 アジア旅行初心者はシンガポールで軽く修行してからよその国に行ってみると良いんじゃないかな。

 シンガポールにはむかしDoCoMoで使っていたM702iSのSIMロックを解除して持っていった。無事現地のプリペイドSIMを買って使えてたんだけど、うっかりミスから充電が出来ないことに気がついた。MOTORAZRシリーズにはminiUSBポートが付いていてここから充電する仕様になっている。したがってMacBookとつなげば充電できるでしょとDoCoMo製の充電器を持ってこなかったのだが、M702iSに関してはUSBケーブルによるPCなどからの給電は不可能な模様(M702iS miniUSBで充電いろいろ。。 (各種充電器を使ったテスト結果です))。事前のリサーチ不足であった。

 それで急遽キャリアのショップを回った。SingTelのショップでM702iSでも使える充電器が売られているのを発見した(M702iSにはDoCoMoが特殊な仕様変更を施しているため、充電器はMotorolaの純正品であってもどれでも良いというわけではないらしい)。しかし価格を尋ねたらSGD48だと言う。GSTという7%の消費税も合わせると、当日のレートが1SGD = 74JPYとして、4,000円弱もする。高い。でもよく知らない街で、品番も分からず適合するかどうかも分からない携帯の充電器を売ってる店を探して回るのは面倒だったので、言われるがままの値段を出して買ってしまった。よく考えたらレシートは手書きだし、箱にも入れず充電器をむき出しで寄越しやがったので多分このときはぼったくられたんだと思う。あとでインターネットで調べたら同じ品番の物がeBayにUS$15とかで出品されてた。

 旅行者というのは現地の物価や通貨に精通していないので格好のぼったくりターゲットだ。親戚のお姉さんとタクシーに乗ったとき、ドライバーが我々が日本人であることに気付くや無意味な遠回りを始めた。親戚のお姉さんはもう長いことシンガポールに住んでいて道路事情にも精通しているのでそのことをきつく問いただすと、ドライバーは怒って「もうお前ら降りろ」と強制的にタクシーを降ろされてしまった(結果的に1セントも払わずタクシーを利用できた)。

 シンガポールでは小さな電器屋などでは値札が付いていないことが多かった。日本だとあらゆる商品には値札が付いているのが当たり前だから、商習慣の違いに驚いた。そういう小さな店では標準価格に上乗せしてふっかけてくるのが当たり前らしい(ボッタクリ体質 - 愚か者の福音書 -- 投機の価値は-- 離島からの帰還    BYどぐされ外道 - 楽天ブログ(Blog))。

 親戚のお姉さんはこの辺の交渉に長けていて、カンボジアに小旅行に行ったときも何度かぼったくられそうになったが値切り倒してカンボジア人もたじたじであった。

 思うんだけど、値札表示の商慣行に慣れきった日本人はときどきは東南アジアとか定価なんてあってないようなところを旅してぼったくられたり値切ったりを経験した方が良いんじゃないかと感じた。売り手と買い手のシビアな駆け引きを経験することは仕事なんかでも役に立つんじゃないかな。

GARIBALDI

 親戚のお姉さんの友達が誕生日だったので、日本でもそうそう行ったことがないような高そうなイタリアンレストランに昼ご飯を食べに行った。待ち合わせ場所からして東洋一有名なRaffles Hotelであり、無職がこんな金持ちみたいなことをして良いのだろうか。

 イタリアンレストランはイタリアンレストランなのに店員はインド人ばかりで面白かった。とはいえスタイルの良いインド人がバリッとした格好をすると妙に格好良くて似合っていた。でもお願いだから無職の僕のことを「Sir」と呼ぶのは止めて下さい。

前菜

パスタ

メイン

デザート