以前、Unicorn が暴走して困ってるという記事を書いていた。しかしよくよく調べてみると暴走してるのは Unicorn ではなく、Syntax Highlight に使っている Python の Pygments を呼び出している Ruby のプロセスだった(pygments.rb)。こいつが CPU をバカ食いしてしまい、アプリケーションのレスポンスがすこぶる悪くなっていた。

少し前、Pure Ruby の Pygments 互換 Syntax Highlighter で Rouge というのを発見していたので、Python を spawn するプロセスがなくなれば CPU バカ食いも止まるはず、と思って pygments.rb から移行してみた。しかし…

なんと逆にサイトが重くなってしまった。やはり Pure Ruby のプログラムは重いみたいである。pygments.rb は C のネイティブコードも含んでいて、速さがボトルネックになるところは C で処理しているみたい。

というわけで残念ながら EC2 のマイクロインスタンスで Rouge を常用するのは無理そうなので Pygments + pygments.rb に戻します。あとはキャッシュして誤魔化すしかなさそう。