| @Mac/iPhone

仕事用の MacBook Pro が新しいやつになったので備忘のために設定方法をメモしておきます。

以前書いた通り、自分は Google Chrome の Profile を二つ作ってノーマルの Chrome と Canary チャンネルの Chrome (ベータよりももっと攻めてるやつ)の二つを使い分けている。仕事用が Canary Chrome でノーマルが私生活用。 Slack からのリンクや Google Drive の URL は仕事用の Canary Chrome で開くように Choosy を使って設定している。 Cloud で Profile が同期される都合上、こうするしかない。

その Canary Chrome への 1Password のインストール方法がちょと特殊で、公式サポートフォーラムの以下の記事の通りにやる必要がある。

  1. rm ~/Library/Application Support/Google/Chrome Canary/NativeMessagingHosts/2bua8c4s2c.com.agilebits.1password.json
    Canary Chrome の 1Password 用設定ファイルを削除(存在しない場合もあり)
  2. ln -s ~/Library/Application\ Support/Google/Chrome/NativeMessagingHosts/2bua8c4s2c.com.agilebits.1password.json ~/Library/Application\ Support/Google/Chrome\ Canary/NativeMessagingHosts/
    ノーマル Chrome の 1Password 用設定ファイルのシンボリックを Canary Chrome の設定ディレクトリに張る
  3. Canary Chrome 再起動

1Password が Chrome とのやりとりに使う JSON ファイルをノーマル Chrome と Canary Chrome で共通化してしまうようだ。これで Canary Chrome でも 1Password が使えるようになる。

| @Mac/iPhone

choosy+canary-chrome.png
choosy+canary-chrome.png

少し前に rebuild.fm で miyagawa さんが紹介1されていた Chrome の Canary チャンネル2と stable リリースで Profile を分けて使うやつやってみたらとても便利。 Choosy.prefPane3 などのブラウザー切り替えツールとセットでやる必要があるので $10 お布施した。 Chrome は stable や beta など様々なリリースがある4が、 Canary チャンネルのみ独立した User Profile を指定できるようだった。

Choosy.prefPane は参照元のアプリケーションごとにブラウザーを指定したり( Slack からは Chrome Canary とか、 Alfred からは Normal Chrome など)、 URL に応じて指定したり( twitter.com は Normal Chrome など)もできる。これでミスって仕事用の Google Account で SaaS にサインアップしてしまったりということがなくなる。 とても便利。

Chrome への依存度が高くない人は仕事用に Chrome 、プライベート用に Safari のような使い分けでもよさそう。

| @Mac/iPhone

945-chrome-bookmark-search-with-alfred.png (708×295)
945-chrome-bookmark-search-with-alfred.png (708×295)

みんなやりたいようで検索したらいっぱい出てきた。一番上に出てきたのは中の人が作ってるやつ。

ただソース見たら php で作られてた。あまり変なもん入れたくないのでスルーして別のを探したらこういうのを見つけた。

これは Python 製らしい。偏見かもだけど Python 製なら大丈夫そうだなと思ってこっちを使ってみることにした。

一応ちゃんと動いている。