『プラットフォーム革命』という本を読んで非常に考えさせられることが多かった。かつては一世を風靡したものの今では名前も聞かなくなった Nokia と BlackBerry がスマートフォン市場で僅か数年で Apple と Google に敗北したというエピソードから話が始まる。非常に衝撃的だった。この本を読むまで自分はソフトウェア企業で働いているという認識を持っていたけど、その視点では本質を見誤ると思った。自分が作っているのはソフトウェアではなくプラットフォームなのだということを意識させられた。

そもそもプラットフォームとは何か

プラットフォームとはマッチングの場所で、何らかの価値を提供する生産者と、その価値を評価して対価を支払い消費する消費者に二分されるサービスのことを指す。ウェブサービスが一番分かりやすい。例えば Uber や Airbnb はプラットフォームだ。日本ではメルカリなんかがプラットフォームの代表例だろう。 Nokia や BlackBerry を崩壊に追い込んだ iOS や Android のエコシステムもプラットフォームといえる。

なぜプラットフォームは強いのか

Nokia や BlackBerry は世界中の開発者が自由にソフトウェアを提供できる環境を用意できなかった。 BlackBerry はセキュリティとハードウェアキーボードこそがユーザーが求めているものであると断定し、自由に開発者がアプリケーションを開発できる環境を用意しなかった。 Nokia は開発プラットフォームを構築しようとしたが、 Symbian OS は開発者を惹きつけるプラットフォームではなかった。 Apple や Google は自分達だけで最高のスマートフォンを作ろうとせず、世界中の開発者に場所を提供して、自分達だけでは想像もできなかったようなアプリケーションを開発してもらい、ユーザーに届けた。結果はご覧の有様だ。この本では BlackBerry のようなビジネスモデルを直線的ビジネスであると定義し、 20 世紀から続く古いビジネスモデルあると揶揄している。

プラットフォームを構築することなく、作った製品を販売するだけの企業はそのうち衰退してしまう。プラットフォームというビジネスモデルは既存のビジネスよりも圧倒的に効率的で成長速度が速く、またほぼ無限といえるほどのスケーラビリティを備えているからだ。単にソフトウェアを売るだけのビジネスモデルではソフトウェアやネットワークの特製をうまく利用できておらず、 20 世紀からある物作りサービスと本質的には変わらないビジネスにしかなり得ない。ソフトウェアを売るだけのビジネスでは製品の配布や顧客の維持に課題を抱え、プラットフォーム型の同業者に参入され市場を支配されてしまうだろう。かつては市場を我が物にしていた日本の電気メーカーが中国・韓国勢に劣勢を強いられているのも根本的にはビジネスをプラットフォーム化できなかったことが原因だといえると思う1

最近、リストラを発表したマップルなどを作っている昭文社もプラットフォーム企業との闘いに苦戦している直線的ビジネスの良い例だろう。 Google Maps や、その仕組みを利用した食べログや Retty 、旅行情報アプリの隆盛により赤字に転落し、リストラを強いられることになってしまった2

イノベーションがプラットフォームを可能にした

この本はインターネット企業のビジネスモデルについて書かれた本だが、経済学とイノベーションの歴史にも触れつつ、なぜプラットフォームが支配的になってくるのかが書かれている。 20 世紀の中頃、資本主義の経済学者ハイエクと社会主義国ポーランドの経済学者ランゲによって、経済計算論争というものが繰り広げられた。物の値段を政府が決める(社会主義)のと市場に任せる(資本主義)のではどちらが効率的か、という論争だ。ハイエクの見解が優勢で(のちにハイエクはノーベル経済学賞を受賞した)、その後の経済学の考え方のベースになった。売り手は他人に対して積極的に情報を開示しないので物の値段を政府が決めるのは難しく、市場で決まる値段こそが効率的な資源配分を実現する、という考え方だ。しかしコンピューターとネットワークが当時とは比べ物にならないほどに進化した今日では、政府ではなくプラットフォームがプラットフォーム内部の情報に関して細部にいたるまで把握することが可能で、最適な値段を計算することが可能になった。実際に Uber は場所と時間に応じて乗車料金を変動させている。

ある意味で現在のグーグルは、強大なソ連が実現できなかった社会主義のユートピアを作りつつある。

アレックス・モザド; ニコラス・L・ジョンソン. プラットフォーム革命――経済を支配するビジネスモデルはどう機能し、どう作られるのか (Kindle Locations 1437-1438). 英治出版株式会社. Kindle Edition.

社会主義者が夢見たユートピアをシリコンバレーのテクノロジーカンパニーが実現させた。そのユートピアはプラットフォームと呼ばれるものだが、そこは効率的な取引を参加者に促す一方、自らはプラットフォームがもたらす強力なネットワーク効果により市場でますます支配力を強めていく。どんな SNS も Facebook には対抗しようがないし、どんな検索エンジンも Google のシェアを奪うことは難しいだろう。少なくとも、プラットフォームでない企業がプラットフォーム企業に立ち向かうことは無理だと思う。

評価経済やトークンエコノミーの下地にある経済システム

一昨年、仮想通貨の文脈で『お金2.0』という本が流行って、会社でも回し読みした。価値や評価、信用が重要というのは何となくわかったが、なぜ価値や評価や信用が重要になるのかがはっきりしなかった。あの本に書いてある考え方を可能にするものこそがプラットフォームなのだと思う。お金2.0を読んでしっくりかなかった、という人にもこの『プラットフォーム革命』はおすすめです。

追記 2019/01/21

7 年前にはてな匿名ダイアリーに投稿された以下の翻訳記事がまさにプラットフォームの重要性を説いており面白かった。プラットフォームのないプロダクトはプラットフォームのあるプロダクトに置き換えられる、プラットフォームになるためには外部に整備された API を提供し、外部の開発者の力を借りる、人が欲しがるものを自分で作ろうとしないこと、などはまさにこの本で書かれていることと同内容だった。 Google+ しかり、 Google が SNS を作ろうとして失敗するのはプラットフォーム化しようという意識が乏しいからなんだろうなぁ。確かに Google の API はどれも使いづらい。


  1. アメリカ企業が作ったプラットフォームに中国・韓国勢が低コストでハードを提供するが、日本勢は自らプラットフォームを構築することもできず、そのプラットフォームに参加することもできなかった、あるいは参加が遅れた。 

  2. 昭文社が希望退職者を募集、業績予想も下方修正---無料ナビアプリの影響(レスポンス) - Yahoo!ニュース 

母のガラケーを買い替えたい - hitode909の日記

母のガラケーを買い替えたい - hitode909の日記

母は10年もののガラケーを使っている あまり電話している様子はないが、友達の連絡先とかはガラケーに入っている データはある日消えるのでバックアップの効いたソリューションに移行してほしい 日常的にiPadを使っているので、iPhoneに買い替えてもらえばよさそう 悩むのが、各...

blog.sushi.money

昨年末に自分の両親の携帯をガラケーからスマートフォンに移行したときのことを書いておきます。

前提条件

  • 両親とも docomo でガラケーを使っていた
    • 充電器を共用できるという理由で同じ機種の色違いにしていた
    • スマートフォンに変えても同じ状況が良いと言っていた
  • docomo からはさっさとスマートフォンに移行しろというようなハガキが定期的に届きプレッシャーを感じていた
  • 自分と弟のお古の iPhone 6 ( docomo 機とSIM Lock Free 機)が余っていたのでそれを渡すことにした

回線

  • 回線は MVNO に移行してスマートフォンに変えてもガラケー時代と変わらない程度の料金で済むようにした
    • 月額料金が跳ね上がることがスマートフォンに移行できない理由の一つだった
  • キャリアはイオンモバイル経由の IIJmio にした
    • 近隣のイオンの店舗で即日 MNP が可能なため
  • docomo のキャリアメールは諦めてもらった
    • 家庭内での連絡にしか使ってなかったので Apple の Messages で問題なさそう
    • 母は LINE を使ってるかもしれない。

Apple ID とメールアドレス

  • 実家には iPad と iMac があって Apple ID も取得済みだったが夫婦共用状態だった
  • いい感じの移行は無理だと思ったので両親ともに Gmail のアドレスを取得して新たに Apple ID を作成した

感想

  • スマートフォンに移行できて喜んでいた
  • iMac と iPad を使っていたので App Store やソフトウェアアップデートの概念に慣れていたのがよかった
  • 一族郎党全て iPhone になったので写真の共有や FaceTime ができるようになり便利
    • 息子殿がじいさんばあさんに FaceTime してしりとりしたりできる
  • 渡した iPhone 6 はさすがに古すぎるので新しいのに変えてやりたい
    • 実家は山間地で寒いため冬になると iPhone 6 では急に電源が切れる
    • 3 ~ 4 万円で買えるお手軽 iPhone があれば良いのに…
  • docomo ショップのサポートに頼れなくなるので自分が全力でサポートする必要がある
    • 自分のサポート負荷を考えると両親とも同じ機種、キャリアの方が良さそう

追記 2018-12-31 09:50:16

ひとでさんの記事には バックアップの効いたソリューションに移行してほしい とあったけど自分の移行記では完全にその観点が抜け落ちていた。 uzulla さんが書かれた以下の記事の方がプラクティカルだった。

daisensei gyoumu

daisensei gyoumu

GitHub Gist: instantly share code, notes, and snippets.

gist.github.com

パスワード管理は自分(子どもの方)がやるという点やバックアップは iCloud に金払って任せるという点はなるほど感あった。うちの両親は iCloud でアドレス帳などはバックアップされていると思うが、写真に関しては多分バックアップ取りきれてないので正月実家に帰った時にその辺の管理を見直したい。

格安 SIM にしない方が良いという点に関してはまぁそうなんだろうけど、僕の両親の場合は大して使いもしない携帯電話に毎月 8000 円(夫婦で 16000 円)も払いたくない、今と同じくらい(夫婦で毎月 6000 円程度)でスマートフォンに移行したい、という希望があったので格安 SIM にした。

キャリアの窓口はデジタル介護施設として存在している。

面白かった。ただキャリアのサポート窓口、自分がかつて docomo や SoftBank を利用していたときに有効なサポートをしてもらった経験がほとんどないので MVNO で良いだろうという結論に達してしまった。

DSC_5616

この記事は登山 Advent Calendar 2018 22 日目の記事ですが遅れて書いています。大変申し訳ありません。


今年の山行

年初、成人式の三連休で家族で二丈岳に登った。登り始めが午後だったので下りは真っ暗闇の中を下ることになりめっちゃ嫁さんから怒られた。もう多分家族では二丈岳には行かない。

四月の頭に息子殿と二人で十坊山に登った。お手軽に登れて二丈岳と同じような、パノラマ感では二丈岳を上回る眺望が得られてお得だと思った。今年はこの後も二回、十坊山に登った。

家の近所の山を息子殿と二人で登った。バーナーを持っていき忘れてカップラーメンとクッカーを持ってきていたのに食べられなかった。おにぎりとスーパーの惣菜チキンだけ食べた。初めて高地山に登って景色の良さと低山ながら整備されたルートの歩きやすさに感動した。

家族 3 人で十坊山に登った。福吉方面から登ったので結構距離がありまた嫁さんに文句を言われたので十坊山にももう家族で登ることはないと思う。

社内登山で阿蘇山に行った。地元ながら登山をしたことはなかった。ミヤマキリシマが目的だったが天候が良くなく、雲の切れ間からチラッとしか見ることができなかった。中岳には登頂したが高岳には登頂できなかった。鹿らしき野生生物の白骨化死体などがあり Into The Wild 感あった。また行きたい。

社内登山で久住に行った。去年の平治岳以来。炎天下のなか 10km 以上歩いてくたびれた。また自分は社内の強い人たちにくらべたら雑魚だなということが思い知らされてよかった。

山の日に近所の低山に登った。夕方から登り始めたので帰りは暗くなってしまって結構危なかった。鐘撞山は良い山なので毎月登りたい。

盆に実家に帰ったときに両親も含めて杵島岳に登った。阿蘇はかなり上の方まで車で行けるので 1000m 以上の山でも低山感覚で登ることができて便利。登山の格好じゃなくても道も整備されているのでハイキング感覚で楽しめる。

北アルプス遠征で白馬岳に行った。素晴らしすぎた。詳しくはこちら。

北アルプス遠征に行った

北アルプス遠征に行った

仕事で長野県、富山県、新潟県の県境に跨がる北アルプスの白馬岳に行った。山行記録はこちら。当初は以下のように栂池高原 -> 白馬岳 -> 朝日岳 -> 蓮華温泉という縦走の予定だったが、台風が近づいており、急遽予定を短くして栂池高原 <-> 白馬岳のピストンとなった。 YAM...

portalshit.net

午前中仕事をして昼からちょいとチームビルディング登山で二丈岳まで。このとき調子こいた発言をしてしまって同僚殿に縦走を焚きつけられ翌月敢行することに。

自分史上、最高につらい登山だった。 20km 、約 10 時間を一人で黙々と歩いた。後半はアルプスで痛めた膝が痛み始め非常にしんどかったが、今になって思い返すと結構いい思い出でまた行きたいと思ってしまうので怖い。こちらも別に記事があります。

2018/10/13 糸島四座縦走(失敗)

2018/10/13 糸島四座縦走(失敗)

北アルプスから帰ってきたあと「二丈岳に行ったけど物足りなかった」とぼやいていたところ同僚に福吉駅から十坊山、浮嶽、女岳、二丈岳を経て深江駅までの四座縦走をやってのけられ、これに触発されて一ヶ月ほど前に計画したものの雨天や家用でなかなか実現できなかったやつをやった。開始地点を...

portalshit.net

会社のイベントで宝満山へ行った。良い山だった。英彦山といい、修験の山は人を惹きつける何かがある。


登山、最初はおっかなびっくりだったがやっていくうちにどんどん楽しくなってきた。一人でサクッと登れるところがとても良い。登っているときに自分と向き合えるような感覚になるところも良い。一人で体を動かせるものといえばジョギングがあるが、悩みごとや嫌なことを忘れるのには向いているものの、深く考えごとをしたりということに向かないと思う。登山は歩きながらいろんなことに考えを巡らせることが出来る。ゲーテはかつてハイデルベルクの街を歩いて思索にふけったというが、歩くことには考えることを助ける側面があると思う。というわけで逃げられない悩み事や考えごとがある人は登山をお勧めします。一人で黙々と縦走しましょう。

YAMAP に入ってからは 1 年半になる。今年はなんとエンジニアからプロダクトマネージャーにジョブチェンジすることになってしまった。登山経験はしょぼいし体力なくてダメダメなんだけど、これまでいくつものサービス開発で失敗したり成功してきた経験を活かして、皆さんに楽しんで使ってもらえるプロダクトをお届けできるように全力を尽くしていく所存です。

Hot Chocolate @ Tana Cafe & Coffee Roaster

この記事は CircleCI Advent Calendar 2018 19 日目の記事ですが間に合わず一日遅れて書いております。すんません 🙇🏻

CircleCI を使った Rails アプリのデプロイフローみたいな話を書こうかなと思ったのですが、すでに他の方が書いてる内容とかぶりそうだし、自分自身ブログに過去何回も書いた話なんで今回はエモ方面の話を書くことにします。技術的な情報はないのでそっち方面を期待している方はすんません。


いまの職場で働き始めて 1 年半なんですが、当初は CI はなく、テストコードもありませんでした。いまはそこで当たり前のように CI が回り、テストのカバレッジもまぁまぁ高く、デプロイは CircleCI 経由でじゃんじゃん行われるような状況となっております。新しく会社に入った人も GitHub の Organization に入ってもらえたらその瞬間から deploy 実行できます。具体的な話は昔書いてますのでよかったらご覧下さい。

📝 CircleCI と autodoc で Rails API のドキュメントを自動更新

📝 CircleCI と autodoc で Rails API のドキュメントを自動更新

autodoc を導入して Rails プロジェクトで Request Spec を書くと自動的にドキュメントが更新されるようにした。 autodoc 自体は前々職の頃から利用していて大変お世話になっていた。ただ最初の頃は手元で AUTODOC=1 bundle exec ...

portalshit.net

🏭 Docker を Production 投入するメリットを考える

🏭 Docker を Production 投入するメリットを考える

仕事で開発中のシステムで、 master ブランチに Pull Request が Merge されると自動的に AWS ECS に構築した社内向けの確認環境にデプロイが行われるような仕組みを導入した。自動テスト、コンテナイメージのビルド、デプロイには CircleCI を...

portalshit.net

👺 Hubot で Slack から AWS ECS にデプロイ

👺 Hubot で Slack から AWS ECS にデプロイ

前書いてた記事の続き。 🏭 Docker を Production 投入するメリットを考える 仕事で開発中のシステムで、 master ブランチに Pull Request が Merge されると自動的に AWS...

portalshit.net

8 年くらい前の自分はどうやったら CI だとか自動デプロイだとかできるようになるのか皆目見当が付きませんでした。いま 8 年前の自分と同じような状況にいる人(回りにテストを書く習慣を持つ人がいない人、 CI 動かすためにどうすればよいかわからない人)に何か言いたいと思い筆をとりました。

まずは何はなくとも頑張って一つテストケースを書いてみましょう。最初からカバレッジ 100% とか目指さなくてもよいです。どれか一つ、テストが書きやすそうなコードを見つけてテストを書き、ローカルで実行してテストがパスするのを確認しましょう。テストファーストとかも最初から目指さなくてよいです。

手元でテストが通ることを確認したら、 CI 環境でもテストを実行できるようにしましょう。

昔は Jenkins しか選択肢がなく、 Jenkins が動く環境をセットアップする(サーバーを調達する、 VPS を借りてもらう、などなど)に社内調整が必要でしたが、 CircleCI ならプライベートリポジトリでも 1 プロセスなら無料で使えますので社内調整が非常に楽です(外部にコード出してはダメな職場だと厳しいですね…)。

最初にプロジェクトを追加して言語を選ぶと設定ファイルが自動生成されるので、それをコピペして .circleci/config.yml として保存し、リポジトリにコミットするだけでとりあえずビルドが実行されるようになります。

昔は難しかった CI 環境構築のうち、お金の問題、設定の難しさの問題を CircleCI は解決してくれます。あとはあなたが頑張るだけです。

CircleCI ならビルド終了ごとに結果を Slack などチャットシステムに通知させることができます。まずはテストケースが一つでもよいのでリポジトリへの push をトリガーにビルドが実行されたら結果を Slack に通知してみましょう。

CircleCI Slack Notification

CircleCI Slack Notification

リポジトリに GitHub を使っているなら Pull Request にビルド結果が表示されるようになるはずです。

CircleCI GitHub Build status

これらで「なんかようわからんけどやっとる感」を出していきましょう。

そして過去のコードのことは一旦無視して、あなたが新しく追加する部分に関してはテストコードをセットで書くようにしていきましょう。あなたがコードレビューを依頼するときには必ずテストがグリーンな状態で依頼するようにするのです。

そうこうしているうちに他の人が出した Pull Request でテストが失敗するケースが発生します。 Slack の #circleci チャンネルに赤色の Failure 通知が届き社内が騒然とするかもしれません。しかしこれはチャンスです。

「よかった、これでバグが未然に防げましたね」

あなたのこの一言でテストや CI がもたらす開発効率の向上がチームの皆さんに伝わるはずです。こうなったらもう一押しです。あなたがテストと CI の伝道師になりましょう。テストを書くことが当たり前になってきたら、 CircleCI からの deploy や定型処理を CircleCI でやらせるような使い方にチャレンジしていきましょう。どんどん周囲を巻き込んで、 CI 文化を定着させていって下さい。

何はともあれ、最初は一つのテストコードを書くことから始まります。変更に強いコードを書いてじゃんじゃん deploy し、じゃんじゃん Money making していきましょう🤑

500 yen breakfast

この記事は Coffee Advent Calendar 2018 15 日目の記事ですが、間に合わなかったので 16 日に書いてます。すみません。


コーヒー好きなんだけど元同僚のウルトラ富裕層 @t32k さんのようにサ〜ドウェ〜ヴなコーヒー豆屋に行って 100g で 1200 円もする豆を節分の炒り豆感覚で買えるような財力はないので長崎で行ったコーヒー屋について書きます。

長崎、いろんなコーヒー屋がある。ただサ〜ドウェ〜ヴの店なんかではなくて昭和レトロな喫茶店、いわゆる純喫茶が多い。

前も書いたことあるけど長崎では囁き坂が一番好きなコーヒー屋で、長崎に帰省するたびに必ず寄ってる。

コーヒー道

コーヒー道

サードウェーブおっさんとして当然のことをしたまでです。 pic.twitter.com/lY8fcJTd3U— ゴナカイ (@morygonzalez) December 3, 2015コーヒー、うまいコーヒー屋に巡り会うまで五里霧中な感じがある。なんかネットとか雑誌とか見...

portalshit.net

囁き坂のマスターはコーヒーのことも長崎のこともどんだけでも話題の引き出しがあってとても楽しい(もちろんコーヒーもおいしい)。義母が亡くなって長崎には帰るべきところがなくなってしまったが、いまでは囁き坂が帰省先のようになってる。

囁き坂

豆は囁き坂で買うのだけど、最近は囁き坂以外の店にも行くようになって 2018 年はいろんな店でコーヒー飲んだ。

新大工町 喫茶ミレー

まずはミレー。店のロゴはミレーの作品『種まく人』から作られており(岩波書店のシンボルマークも同じ)、文化の香りがする。

喫茶ミレー

喫茶ミレー

「 昔懐かしいシーボルト通りの喫茶店 」 | 喫茶ミレー | 喫茶ミレー

r.goope.jp

内装は本郷の喫茶店にありそうなアカデミックな雰囲気を漂わせる昭和レトロ内装で、ここで岩波文庫を読みながらコーヒーを飲めば昭和のインテリゲンチャを気取ることができる。

とはいえお店は気難しい親父がやっているわけではなく、人柄の良さそうなおばあさん数人でやっていて非常に落ち着く。店内はとても広く、奥には貸し会議室もあって近所の主婦の皆さんが集まって井戸端会議をやってたりする。

ミレーではモーニングを食べるのがよい。サイフォンでいれたコーヒーにトースト、ハム、サラダが付いてくる。それで 500 円。コーヒーも美味しい。 11 時まで注文することができる。

Breakfast at ミレー

ミレーのサイフォン

鍛冶屋町 富士男

長崎が誇る純喫茶、珈琲冨士男|トップページ

長崎が誇る純喫茶、珈琲冨士男|トップページ

長崎が誇る純喫茶、珈琲冨士男は1946年(昭和21年)創業。創業70年になるこの店は、長崎の歴史の一部ともいえる老舗の珈琲店で、遠藤周作著「砂の城」の一節にとりあげられた経緯があります。

www.coffee-fujio.jp

富士男は戦後間もない時期からあって文化人もコーヒーを飲みに来てる。遠藤周作はキリスト教関係の本を書くためにしばしは長崎に滞在していたようで、そのとき富士男に来ていたらしい。いまでは油屋町のツル茶ん(トルコライスが有名)と双璧を成すインスタグラムスポットとなっている。ベレー帽をかぶったインスタグラム女子と長崎の地元のおっさんが背合わせに座っててかなり面白スポットとなっている。

珈琲富士男

なお富士男と隣り合って営業していた銀嶺はいまは立体駐車場となっているが、長崎歴史文化博物館内にレプリカ店舗ができている。そこではトルコライスが食べられる。

銀嶺 (公会堂前/洋食)

銀嶺 (公会堂前/洋食)

★★★☆☆3.07 ■予算(昼):¥1,000~¥1,999

tabelog.com

銀嶺のトルコライス

新大工町 喫茶富士

喫茶冨士 (諏訪神社前/喫茶店)

喫茶冨士 (諏訪神社前/喫茶店)

★★★☆☆3.00 ■予算(昼):~¥999

tabelog.com

上述の富士男は一時期かなり業績を伸ばし、長崎市内に複数店舗構えていたようである。ただチェーンというよりは暖簾分けだったのかもしれない。現在では富士男から「男」を取った『富士』という名前の店が新大工町にある(純喫茶コレクション 長崎・大工町・純喫茶 冨士)。

喫茶富士

他にもまだまだ長崎には趣深い純喫茶があるのでまた帰省したときに行ってみたい。カフェチェーンやサ〜ドウェ〜ヴ勢に喫茶市場を蹂躙された東京や福岡ではもう姿を見かけることがなくなったレトロな喫茶店がまだまだ生き残ってる。味のある写真が撮れる。平成生まれのインスタグラマーや韓国人旅行者なんかには負けてられない。何がインスタグラムだこっちは 10 年 Flickr Pro ユーザーやってんだ舐めんな。

DSC_0233

サイトの横幅( max-width )を 1280px に広げてみた。最も頻繁にこのサイトを訪れる自分の閲覧環境が 5K ディスプレイになったので昔の環境( 13 インチの MacBook )に合わせて作ったデザインでは横幅が間延びした感じがあっていまいちだった。文字サイズもちょっと小さかったので 15px から 18px にした。 cho45 さんがまえブログに書いてたけど、自分のディスプレイを大きくして画像を大きいサイズで見る機会が増えて、大きい画像の尊さのようなものを感じるようになってきた。

大きな画像っていうのはそれだけで強い主張があります。かつてあった「体験」を呼び起こす力が画像の大きさと解像度にはあります。そこにいて、そこでこう見たのだという主張のため、とにかく大きいのは正義なのです。

サイトの画像サイズを再びアップグレード | tech - 氾濫原

Flickr から埋め込み表示している画像は ebmed タグの中で width と height が固定されているので本文幅に合わせるためには手でちまちまと大きいサイズに変えていかなければならない(おいおいやっていきます)。

Makita

ダントツにマキタの掃除機だった。

掃除機、いまは大まかに三種類に分けられると思う。一つは昔ながらのワイヤード掃除機。よく掃除できるが取り回しがうざい。二つ目はルンバのようなロボット掃除機。実は日本の家庭、特に都市部の戸建て住宅には向いていないのではないかと思う。最後に今回自分が買ったようなコードレスタイプの掃除機がある。総合的に考えてコードレスの小型掃除機が一番よいと思う。

マキタ前

シャープの 2011 年製の掃除機を使っていたが、コードレスでないこと、取り回しが大変なことで掃除機がけが非常に億劫だった。特に階段の掃除機がけがしんどくて、階段の途中までは一階のコンセントから電源を取り、途中で届かなくなるので一旦本体を抱えて一階まで下りてからコードを引き抜き、二階まで本体ごと持って上がって二階のコンセントから電源を取り直すという作業が必要だった。また階段の掃除機がけの際に常に本体を抱えておく必要があり結構しんどかった。嫁さんはこれがだるいからとホースの部分だけ持って掃除機を引っぱり上げるような使い方をしていたので引っぱり上げる際に掃除機本体が階段とぶつかり階段がぼろぼろになってしまった。

ルンバもあるにはあったが、全然使うことがなかった。というのもルンバは二階建ての狭い家には向いていない。マンション住まいで平らな部分の面積が 80m2 以上あるような家だといい感じに機能してくれるのかもしれないが、二階建ての一般的な住宅だと平らな部分の面積がせいぜい 40m2 程しかなく、床にはたいてい取り込んだ洗濯物やちょっとした段ボール、子どものおもちゃなどが散乱しているので、ルンバを稼働させてもすぐに衣類などの障害物に絡まり全く期待した動きをしてくれない。また音が非常にやかましい。一人暮らしか夫婦二人暮らしで昼間は家に誰もいない、というタイプの所帯であれば平日昼間にルンバを動かせば音は気にならならずいい感じに掃除してもらえるかもしれないが、常に誰か家にいるようなタイプの家庭ではルンバをメインの掃除機に据えることはできないと思う。結局わが家はルンバは購入したものの両手の指で数える程しか稼働させていない。

マキタ後

ダイソンの V7 あたりとどっちにするか迷ったが、最終的にマキタを選んで正直正解だったと思っている。ダイソンは見た目はかっこいいが、やはり音がやかましく、しかもでかくて重い。欧米の大きな家と大きな手をした欧米人向けの掃除機だと思う。日本の家とアジア人の小さな手にはマキタ級の小型軽量な掃除機が一番向いている。もちろん値段もめっちゃ安い。

マキタで一番気に入っているのが掃除をしたいと思ったときにさっと取り出せて使えるところだ。まず床に散乱しているものを片づけて、掃除機を物置から引っ張り出してきてというステップを省略して、床のほこりが気になったときにいきなり掃除機がけができる。掃除機がけの心理的ハードルがめっちゃ下がった感じがする。

ごみ捨ては昔ながらの紙パック式で、タンクを取り外して細かいほこりの粒子を吸い込んでせき込みながらフィルターの掃除をするという苦行からも解放された。吸い込み部に回転式の吸い込み機構がない分、一度に吸い込める量は減るかもしれないが、それを補ってあまりあるメリットがある。

とにかく掃除機がけを行う人間側のコストが大幅に下がるので、家が狭い人、家が散らかっている人、掃除機がけのための片づけが面倒な人にマキタの掃除機はスーパーオススメです。スタンドと一緒に買うと置き場所もすっきりして便利。


この記事は 今年買ってよかったもの Advent Calendar 2018 二日目の記事でした。昨日は 観音クリエイション さんで明日は @repezen0819 さんです。