| @雑談
 読売新聞を買ったら、大陸から博多港へ引き揚げてきた人たちについての連載記事『戦後 ◆博多港引き揚げ者らの体験◆』の第三回が掲載されていた。これまでの記事を読んでいないから分からないのだが、大陸...

 読売新聞を買ったら、大陸から博多港へ引き揚げてきた人たちについての連載記事『戦後 ◆博多港引き揚げ者らの体験◆』の第三回が掲載されていた。これまでの記事を読んでいないから分からないのだが、大陸で強姦され妊娠してしまった女性たちのことについての記事のようだ。

 大陸から引き揚げた人たちの苦労話というと、残留孤児だとかシベリア抑留の話が主だが、日本が負けたとたん、大陸にいた女性たちはソ連兵や中国人、朝鮮人たちに強姦されたであろう事は想像に難くない。女性たちを守るべき男達は南方の戦地にいたかソ連軍に捕まえられてシベリアに連れて行かれたわけで、日本人に恨みを持つ連中やソ連兵から相当残虐な暴行を受けたであろうことが推測される。

 今日の記事では、身ごもった女性たちが博多から移動し中絶手術を受けた筑紫野市の二日市保健所について書いてあった。400〜500人もの女性が中絶手術を受けたそうだ。麻酔なしの手術はとても痛かっただろう。強姦されたというだけでもショックで傷ついただろうに、さらに中絶という肉体的苦痛を味あわされるのである。記事を読んでいて胸が痛くなった。

 女性たちの間には中絶手術を受けたことをひた隠しにしていた人たちも多かっただろう。夫、恋人、家族に。亡くなるまで秘密にしておられた方もあるかも知れない。そんな女性たちのことを思うと胸を締め付けられる思いである。本当に気の毒だ。

 戦争ではこういった悲惨なことが沢山起こる。もっとみんな戦争がどんなに悲惨なものであるかを認識しなければならないと思う。屈辱を受けた女性達の苦労に報いるためにも、戦争は絶対にしてはいけない。九州地区に住んでいる人は図書館に行って是非読売新聞の記事を読んでみて下さい(恐らく読売新聞西部本社の独自記事なので)。僕も退院したら図書館で過日版の記事と併せて読んでみようと思います。

追記

 読売新聞西部本社のサイト内で一連の記事が公開されていました。本当に心が痛みます。良かったら目を通してみて下さい。

この記事に似ている記事

  • カティンの森 July 26, 2010
    Screenshot
    映画の感想がのびのびになってるので飛ばし気味に行きます。カティンの森評価 : ★★★☆☆あらすじ第二次大戦初期、ドイツとソ連がポーランドに侵攻した頃のお話。1939年、ポーランド東部にいたポーランド軍は、侵攻してくるソ連軍にほとんど抵抗せずに...
  • Screenshot
     毎日新聞が昨年末から衝撃的な連載をやっている。縦並び社会・格差の現場から:MSN毎日インタラクティブ ざーっと目を通してみた。下手くそなまとまりのない文章もあるが、派遣労働業者の悪行を告発する記事では、記者が身分を隠して実際に派遣労働に従事...
  • Screenshot
     がんの緩和ケアが治療の全段階から受けられるようになるという記事が昨日の読売新聞にあった。日本で苦痛を和らげる処置は末期患者にしか行われてこなかったが、これからは初期がんの患者にも適用されるという。全国の拠点病院に二年以内に緩和ケアの専門チー...
  • 『プラハの春』読了 December 28, 2005
    Screenshot
     元外交官の春江一也が書いた『プラハの春』を読了。プラハを訪れて街の美しさに感銘を受け手に取った本である。 本書は二つの要素を兼ね備えている。一つは主人公の日本大使館書記官堀江良介と東ドイツ反体制活動家カテリーナ・グレーベとの恋、もう一つはタ...
  • Screenshot
     僕の大好きなサッカー日本代表の加地さんがドイツ戦で負傷してしまった。とても悲しい。ジーコは太もも肉離れをした田中誠を非情にも帰国させたので(Yahoo!ニュース - 共同通信 - 「ふがいない、残念」 代表離脱の田中が帰国)、加地さんも同...
  • Screenshot
     ドイツ降伏前夜、ヒトラーが自殺するまでの日々と、ヒトラーに仕えていた人々が終戦を迎えるまでの話。ヒトラー研究家とヒトラーの秘書だったトラウデル・ユンゲの著作を元にして作られており、劇中でのヒトラーの台詞は記録に残っているものなのだそうだ。ラ...

Comments


(Option)

(Option)