hitode909さんの日記を読んでたら Eye-Fi を買ったと書いてあって、hitode909 さんのツイッターに iPhone のカメラではなく GR とかで撮影したと思われるやたら高画質なラーメンの写真が投稿されるようになってた。自分も同じようなことやってみたいと思って Eye-Fi を買った。

iPhone 3G が出た当初から、というか iPod がカラーになったばかりの頃から、一眼レフで撮った写真をその場ですぐ iPhone とか iPod に取り込んで人に見せたいという欲求があった。しかしそれを実現するためには訳の分からないアダプターを買って常に持ち歩いたりする必要があってそんなガラクタを持ち歩くのは耐えられなかったので導入しなかった。

Eye-Fi 自体には以前から興味があったけど、普通の SD カードと比べると高すぎたので微妙だと思っていた。しかし上記のようなカメラの写真を iPhone に取り込む機能に加え、Eye-Fi Pro を買うと GPS ユニットなどがなくてもジオタグを写真に付加できると知り、高いなぁとは思いつつも古い SD カードが不調だったこともあり、えいやっと購入してみた。しかし期待したような効能は得られなかった。というか買うならジオタグ付与できないバージョンの Eye-Fi Mobile で充分だった。

Eye-Fi Pro と Eye-Fi Mobile の機能の違いだけど、概ね以下のような感じらしい。

機能 Eye-Fi Pro Eye-Fi Mobile
カメラからスマートフォンに転送
ジオタグ付与 ×
RAW 対応 ×
Wi-Fi でパソコンへ転送 ×

Pro の方が高機能で良さそうに見えるんだけど、ジオタグ付与も RAW 対応もパソコンへの転送もかなり微妙だった。というのもカメラからスマートフォンへ転送する機能(「ダイレクトモード」と言うらしい)を利用すると、ジオタグが写真に付与されない仕様らしい(撮影してもジオタグがつきません。 | Pro X2よくある質問 | サポート << Eye-Fi Japan)。ジオタグを付けられるのは、周囲に Wi-Fi の無線がいっぱい飛んでる場所で撮った写真を、Wi-Fi でパソコンへ転送する場合のみとのこと。自分としてはカメラからスマートフォンに転送してくれる機能が一番欲しくて Eye-Fi を買ったので、それを犠牲にしてジオタグを付与する意味はない。

ダイレクトモードを使うか Wi-Fi 転送するかは、Eye-Fi の設定用のソフトを Mac にインストールして設定を行い、Eye-Fi カードに覚えさせる必要がある。つまり出先ではダイレクトモードでカメラからスマートフォンに転送し、Wi-Fi のある自宅では Wi-Fi を経由してパソコンにデータを転送させるというような使い方ができない。となると Wi-Fi でパソコンへ転送する機能も使えるようで使えないということになる。

使ってみて分かったのだけど、ダイレクトモードでは Eye-Fi カードが Wi-Fi ネットワークを作成し、iPhone はそのネットワークに接続して画像のやりとりをする。一方、自宅で Eye-Fi から Mac に Wi-Fi 転送する場合は、Eye-Fi は自分でネットワークを作成するのではなく、自宅の Wi-Fi ネットワークに参加して Mac と画像をやりとりするかたちになる。従ってダイレクトモードと Wi-Fi 転送を両立させることができないようだった。

加えて Eye-Fi の RAW 対応が微妙で、Nikon RAW (.NEF ファイル)はダイレクトモードで iPhone に取り込むと非常にサイズの小さいサムネイルの TIF 画像に変換されてしまい、まともに閲覧することができない。なので結局自分は一眼レフ側で RAW + JPEG を保存するように設定し、 Eye-Fi では JPEG 画像のみ転送するような設定にしている。

この辺の事情は以下のブログに詳しい。

Eye-Fiを試してみた | kishin Design

以前だったら何かものを買う際は事前に徹底的にリサーチしてから買っていたのに、iPhone 5 を買ったときの記事に書いたように、おっさん力が高まってきてよく調べもせずデジタル製品をほいほいと買ってしまって後悔することが増えた。こうやって情弱おじさんになっていくのだろうなと危機感を強めている。

まとめると、Eye-Fi Pro はゴミなので買ってはいけない。カメラからスマートフォンへの転送が目的な人は Eye-Fi Mobile で充分。ジオタグ目的の人は Eye-Fi Pro なんかに手を出すよりもちゃんとした GPS ユニット買った方がいい。

一眼レフで撮った写真を iPhone に取り込んで、給料日に焼き鳥屋に来てビールを飲んで感極まってる様子などをツイッターでなうすること自体は楽しいので皆さんもやると良いですよ。

Comments


(Option)

(Option)