Lunch Time Speaxに興味を持ったのは、四年くらい前に友人にこの曲を聞かせられたからだった。それ以来、LTSに良い曲があることは知っていたのだが、お目当ての曲のタイトルが分からず、かつて耳にした珠玉のメロディーにふたたび巡り会うまでずいぶんと時間がかかった。LTSがメジャーレーベルから出しだ音源は可能な限りチェックしたのだが、どこにも収録されていなかった。

 むしろ、メジャーから出されてる彼らの音楽はまったく俺の興味を引きはしなかった。以前聞いたCoke Escovedoの”I Wouldn’t Change a Thing”のような心地よいギターカッティングは何だったのか? 本当に同じメンバーが音楽を作っているのか?

 その謎が解けた。LTSがインディーレーベルで最後に出したレコード”Blue Print Manuever”をついに手にしたからだ。四年前に耳にして以来、俺の頭から離れなかったあのギターカッティングは、DEV LARGEが作ったトラックだったようだ。なるほどね、そりゃ気持ちいいはずだ。その気持ちよさにすっかりやられちゃいましたよ。

 とにかくLunch Time Speaxの”(オマエもこの気持良さにやられちまいな)止マッテタマッカ-DLRMX-“はやばい。ちぇけらっちょ〜。

 最近、ヤフオクにはまってしまって、ちょこちょこと買い物している。なかでもアツイのが廃盤のCDやレコード。みんなが欲しがる名盤(BUDDHA BRANDの人間発電所など)は12インチシングルなのに一万円とかして買う気になれないのだけど、普通の廃盤なら適正価格で買うことが出来る。

 それで最近、Lunch Time Speaxの”Blue Print Manuever”とNIPPSの幻のソロシングル”ISLAND”を買った。それぞれ2200円と1600円。もちろん両方とも廃盤であるが、LTSのはシールド未開封新品、NIPPSのも中古なのに凄く綺麗な盤質で大満足である。

 さて、レコードを買ったのはいいものの、ターンテーブルは引っ越しのとき梱包したまんまである。面倒くさくて出してなかったのだが、今日一念発起して物置にしまってあったターンテーブルを引っ張り出してみた。Continue reading...

 いよいよ芸術の秋到来である。八月最終週の週末から面白そうな映画の公開が始まった。しかし残念なことに熊本では上映の予定がないものばかりである。新作映画の情報は毎日新聞の甘口辛口新作ガイドから得ているのだが、そこで面白そうな評を読んでも見ることが出来ないと分かるとすごく悲しい気分になる。

 こう書くと何だかものすごく映画が好きな人みたいだが、俺は偏執狂的に映画が好きなわけではない。まぁ人並みに映画を見るのが好きである。しかし、レンタルビデオを借りてきて自宅で映画を見るのはあまり好きではない。なにしろ俺のビデオデッキはガンダム再生専用なのだw つまるところ、映画館に行くことが好きなのである。Continue reading...

 GTIが修理から返ってきた。車屋まで受け取りに行ってきたが、やはり重くて硬質なドライビングフィールはチェイサーとは大違いである。レカロ製のすぽっと体を包み込んでくれるシートはなかなかの座り心地で運転していて疲れる気配が無い。チェイサーには腰痛対策のために背もたれの凹凸を電動で調整できるという意味不明な設備があったが(おっさん心をくすぐるのだろうか?)、それよりも遙かに快適である。Continue reading...

 先日、大分の山道でGTIを運転していたら、快調にぬわわkmくらい出しているのに急にスピードメーターが動かなくなった。タコメーターは動いているのに、スピードメーターと距離メーターが動かない。大変気色悪い。しかし熊本から遠く離れたところに来ていてすぐには車屋に行けないし、意図せずにスピード違反をしてしまうこと以外支障はないので、スピードメーターが動かないまま大分の国東半島をぐるりと回った。

 翌日、車屋にGTIを持って行ったら、修理にしばらく時間がかかるとのこと。スピードをメーターに伝えるワイヤーが切れてしまったらしい。直るまでの間しばらく代車を出して貰うことになった。車屋のあんちゃんが裏の駐車場から持ってきたのはおっさん臭むんむんのトヨタチェイサーである。Continue reading...

 車のCAT警告灯がこれまでに三度ほど点いてちょっとやばそうだったので、車屋に車を見せに熊本市内まで行った。行きしな、久方ぶりにセルフスタンドで給油した。俺の数少ない特技のうちの一つ、セルフ給油を通りがかりの庶民どもに披露してやったというわけさ。

 満タンコースを選択して万券を給油機にぶち込んだら、40リットルも給油したのに請求は5000円ちょっと。実はここ最近、近所の同級生の家がやってるENEOSで給油してたのだけど、そこだと同じ量入れたら確実に6000円は請求されてしまう。ENEOSのハイオクはエンジンを綺麗にする添加剤とか入ってるみたいだけど、やっぱリッター143円は高すぎる。車に優しいのは高いガソリンだとは分かっていても、10円以上も差があったらついつい安いセルフスタンドで粗悪なガソリンを入れたくなってしまう。セルフ給油楽しいし、俺の数少ない特技だし。

 なんかスタンドの友達にも顔を合わせにくいです。原油高って嫌ですね。

143*40=5720であり、6000円請求されるというのは嘘でした。やっぱガソリン入れるならENEOSが良いのだろうか。イチロー先生が宣伝しておられるしね。(8月23日午前7時35分)

 阿蘇はもう寒い。今日なんて朝から夕方まで一日ひんやりしていた。さすがに昼間の日向は暑いのだが、日陰や屋内に入ると涼しい。この辺じゃ昔からお盆を過ぎると涼しくなると言われているが、まさにその通りである。

 そう言えば中学生の頃、地理の授業で阿蘇の気候区分図が東北地方と同じ色で塗られていたのには笑ったなぁ。

 さぁて、今夜も羽毛布団にくるまって寝るか。