Lunch Time Speaxに興味を持ったのは、四年くらい前に友人にこの曲を聞かせられたからだった。それ以来、LTSに良い曲があることは知っていたのだが、お目当ての曲のタイトルが分からず、かつて耳にした珠玉のメロディーにふたたび巡り会うまでずいぶんと時間がかかった。LTSがメジャーレーベルから出しだ音源は可能な限りチェックしたのだが、どこにも収録されていなかった。

 むしろ、メジャーから出されてる彼らの音楽はまったく俺の興味を引きはしなかった。以前聞いたCoke Escovedoの”I Wouldn’t Change a Thing”のような心地よいギターカッティングは何だったのか? 本当に同じメンバーが音楽を作っているのか?

 その謎が解けた。LTSがインディーレーベルで最後に出したレコード”Blue Print Manuever”をついに手にしたからだ。四年前に耳にして以来、俺の頭から離れなかったあのギターカッティングは、DEV LARGEが作ったトラックだったようだ。なるほどね、そりゃ気持ちいいはずだ。その気持ちよさにすっかりやられちゃいましたよ。

 とにかくLunch Time Speaxの”(オマエもこの気持良さにやられちまいな)止マッテタマッカ-DLRMX-“はやばい。ちぇけらっちょ〜。

Comments


(Option)

(Option)