| @映画/ドラマ/テレビ
 DVDで『ビューティフル・マインド』を鑑賞。良かった。1994年にノーベル経済学賞を受賞した数学者、ジョン・ナッシュの話である。彼は若き日に後の経済学や生物学に大きな影響を与えたナッシュ均衡の...

 DVDで『ビューティフル・マインド』を鑑賞。良かった。1994年にノーベル経済学賞を受賞した数学者、ジョン・ナッシュの話である。彼は若き日に後の経済学や生物学に大きな影響を与えたナッシュ均衡の概念を発見するのだが、統合失調症に悩まされ苦悩の人生を歩むことになる。映画は病気と闘いながらノーベル賞を受賞するまでの課程を描いている。

 いちおう僕は経済学を勉強しているので、ナッシュ均衡も学んだ。ミクロ経済学を知らない人に説明しておくと、ナッシュ均衡というのは、複数のプレーヤーが参加しているゲームで、そこから動きようのない均衡のことを指す(全然説明になってないな)。

 囚人のジレンマというのが有名で、プレーヤー同士が協力すれば一番良い状態に到達できるのだけど、他のプレーヤーが自分に協力してくれる保証はなく、協力的な戦略を選ぶと出し抜かれてしまうかも知れない。プレーヤー同士がゲームを行う前に交渉することは想定されていないから、結局彼らは相手が出し抜くことを考慮して自分だけの利益が最大になるような選択をする。お互いが欲を張った結果、協調したときよりもプアなパイしか得られないのである。

 映画で使われたのは、数人の男女がいて(合コンのような状況)、女の子の一人はブロンドで美人なのだけど、男たちがみんなブロンドにアタックしてしまうとふられてしまい結局誰ともデートできない可能性がある、というエピソードだった。つまり合コンなどの場で男たちが協調して行動すればみんなガールフレンドをゲットできるのだけど、みんなが一番の美人にアタックする願望を捨てきれない哀しい性のことを数学的に定義しているのがナッシュ均衡なのである(語弊ありすぎ)。

 うーん、文章だけの説明じゃ分かってもらえないかも知れないなぁ。表を使って説明すれば誰にも理解可能な概念なんだけど面倒くさいので割愛。興味がある人は“囚人のジレンマ”や“共有地の悲劇”というキーワードでGoogle検索してみてください。きっと分かりやすい解説にたどり着けるはず。

Wikipediaの囚人のジレンマの解説が優れていましたのでリンクしておきます。
囚人のジレンマ - Wikipedia

 映画としての出来は良い。ただし興ざめなのが、ナッシュの人生を美化しすぎていること。映画ではノーベル賞授賞式にアリシア婦人を連れて出席しているが、実際のナッシュは愛人を作って子ども生ませたり、同性愛に走ったりと破天荒な人生を送っていたようで、アリシア婦人には離婚されていたらしい。過剰な脚色を加えてまで事実を土台にするよりも、フィクションとして割り切った方が良かったのではないかとも思う。しかしこの辺は難しいところだ。

 ところでアメリカの映画というのは、奥さんの描き方にテンプレートというか、規範があるように思う。野望に満ちた主人公の男がいて、彼は普通の女性からは相手にされないが、コアな女性(かなりの美人!)が彼に近寄ってくる。彼とコアな彼女は結婚するのだが、彼の野望によって振り回され、奥さんはさんざんな目に遭う。概して奥さんは性欲の処理に困る。しかしこの奥さんは人格が良くできていて、夫婦で協力して困難に立ち向かい、最終的には二人は幸せになる、というもの。

 同じように研究者が主人公だった『愛についてのキンゼイ・レポート』の奥さんの描かれ方も同じだった。こういう映画のなかにもアメリカの価値観が反映されていると思う。彼女たちは結婚する前は優秀なのだけど(何しろ教え子である)、結婚したら家庭に入って主婦になるみたいである。見ていて保守的だなぁ〜という感想を持った。アメリカにもまだ男尊女卑の考え方が残っているのだろうか?

 見終わってもう一度経済学に触れてみたいと思うようになった。学生時代を思い出して大変懐かしい。ゲーム理論の本でも開いてみることにしよう。

<蛇足>

 以前はアメリカを訪れてみたいなんて思わなかったけど、映画を見れば嫌がおうにもアメリカの世界観に触れなければならないわけで(映画館で公開されている映画のほとんどはアメリカ映画だ)、昨今ではアメリカを訪れてみたい、できれば数年住んでみたいと思うようになった。いろんな事件が起こっているアメリカというところは一体どんなとこなのだろうかと、我が目で確かめてみたいのだ。

この記事に似ている記事

  • Screenshot
     久々にDVDをレンタルして見た。劇場公開を見逃していた作品で、『16歳の合衆国』というもの。すごく良かった。なぜ映画館で見なかったのだろうかと後悔している。単純明快のハッピーエンドを求める人が見てもつまらないと思うかも知れないけれど、僕はこ...
  • Screenshot
     僕がJR東海に勤める渡辺昇という男にOB訪問を依頼したのは2月の中ごろのことだった。資料請求したら、送られてきた封筒のなかに同じ大学の卒業生の連絡先が同封されていたからだ。これってOB訪問をしろということに違いない。 春の冷たい雨が降るある...
  • Screenshot
    ジュリー&ジュリア評価 : ★★★★☆料理の映画。第二次大戦直後、パリ駐在の外交官の妻ジュリア・チャイルドが書いたフランス料理についての本がアメリカでヒットした。50年後、現代に生きる料理好きのOLジュリーがその本を手にとり、ブログで524の...
  • カラヴァッジョ August 12, 2010
    51tkuqo18gl. sl160
    カラヴァッジョ評価 : ★★★☆☆あらすじ16世紀の画家の話。陰影の強い絵をよく描いた人で、レンブラントなどに強い影響を及ぼしたらしい。破天荒な生き方をした画家の伝記のような内容。感想とにかくカラヴァッジョの人生は破天荒そのものだった。激情的...
  • 抱擁のかけら April 26, 2010
    Screenshot
    抱擁のかけら評価 : ★★★☆☆あらすじ盲目の脚本家のハリー・ケーンとレナ(ペネロペ・クルス)の話。脚本家ハリー・ケーンはかつてマテオ・フランコの名前で映画を撮っていたが、事故で明かりを失い脚本家となった。ある日彼のもとに映画監督を名乗る謎の...
  • Screenshot
     車をぶつけたショックにうちひしがれながら鑑賞。良かった。 主人公のマリーは夫のジャンとヴァカンスで南仏のランドの別荘にやってくる。マリーが海岸で日光浴をしている間、ジャンは泳ぎに行くと言ってマリーの場所から離れるのだが、戻ってこない。ジャン...

Comments


(Option)

(Option)