| @旅行
僕が住んでいる阿蘇地方には無線インターネットがある。もちろん無料ではなくて、阿蘇テレワークセンターという第三セクターと契約して毎月利用料を払い、自宅に無線ルータを設置して利用するものだ。当地はA...

DSC_1880.JPG

僕が住んでいる阿蘇地方には無線インターネットがある。もちろん無料ではなくて、阿蘇テレワークセンターという第三セクターと契約して毎月利用料を払い、自宅に無線ルータを設置して利用するものだ。当地はADSL回線の開通が遅く、ADSL普及以前においてはこれは大変魅力的な通信装置であった。しかし今日のブロードバンド回線のサービス水準からすればいささか値段(初期費用)が高すぎる。(阿蘇テレワークセンター

これがもし、Googleがサンフランシスコでやっている(Google、サンフランシスコ市全域に無料Wi-Fiネットワークを提供 - Engadget Japanese)みたいに、住民に無料でWi-Fiを開放する制度であったならどれだけ素晴らしいだろう。折角設備はあるのだから、ひとつ無料で開放してみたら面白いと思う(例えば公共施設や旅館、飲食店にルータを配るとか)。

僕は旅行先でもインターネットを使いたいと思うことがしばしばあるのだが、東京などの都会を除き、フリーの無線LANが使える場所というのは少ない。でも旅行に来たときこそ、観光地で撮った写真をその日のうちにFlickrやSNSにアップロードしたり、周囲の観光スポットの情報をインターネットで調べたいという欲求はあるんじゃないかな。少なくとも僕は、宿をとるときはインターネットが部屋で使えるかどうかはとても気にする。

今日のノートPCは基本的にWi-Fi対応しているし、docomoやSoftBankは最近、Wi-Fi機能を搭載した携帯電話を発売しつつある。これから先、Wi-Fiはもっと身近になっていくと考えられる。Wi-Fiが無料で使える温泉街とかすごく魅力的だと思う。黒川温泉や由布院に宿泊観光客を奪われ通しの阿蘇も、街中でWi-Fiを無料開放することで少しはオリジナリティーを発揮できるんじゃないだろうか。行政の持ち出しは多いだろうが、無駄な公共事業をするよりは良いんじゃないか。

これでフォト蔵とかFlickrのような写真共有サイトと提携したらなお面白いかも知れない。阿蘇はユースホステルがあって欧米人のバックパッカーも多いので、Flickrとのコラボレーションは外国への宣伝にもなる。

でも、WiMAXのような新しい通信規格が普及したらこのアイディアは没だな。

この記事に似ている記事

  • 退職しました November 09, 2010
    Screenshot
    1年2ヶ月お世話になった職場を10月いっぱいで退職しました。僕は2009年の9月から、阿蘇テレワークセンターというところで働いていました。ここはISP業務やホームページ制作をやってる会社で、1年4ヶ月前、東京で就職したのにたった3日で辞めて帰...
  • 由布院考 August 07, 2006
    Screenshot
     この記事、治療を開始する前に由布院を批判するものの序論として一旦公開したものなんですが、由布院について調べていくうちに、一概に批判できるものでもないなぁと思い、ちょっと冷静なトーンで考察しなおしてみることにしました。由布院温泉 亀の井別荘M...
  • 20968856786 79cfe2a474 h
    去年の秋( 2018 年 11 月)に、 Flickr が課金ポリシーを変更することがアナウンスされていた。これまですべてのユーザーに無料で与えられていた 1TB のストレージは撤廃され、無料ユーザーは 1000 枚までしか画像をアップロード...
  • リモートワーク December 25, 2015
    Ec39db02cfc684aa1cf972fed9aaf325
    転職してリモートワーク始めて 5 ヶ月たった。 Basecamp (旧 37 Signals )の本で読んで夢にまで見てたリモートワークだけど、始めてみると理想と現実は違った。良かったところは?リモートワークだと通勤時間がないとかがよくあげら...
  • Screenshot
    SRさんが一個前の記事のコメント欄で紹介してくれたiPhone 3G のダメダメなところまとめというQ&Aが残念な感じだったので僕なりにAnswerを書いてみます。jailbreakしない、ノーマル状態の現在のiPhoneを想定して答...
  • 中国の知的財産戦略 October 25, 2005
    Screenshot
     昨日の日経を読んでいたら、中国が知財戦略に力を入れているという記事があった。 中国は現状、テレビやDVDプレーヤーで世界一の生産量を誇りながら、特許を持たないために大きな利益を得ることが出来ず、薄利多売の状況が続いているそうだ。中国のDVD...

Comments


(Option)

(Option)