カールじいさんの空飛ぶ家

評価 : ★★★☆☆

冒険好きの少年だったカールじいさんがおてんばっぽい感じの女の子エリーと仲良くなり、大人になった二人は結婚する。エリーと二人でいつの日か南米にあるとされる伝説の滝を訪れることを目的としていたが、怪我や事故で出費がかさみなかなか夢は叶わない。それでも二人は幸せな生活を送っていたが、夢叶うことなく病に倒れたエリーはカールを置いて先立ってしまう。二人の思い出が詰まった家は再開発で地上げ屋にマークされカールにとっては憂鬱な毎日。ある日建設会社の連中とトラブルを起こしたことで老人ホーム行きが決定的となったカールじいさんは、家に大量の風船を結びつけて家ごと飛び立ち、妻が生前訪れたがっていた伝説の滝“パラダイス・フォール”を目指す。

細かな映像描写に圧倒された

3D吹き替え版を鑑賞。ピクサー映画は初めて見た。正直いままで子ども向けだと思って敬遠してたんだけど、劇場で見てみてびっくり、すごかった。映像のディテールに圧倒された感じ。こんなにCG技術が進歩しているとは思わなかった。滝の映像は下手をすると実写を超えそうなくらいに迫力があった。

あとびっくりしたのがカールじいさんなどキャラクターの表情。昔見たディズニー映画(『美女と野獣』とか)は、表情がいかにもアメコミって感じで全然感情移入できなかったんだけど、カールじいさんやラッセル(ボーイスカウトの少年。年寄りの手伝いをすることでボーイスカウトのバッジをコンプリートできるためじいさんの冒険について行く)の表情がとても自然なこと。冒頭の15分くらいはカールとエリーの結婚生活を駆け足でたどるんだけど、エリーが流産して病院で悲嘆に暮れるシーンとかは、本当に悲しさが伝わってくる。いきなりほろり来てしまった。

映画の公式サイトでは宮崎駿はじめジブリ一味が宣伝を担当してるけど、確かにジブリっぽいなと感じた。家が空を飛んだり飛行船が出てきたり動物がしゃべったりとかはラピュタチックな感じ。ただストーリーそのものはジブリ系の方が魅せるなー。よくある冒険活劇の枠を出てないように感じた。

まとめると、ストーリーはともかくとして、完璧主義者スティーブ・ジョブズが作ったピクサーの映画なだけあって映像のクオリティーはとんでもなく高いなーと思った。WALL・Eとかも未見だったけど、機会があったら見なきゃいけないなー、と思った次第です。劇場公開を見逃したことが悔やまれる。

この記事に似ている記事

Comments


(Option)

(Option)