| @技術/プログラミング

ブログの管理画面にファイルアップロード機能をつけてみた。 GitHub の Issue みたいにドラッグアンドドロップでアップロードしてくれる。こんな感じ。

file upload demo.gif
file upload demo.gif

いまのところ埋め込みフォーマットは Markdown にしか対応してない。

Lokka は heroku とか PaaS を使うことを前提に作られているのでファイルをアップロードする機能が提供されてこなかった( heroku は永続的なファイル書き込みができない)。 heroku で動かしている人でも使えるように Amazon S3 に上げるようにしてみた。 AWS のアカウント作成とかが必要なのでレンタルサーバーに設置してある WordPress にファイルアップロードするのに比べたら敷居が高いけど、設定するのは1回だけだし全くアップロードする手立てがなかったこれまでに比べたら劇的に快適になるはず。自分で使ってみたけどめっちゃ便利になった。

ファイルアップロード、ちゃんと作るなら Paperclip みたいにファイルのチェックを厳密に行なわないと危ないと思うけど、管理画面から上げるの前提なのでチェックなしで雑にアップロードできるようになっている。 AWS の token 系の設定画面を作ったら Lokka 本体に Pull Request 出します。

なお一つ前の記事でアプリケーションサーバーを puma に変更 - portal shit!というのを書いたけど、このファイルアップロード機能がうまく動かなかったので unicorn を捨てたのだった( pow で動かしている環境や bundle exec rackup して WEBRick で起動しているサーバーではちゃんとアップロードできる)。なぜか unicorn で multipart/form-data な POST リクエストを rack アプリケーションに適切に渡すことができず EOFError が発生してしまう。

仕事で unicorn で動いてるサーバーにファイルアップロードする仕組み入れたことは何度かあるけどこんなエラーになったことはなかったのになぁ。謎い。