| @Mac/iPhone

Eagle

S3 のバケットを事故で空にしてしまってとても悲しかったので、写真以外の画像もきちんと管理してみることにした。

これまで、仕事やブログ用に作った図表みたいなやつは作ったあと JPEG とか PNG に書き出してドキュメントに書き出した後は適当にデスクトップに置いてあって、ある程度時間が経ったら定期的に削除するような運用にしていた。図表自体は Pixelmator や OmniGraffle で作っているが、ちょっと作ったやつは元ファイルごと消してしまっていた。しかしそれでは今回のようにミスって S3 を飛ばしてしまったときにリカバリできなくなる。

というわけで Pixelmator や OmniGraffle で作ったオリジナルファイルを残していこうと思ったのだけど、これらはプレビューできないし、 Mac の中で仕事のプロジェクトのフォルダの中にあったり、 iCloud の Pixelmator のフォルダの中にあったりデスクトップにあったりで非常にごちゃごちゃしており、 Finder だけで管理するのは無理っぽいなと思った。写真以外の画像ファイルを管理できる何かが必要だと思って調べてみた。

この手のやつは Little Snapper というのを使っていたが、途中から名前が Ember に変わって Mac OS のアップデートについて行けずディスコンになった。 Little Snappter / Ember は結構気に入って使っていて、画面のキャプチャを撮って注釈の文字を入れたりする用途に使っていたが、本来はこれらはデザイナー用の画像管理ソフトだと思う。

色々調べていて Eagle というソフトが存在することを知った。 Eagle はなかなかよくて、 JPEG や PNG 、 Adobe の Photoshop 、 Illustrator に加え Pixelmator や OmniGraffle に対応している。デザイン系だけでなく各所にファイルが散らばりがちな MindNode (マインドマップアプリ)や Numbers 、 PDF 、 Keynote 、 Pages 、 MS Excel 、 MS Word などドキュメント系のファイルにも対応している。

要するにパワーアップした Finder という感じなんだけど、ファイルの中身をプレビューできて一括でタグ付けしたりフォルダ管理できるのが便利。 いわゆる「ファイルの壁」問題が解決できる。デスクトップや iCloud Drive に散らばってるやつをとりあえず一旦突っ込んで整理してみることにした。

UI は日本語翻訳があるのだけどあまり出来がよくなく、スクリーンショットを「スクショ」と略していたり、全体的に翻訳が調子こいてる若者風なのが気持ち悪い…。いまは言語を英語にして使ってみてる。日本語文字列の検索精度がいまいちなところも気になる。 年賀状 で検索しても 年賀状 という文字列を含むファイルがヒットせず、かわりに 年賀 で検索するとヒットしたりする。日本語周りに課題が多そうだ。そのほか、 Windows 版も存在するせいか、通知の UI が Notification Center の標準 UI とかけ離れているところもちょっと気持ち悪い。

同系統の Pixave というのを以前「できる Mac OS X Advent Calendar 2015」で知って試していたが、当時の自分は Little Snapper / Ember の代替となるキャプチャに注釈を入れられる機能を求めていたので用途に合わないと感じた。いまもう一度見てみて試してみたが、 Eagle 同様にデザインデータだけでなく様々なファイルを扱えて、いまの自分の用途には適合してそうだった。惜しむらくはあまり活発に開発されていないようだった( MindNode を取り込めるとウェブサイトに書いてあるが、最新バージョンの MindNode には対応していなかった)。Pixave は App Store の賞を受賞しているだけあって見た目がめっちゃおしゃれで Apple の標準 UI に準拠しており、使い心地は Eagle よりも Pixave の方がよい。もうちょい活発にメンテナンスしてもらえたらうれしい。

しばらく併用してどっちを使うか決めたい。

※ Pixave は韓国系の人が一人で作ってるみたい。以前好きで作っていた The Hit List ( ToDo 管理ソフト)も韓国系の人が作ってた。在米コリアンは優れたデザイナーが多いのだろうか。 The Hit List はめっちゃ UI が革新的だったのに更新が滞ってしまった。 Karelia という会社に買われたあとも更新が滞っている。 The Hit List のようにならないでほしい。