| @ブログ

Rubbish

ブログで使ってる Amazon S3 のバケットの画像のほとんどをミスって空ファイルにしてしまった…。 S3 に上がっている画像、 Cache-Control ヘッダーが付与されていないのですべての画像ファイルに Cache-Control ヘッダーを付与しようとしての事故だった。ファイル一覧を取得して AWS SDK Ruby で Cache-Control だけ付与するつもりだったのにファイルそのものを空で上書きしてしまって無となった。

大した操作じゃないと思って事前にバックアップを取っていなかった& S3 に上げておけば安心だと思って日常のバックアップも行っていなかった。スーパーアホ。写真ならアップロードし直すことは可能だけど、キャプチャとか、アニメーション Gif とか、ブログの内容に合わせて OmniGraffle で描いた画像は基本的には元のファイルが残ってなくて元に戻すことができなかった…。

CDN に残っていたものとローカルでキャッシュされていたものを探したが、 500 ファイル以上が失われてしまった。つらい…。

画像の吹っ飛び、過去にも何回か起こっている。レンタルサーバーの障害で消えたパターンもあったけど、自分のミスで消してしまうパターンが多い。自分が一番信用ならないので画像はプロに管理してもらうのが一番だなと身にしみて思った…。とりあえず S3 バケットのバージョンコントロールを有効にしたいと思います…

追記

AWS SDK Ruby での正しい Cache-Control ヘッダー付与の仕方は以下だった。

 object.copy_from(object, cache_control: 'max-age=2592000,s-maxage=31536000', metadata_directive: "REPLACE")

#copy_from の引数に medata_directive: "REPLACE" を渡す必要がある。

🙅🏻‍♀️🙅🏻‍♀️🙅🏻‍♀️以下は NG なので注意されたし ☠️☠️☠️

 object.put(cache_control: 'max-age=2592000,s-maxage=31536000')

これやるとファイルの body が空になります 🈳🈳🈳