| @雑談
 しつこいけど三回目を書きます。このシリーズはこれで最後にするのでご容赦を。 ドイツではかつてないほどに失業率が高まり、戦後の混乱期を除きここ50年で最高レベルの人口流出が起きているのだそうだ。...

 しつこいけど三回目を書きます。このシリーズはこれで最後にするのでご容赦を。

 ドイツではかつてないほどに失業率が高まり、戦後の混乱期を除きここ50年で最高レベルの人口流出が起きているのだそうだ。年間15万人がアメリカやオランダ、イギリスに移民しているのだとか(Yahoo!ニュース - ロイター - ドイツで海外移住が記録的ペース、失業問題が影)。世界でも有数の先進国で起きている出来事だとは思えない。大連立でSPDが政権内に残ったとはいえ、CDUはなるべくして与党になったんだと思う。このままドイツが右傾化して第二のヒトラーが現れたりしなければ良いのだが。

 これに関連して面白いブログを発見した。Meine Sache 〜マイネ・ザッヘ〜というブログである。ちょっと右よりの感じのブログなのだけど、ここにドイツというカテゴリーがあって、ここのドイツに関する記事が面白い。上のロイターの記事なんて、ちょっと旅行をした限りドイツは裕福な国に見えてにわかには信じられないのだけど、このMeine Sacheというブログを読むと、ドイツはドイツで複雑な問題を抱えているんだなということがわかる。

 つまり、くどいようだけれども、我々は過剰にドイツにコンプレックスを抱く必要はないのである。社会民主主義的で目指すべき理想の国だと崇められるドイツだけど、実情は経済が低迷して人口が流出するまでに至っているのだ。そんな国を参考にしても、明るい未来が待っているとは思えない。だからって日本がいまのままで良いというわけでもないのだが。

この記事に似ている記事

  • Screenshot
     ドイツという国は、何かにつけて神格化されることが多い。とくに日本の進歩主義的な人のあいだでは目指すべき理想の国だという扱いを受けている。第一に、ドイツは戦後処理の仕方がうまかった。この点について日本もドイツを見習うべきだという意見を革新メデ...
  • Screenshot
     ドイツ降伏前夜、ヒトラーが自殺するまでの日々と、ヒトラーに仕えていた人々が終戦を迎えるまでの話。ヒトラー研究家とヒトラーの秘書だったトラウデル・ユンゲの著作を元にして作られており、劇中でのヒトラーの台詞は記録に残っているものなのだそうだ。ラ...
  • Screenshot
     友人がワールドカップを見に行くって言ってたので、もうドイツにいるかなとメールを送ってみました。友人はVodafoneユーザーなので、ドイツにいたとしてもメールが届くはずなのです。そしたらドイツから返事が来ました。いやー、便利ですね。去年旅行...
  • Screenshot
     いま気になるのが、ウクライナとロシアの対立である。僕は国際政治のことなんて全く知らないけれど、ウクライナが1968年のチェコスロバキアに重なって仕方がない。ユーシェンコ大統領はドゥプチェクのようだ。 ウクライナは当然訪れたことがないし、どう...
  • Screenshot
     感じ通信より。 読者のことを意識する。つまり判りやすくとか、読みやすくというのを意識するのは結構なことなのだが、何か意識過剰になってもどうなんだろうと最近思う。 枯れ木も山の賑わいでは無いが、思ったこと、感じたことがあるなら(ある筈だよな)...
  • Screenshot
     『パラダイス鎖国』を読んだ。読みやすい新書で、あっという間に読んでしまった。この本はアスキーから出てるアスキー新書だけど、コンピューターとか技術のみについて述べた本ではなく、日本社会全体について論じた日本論の本だと思う。日本社会を覆う閉塞感...

Comments


(Option)

(Option)