| @散財

Linksys Atlas Pro 6 MX5502-JP
Linksys Atlas Pro 6 MX5502-JP

いまの家(木造二階建て)に引っ越したときに WiFi ルーターをいいのにした。 Apple の AirMac Extreme (IEEE 802.11ac = 5GHz 帯に対応してる)を買った。 Kaizen Platform 時代にリモートワークしてたときは不満はなかったのだが、経年劣化してきたのか、家にものが増えて電波が届きにくくなったのか、最近は Zoom でミーティングしているときに調子が悪くなることがたびたびあったし、風呂場や寝室で iPhone で Netflix やアマプラビを見ているときに「モバイルネットワーク通信を利用します」という警告が出たりしてわずらわしかったので新しいルーターに変えてみることにした。

ルーターが一階にしかなく、二階の端っこの仕事スペースに電波が届きにくいのが原因ではないかと思い、メッシュネットワークに対応したものを買ってみることにした。また WiFi 6 というのもバズワードでよく耳にするので WiFi 6 + メッシュネットワークの条件に合致し、アンテナがいっぱい出てない厳つくないものにしようと思っていた。友だちが Linksys や TP Link が良いと言っていたのと、 Google Nest WiFi も良さそうだったのでこれらから選ぶことにした。

Google Nest WiFi が Google Home 機能も付いていて良さそうだったが、 Google Home 機能は拡張ポイントの方にしか付いていないようだった。うちはリビングにプロバイダーのターミナル端末があるので、リビングにルーターを置かないといけない。となるとリビングで Google Home 機能が使えず不便だ。二階の廊下で OK Google できても意味がない。またメッシュネットワークには対応していないようである。ということで候補から外れてしまった。

次に検討したのが TP Link の Deco だ。値段も手頃で良さそうだったのだが、どうしても見た目が好きになれなかったので見送ることにした。

最後に残ったのが Linksys だ。 Linksys のルーターは Apple の AirMac Extreme に外観が近いのが良かった。 Apple Store でも取り扱いがあって、 AirMac Extreme の後継的なポジションのようだ。 WiFi 6 とメッシュネットワークの条件を満たすもので一番値段が手頃なのが Atlas Pro 6 の MX5502-JP という機種だった。結論からいうと自分は良く下調べをせずに買ってしまって失敗した。

Linksys のこのシリーズは外観が同じで品番違いのものがたくさんあって選ぶのが難しい。よく分からないので値段重視で選んだところ見事に失敗してしまった。メッシュネットワークを構築するときには周波数帯クラスがトライバンドのものが良いようだが、自分が選んだ MX5502-JP はデュアルバンドだった。ルーター間の通信で一つ周波数帯を使うので、三つの周波数帯を使えるトライバンドの方が良いようだった。

加えてどうも仕事用に会社から貸与されている MacBook Pro 2020 と相性が悪いようで、ルーターの近くで人がうろうろしたりすると 5GHz 帯から 2.4GHz 帯に切り替わって転送レートが急に 144 Mbps に落ちたりする(私物の iMac 5K 2017 モデルでは起こらない)。わざわざ二階にもルーターを置いているのに遠い一階のリビングルームのルーターに 2.4GHz 帯で接続しているようだ。普通にネットしてる分には問題ないが、 Zoom ミーティング中だと途切れ途切れになったりする。これは厳しい…。

Linksys の同じデザインで WiFi 6 + トライバンド対応のものは急に高くなる。メッシュを組むために二個セットを買うと 70000 円くらいしてしまう…。 MX5502-JP 二個セットでも 3 万円近くして結構思い切って買ったのだが、ルーターに 7 万円出せるほどのお金はない。

そもそも手持ちの Mac や iPhone が WiFi 6 対応していないのだから、 WiFi 6 対応を要件に含めるべきではなかったのかもしれない。 WiFi 6 非対応でトライバンドのルーターなら二個セットで 2 万円ちょいで買えたりする。正直こっちを検討すべきだったのかも知れない。

世の中のほとんどの人は 5 千円くらいのルーター使ってると思うし、奮発して 1 万円くらい出せば自宅でも快適にインターネットができて仕事にも支障がない世の中になってほしい。