Archive ページにカテゴリごとの記事件数を表示する機能を追加した。

portal shit!.png

API でカテゴリごとの記事件数を返すのではなく、 JavaScript だけで entries.length を数えるようにしている。 React で関連コンポーネントが描画されたあとにいい感じに数える処理をトリガーする方法が分からず、描画完了後 1000msec 以内で 100msec ごとに記事数を数える処理を実行している。あまり賢い実装方法ではないと思うけど、一番記事数が多い 2006 年でも 600msec くらいで Ajax のレスポンスは返ってくるのでまぁ実用上問題はない。

こうして見ると、 2011 年から一切映画についてブログに書いてないことが分かる。さすがに年に一本も映画を見ないということはなくて、年に二、三本は絶対見ていると思う。以前は基本的に映画館で見た映画の感想を書くようにしていたので、映画館に行かなくなった(行けなくなった)せいで映画の記事を書かなくなったんだろうなぁと思う。

自分のブログに機能を追加することでここ数年の生活の傾向が分かるのが面白い。実は昨日、 Sunset Live の記事を書いたのも音楽について全然書いてないことに気づいたからなのであった。

スクリーンショット 2017-06-04 12.05.28.png

Archive ページに React Router を導入して、年を切り換えたときにページ遷移なしで表示を切り替えられるようにした。あわせてカテゴリ一覧を表示して記事を絞り込み表示するようにした。

React はこれまで cdnjs からダウンロードしていて JSX の変換は Babel の browser.js を使ってブラウザーで行っていたけど JS の開発環境もちょびっとだけモダンにして npm モジュールをインストールして手元でいろいろやるようにした。一枚のスクリプトに書いていたコードはコンポーネントごとに分割して browserify で連結するようにした。 React を自前で配信するとファイルサイズも結構無視できない感じになったので minify なんかもするようにした。

F/E の情報収集、きらきらネームが多くて調べるのにかなり時間がかかった。 npm モジュールの名前とそれが何をやるためのものなのかがすぐに分からない。じいちゃんばあちゃんが横文字を覚えられないのに似てる。 Ruby もきらきらネーム gem は多いけど寿命が長いのである程度触ってれば覚えられる。 JS はライブラリの寿命が 1 年くらいだから雨後のたけのこのようにどんどん新しいやつが出てきて全然覚えられない。自分が高齢化してきてるだけで若い人だったらすんなり頭に入ってくるんだろうか。

Archives ページは部分的に React.js を使ってる。これを全部 React にして SPA 化してみたい。そのためには Server Side Rendering が必要。

Ruby で Server Side Rendering するライブラリでは react-rails が有名だけど、 Rails 以外で Server Side Rendering したい。

有名なやつでは airbnb の hypernova というのがあった。これ自体は Node.js で、 hypernova-ruby というクライアントからサーバーを呼び出して Server Side Rendering するというもの。なのでサーバー側に一個プロセスが増える。開発環境でも Node.js でプロセス起動したりしないといけない。仕事で Microservice には食傷気味になってきてるので趣味では Majestic Monolith™ で行きたい。

名前似てるけど Hyper-Ract というやつもあった。これは過激で JavaScript とか HTML を排除して Ruby で全部書こうぜという Opal が React 対応したもの。良いんだけど F/E の進化早すぎ問題に対応できなくなる気がする。数年後には CoffeeScript みたいになりそうな予感がある。スタンダードでシンプルなものを使いたい。

もう一個、スター全然付いてないしメンテナンスもされてなさそうなんだけど、 V8 で React 読み込んで出力するだけという簡単なのもあった。react-ruby-v8 という直球な名前。こんなので十分かもしれない。

このブログの Archive ページ自分で作った Lokka Plugin でできているのだけど、ここを React を使って作ってみた。 React チュートリアルの写経の題材を自分のブログにした感じ。 CoffeeScript オワコンと言われて久しいけど Coffee で書いた。 JSX を CoffeeScript で書くときはバッククオートで囲むとよいという知見が得られた。

Entry = React.createClass
  render: ->
    `(
      <li className="entry">
        <a href={this.props.link}>{this.props.title}</a>
        <div className="detail-information">
          <span className="created_at">{this.props.created_at}</span>
          <Category category={this.props.category} />
        </div>
      </li>
    )`