| @ブログ

天山七曲峠登山道

表示していた Google Adsense の広告を外した。自動広告をオンにすると本文の途中など意図しないところに広告が掲載されまくってしまって大分読みづらい。かといって記事下に入れる程度だとまったくクリックされなくて貼ってる意味がなかった。加えて、ここ一年間で数度行われた Google のコアアルゴリズムアップデートで検索流入が 1/3 くらいになってしまって PV が激減してしまった。 Google としてはどこの馬の骨とも付かない個人がやってる泡沫ブログにトラフィックを流してインターネットの果実を分け与えるつもりはないのだろう。 Adsense 広告の読み込みでサイトの読み込み速度も少し遅くなっていたし大分すっきりした。

消した理由で一番大きいのはアルゴリズムやリターゲティングによる広告のむなしさだ。 Amazon アフィリエイトなど自分の意思でレビューしたり紹介したアイテムの広告ではない広告が自分のブログに表示される必然性はない。アルゴリズムやリターゲティングによる広告は、掲載される場所はどこでもよくて、たまたま空いてたから表示されました、というような間に合わせ感がある。自分が楽天で見た商品の広告が自分のブログに延々表示される様を見て、こういう広告を表示し続けることで自分のブログの価値が毀損されているような気がしてきた。一つ前の翻訳記事がバズって結構アクセスがあったが、翻訳元のブログには広告が表示されていないのに翻訳した自分のブログには広告が表示されていて、自分が広告を入れていることで元の記事の価値も下げているような罪悪感もあった。

元からブログで儲けようとは思っていなかったが、ブログを書くことで得られる一番の利益というか目的は、広告によって小銭を稼ぐことではなく、ブログを書くことで自分自身の価値を高めることだと思う。ブログによってインターネット上でのプレゼンスを高めて知名度を獲得したり、ブログを書いたり運用したりすることで技術的な知見を得てスキルアップにつなげられる。それらを自分の給料に上乗せできるような仕組みを作っていくことが大切なのかなと思った

| @ブログ

Chart Tooltip

Archive ページにこだわってしまう理由、グラフを表示させてみて(ブログ過去記事をカテゴリーごとに集計してグラフ化 - portal shit!)何となくわかった気がする。過去記事ページというのはブログの書き手にとってはアクティビティダッシュボードなのだ。ジョギング系アプリ使ってる人なら記録をあとから振り返ることがあると思う。それと同じで、自分が過去にどのくらいの頻度、密度でブログを書いていたかを自分は知りたいと思うのだろう。その用途に適しているのが過去記事ページというわけで、 Archive ページの使い勝手の改善は自分のブログアクティビティをふり返りやすくしたいという欲求の表れだったのだと思う。

ちなみにグラフを作ってみたことで、 2006 年頃に異常な数の記事を書いていたことがわかったし、かなり内容のない記事(新聞やテレビを見た感想)ばかり書いていたことがわかって興味深かった。 2007 年からは記事の数が減るが、これは Twitter を使い始めたからだと思う。2009 年頃、病気療養を終えて就職しようとしているあたりからプログラミング関係の記事の数が増え、実家を出て福岡のブラック企業に勤め始めてからは記事数が減った。

あまり ASP 型のブログを使ったことがないのでよく分からないが、こういうカテゴリーごとの Chart 機能はないような気がする。一時期、ダイエット日記を書いていたはてなブログにはアクセス解析機能とアクセス数の統計機能はあったが、自分のブログアクティビティを振り返る機能はないと思う( PRO になればあるのかもしれない)。

自己満足的なブログの書き手にとっては、どれだけ読まれたかももちろん気になるけど、どれだけ書いたかも重要なのではないかと思う。読まれたかというのは結果であり、書いたかというのはプロセスというか、自分の頑張りだ。仕事をする上では結果にフォーカスにしなければ意味がないけど(使われない機能を作ってリリースするのは自己満足)、ブログは趣味なのだからプロセスの部分(自分の頑張り)が可視化される仕組みがあってもよいと思う。

| @ブログ

最新の Rebuild.fm のエピソードを聞いてたら Automattic による Tumblr 買収の話から Medium 、 WordPress から古の Blogger 、 TypePad 、 MovableType まで話が及んで楽しかった。

エピソード内で miyagawa さんがインディーなインターネットユーザーとして独自ドメインは重要だけど、誰も使わないから当てられるサービスがなくなってきた、その意味で WordPress は独自ドメイン使えるので悪くない選択だと思う、的なことを言っていたのが印象的だった。エピソード中でも触れられていたけど、 Medium は新規登録ユーザーに対して独自ドメイン利用を利用不可能にしている模様。

ブログプラットフォームとしての知名度を高めるためには一目で「あ、このブログは Medium 使ってるんだ」とわかった方が良いはずで、となると独自ドメイン名を使われるのは良くないと判断したんだろうなぁ。

加えて Medium は確かに最近よくログインを求めてくる。旧型の iPhone 7 で見ると画面の 1/3 くらいの領域をユーザー登録導線にしてる感じ。読みづらい。なんらかのプラットフォームに乗っかると、やはりプラットフォームに「こう使って欲しい」と制約をかけられることになりがちだ。ステークホルダーが書き手、読み手、プラットフォームの三者になるので当然といえば当然か。一方でセルフホストのブログなら基本的には書き手と読み手の二者しかステークホルダーがいない。

ブログは自分で作るのが一番満足度高いと感じる。意に反して広告が出るようになることはないし、読者にログインを強要したりもしない。足りない機能があれば自分で作ればよいというのもよい1。自分はセルフホストのブログを同じドメインで 14 年やってて、最初は P_BLOG 、 そしていまは Lokka を自分で細々と改修しながら使ってる。時々更新が途絶えることはあるが、ほぼほぼ毎月一本は何かしらを書き続けることができている。サーバーの運用は発生するが、まぁプログラマーなら自宅サーバーか VPS くらい飼ってるだろうし、運用は趣味の一環かなという感じがする。

| @ブログ

🤩人気記事を表示するようにした - portal shit! で人気の記事を表示するようにしたけど、人気のエントリー(直近一ヶ月間でアクセス数が多い記事)に加えて、ホットエントリー(はてなブックマークでブックマーク数が多い記事)も表示するようにしてみた1ところ興味深い結果になった。

短期的に膨大なアクセスを集める記事と長期的に安定したアクセスを集める記事は全く異なる。はてブのようなサービスで見つけられるのは前者で、後者のような記事を見つける場所が意外にネットにはないのではないかと思う。前者を動的な人気記事だとすれば、後者は静かな人気記事だと言えるだろう。こういう静かな人気記事だけを紹介するウェブサービスがあっても面白いのかもしれない。ちなみに人気のエントリーのリンク元は Google を除くとだいたいヤフー知恵袋か 2ch の過去ログが多い。


  1. このサイトの はてブの RSS を利用しています 

| @ブログ

ツイッター歴10年を超え、どういうウプダテスをしたらファボをもらえるかはだいたい予想がつくようになってきたけど、それよりも前からやってるブログに関してはどうやったらバズるかがわからない。 mizch さんがブログを書く前にどのくらいブックマークが付くか想像できると言ってた気がする1けどそういうのすごいと思う。「もうちょい反応あるんじゃないかな」と思った記事が全然伸びなかったり、逆に完全に自己満足のために書いた記事がバズったこともある。ツイッターもブログも商売と同じで読み手に価値を提供することができたら良い反応があるものだと思う。ツイッターに関しては面白ツイートで読み手に価値を提供できている(自分が面白いと思うものが読み手にとっても面白いと評価されている)のだろうけど、ブログでは価値を提供できていない(少なくとも狙ってはやれていない)のだろう。

短文で面白おじさんを演じるのは簡単だけど、長文だととても難しくなる。自分で自分が書いた過去の記事を読んでも「滑ってるなぁ」という感じしかしない一方で、たとえば寿司について書いた記事はいま自分で読んでも「攻めてるなぁ」と感じる。また仕事で社内ブログに記事を投稿してもそこそこ反響得られてるので文章を書く能力が著しく低いわけではないのだと思う。

つまるところ自分はブログで記事を書くときに、自分の興味関心とオーディエンスの興味関心を一致させられていないのだろう。ツイッターや社内ブログでは読み手が誰であるかを把握するのが簡単なので事前にコンテキストを共有した上で記事を書ける。コンテキストが共有されているのでどんな内容が受けるかを想像しやすいのだ。しかしブログの場合は誰が読むかは見当がつかない。パソコン関係の記事が受けるのか、日記的な雑文が受けるのか、蓄財についての記事が受けるのか、あるいはそれ以外か、全く見当がつかない。

15年前にブログが流行ったとき、ブログはテーマを絞った方がいいというアドバイスをよく目にした。思えばそれは読者の種類を絞り、読み手とコンテキストを共有することで記事を書きやすくするためだったんだろうなぁと思う。

自分はなんでもブログに書くスタンスでやってきたので今更書く内容を絞ったりはしたくないんだけど、今年は読み手とのコンテキストの共有を意識してインターネットしていきたい。


  1. ブログを書き続けること - mizchi's blog読まれるテキストは読者へのおもてなしの構造を持っている - mizchi's blog あたりで書いてたような気がするけどそんなことなかった。ツイッターでの発言かもしれない。 これだった ブログで何を書くべきか - mizchi's blog