| @映画/ドラマ/テレビ
私の中のあなた評価 : ★★★★☆小児白血病の映画。いわゆる難病もの。主人公はアナという女の子で、病気なのは姉のケイト。ケイトは小さな頃に白血病であることが発覚する。両親は肉親に骨髄の型が一致す...

私の中のあなた

評価 : ★★★★☆

小児白血病の映画。いわゆる難病もの。主人公はアナという女の子で、病気なのは姉のケイト。ケイトは小さな頃に白血病であることが発覚する。両親は肉親に骨髄の型が一致する者がいないか探すが、弟ジェシーや両親も含め適合者がいない。そこで母サラ(キャメロン・ディアス)は体外受精でケイトと骨髄の型が一致する三人目の子どもを生むことを決断する。そうして生まれたアナだが、いよいよケイトの病状が思わしくなくなり、姉のために腎臓移植を両親に迫られることになった。そこで彼女は奇策に出る。

セカチュー見てないけど、セカチューよりも65535倍良いんじゃないかと思う。感動した。

まずぐっと来たのが、割と最初の方の、アナが母親サラを訴えるためにやり手弁護士キャンベル・アレクサンダーのところを訪ねるシーン。多分普通の人はこの辺では泣かないと思うんだけど、アナはそこで過去に自分が姉のためにさせられてきた処置の数々を弁護士に話す。G-CSF(骨髄を無理にオーバーワークさせて血液をつくらせる薬剤)をうたれて血小板を提供させられたりとか、骨髄移植のドナーにさせられたりとか。僕自身ががん患者で、G-CSFは注射されまくったし、末梢血幹細胞を採取するために足の付け根から大動脈にカテーテルを挿入されて過ごした経験があるだけに、こんなにちっちゃい子が姉のためとはいえ、辛い思いをさせられてきたのかと思うといきなり涙が出てしまった。

アナだけでなく、アナの兄ジェシー(ケイトの弟)も、小さい頃から寂しい思いをする。両親はいつもケイトのことばかり考えており、失語症のジェシーはろくにかまってもらえず、施設に入れられてしまう。父ブライアンが施設に入るようにジェシーを説得するんだけど、ここでも泣いてしまった。別に自分は施設に入れられたり親に大事にされなかった経験があるわけじゃないんだけど、ちっちゃい子にとって親からあまりかまわれなかったり施設に入れられたりするのはさぞ辛いだろうなぁと思って。

ケイトの辛さもとてもよく描いてあって、自分のせいで家族に負担がいっていることをとても気に病んでいる。母サラはやり手の弁護士だったんだけど、ケイトの看病をするために仕事を辞めてしまったし、弟と妹にも負担をかけている。そして辛い治療。抗がん剤の副作用で髪の毛が抜け、嘔吐をする。日本のがんを扱った映画はこの辺適当にお茶を濁しがちなんだけど、治療の様子もリアル。ケイトには同じ白血病患者の彼氏ができるんだけど、彼とキスしたあと「抗がん剤の味がする」っていう台詞もヒジョーにリアル。抗がん剤は点滴投与されても、口腔にいやーな味が伝わってくるのです。治療思い出して結構辛かった。

アナはやり手弁護士を雇って元やり手弁護士である母サラと法廷で対決するのだけど、裁判を通じてなぜアナがこんな行動に出たのかが徐々に明らかになっていく。アナは良い子だし、自分のために姉を殺すことを望んでいたわけではなかった。ジェシー、父のブライアンもだんだんとケイトの死を受け入れていき、最後にはサラも現実を受け入れる。そしてケイトは安らかに息を引き取る。ケイトは死にたがっていたのだ。

元がん患者的にすごく共感しながら見ることができたし、劇場では一人だったけど泣きまくってしまった。ただ気になる点もないわけじゃなくて、この映画、『きみに読む物語』の監督が撮ってるらしいんですけど、あの映画と同じで、白人中心の世界が広がっていて、「白人による、白人の、白人のための映画」臭がぷんぷんしてた。黒人は出てくるけど医療スタッフとかそういうのばっかり。そういうのってなんか違うんじゃないかな。

この記事に似ている記事

  • Screenshot
     がんの緩和ケアが治療の全段階から受けられるようになるという記事が昨日の読売新聞にあった。日本で苦痛を和らげる処置は末期患者にしか行われてこなかったが、これからは初期がんの患者にも適用されるという。全国の拠点病院に二年以内に緩和ケアの専門チー...
  • Screenshot
     久々に病気のことを書きます。チラシの裏なので興味がない人は読まないでください。 本当は一昨日金曜日から6クール目の治療を受ける予定だったのですが、先日外泊して大阪に行ったときにインフルエンザをもらってきたらしく、個室に隔離され治療も延期とな...
  • Screenshot
    ずっとあなたを愛してる評価 : ★★★☆☆あらすじ社会派フランス映画。主人公は刑期を終えた中年女性ジュリエット。空港でたばこを吹かしているところに年の離れた妹レアが迎えに来る。しかしどこかぎこちない。いったい彼女の罪は何だったのか。離ればなれ...
  • Screenshot
     どれもずいぶん前に見た映画だから内容はうろ覚えなんだけど、感想を書き留めておきます。みなさん、さようなら ★★☆☆☆ 親父と仲の悪かった息子が、がんを患って死期を待つばかりの親父のために尽くすという内容。死ぬ前の和解がテーマ。酒好き女好きの...
  • 退院しました June 30, 2005
    Screenshot
     先週の金曜日(6月24日)に退院しました。 CTスキャンを撮った結果、肺に無数にあった影や、首のリンパ節の腫瘍は奇麗に消えていた。しかし、最初にがんが転移した後腹部リンパ節と腎臓の横あたりの腫瘍は消えてはいなかった。ただしある程度小さくなっ...
  • Screenshot
    11月の頭に子どもが生まれた。いまは会社に無理を言って育児休業をさせてもらっていて、朝から晩まで子どものおしめを替えたりミルクを飲ませたり家事をしたりしている。他人の子どもとかちっともかわいいと思わなかったけど、自分の子どもはとてもかわいい。...

Comments


(Option)

(Option)