Kaizen Chat とは

Kaizen Platform 内でユーザー同士がコミュニケーションを取ることができるサービス。

  • Kaizen Platform のユーザー
    • カスタマー
      Kaizen Platform と契約し、 A/B テストツールや Growth Hacker によるサイト改善のデザイン案を募集
    • Growth Hacker
      募集に応じてカスタマーサイトのデザインを改善するデザイン案を投稿
    • Kaizen Platform 社員
      カスタマーと Growth Hacker の間の調整役

Kaizen Platform 内のユーザーが外部のツールや電話を利用して行っていた伝言ゲーム的なコミュニケーションを置き換えて、直接コミュニケーションを取ってもらうようになることが目標。

サーバーサイド 2.5 人、フロントエンド 2 人で 2 ヶ月くらいで作った。

構成

数多く存在しているマイクロサービスの中の一つとして実装。

フロントエンド

  • React
  • 多分他にもバズワード的な仕組み・フレームワークを使ってる(後で調べて書きます)

バックエンド

  • Ruby 2.3
  • Rails 5
  • MySQL 5.7
  • Sidekiq
  • Redis
  • Pusher (SaaS)

Rails 5 で開発

Rails 5 は Release Candidate だったが利用することに。

リリース直後に Rails 5 出て将来的に Rails 4 から Rails 5 へのアップデートにリソースを割くの避けたかった。(別の Rails アプリを 3 から 4 に上げたときには大変だった…)

Rails 5 で開発して困ったこと

あんまりないが強いて挙げるとすれば以下。

  • 個人的に好きで前職の頃から使ってた gem ( モデル層のバリデーションのテスト書くのが楽になる accept_values_for ) が Rails 5 対応してなかったので Pull Request 送ったりなど
  • ActiveResorces など Rails 5 対応が遅かった gem もあったが github 直接参照して対応版がリリースされたら rubygems.org を見るように変えるなど(普通です)
  • 社内の Rails プロジェクトで共通して使ってる gem を Rails 5 対応させるなど

WebSocket は Pusher (SaaS) を利用

Pusher を使った。 ActionCable 使って自前実装するのは考えなかった。

  • Rails 5 なら ActionCable では????
    • 急なアクセス増などを考えて SaaS を使うことに
    • WebSocket に関してはインフラのことを考えなくてよくなる
    • 無理に自前実装せず、少々金がかかったとしても、外のリソースを利用できるときは SaaS を使う(社風)
      大人の事情で使えない、とかがないのがよい
  • フロントエンド側も Pusher から SDK が提供されており楽できた(はず)
Pusher との通信の詳細
  • CRUD のうち Read だけ Pusher 経由で行う
  • Pusher は Create/Update/Delete も担えるけど Rails アプリと Pusher とクライアントの間のデータの流れを一方向にしたかった

図

感想

Sidekiq 速い

  • 社内で初めて Sidekiq を導入したけど速かった
  • Thread で並行処理をするのでスレッドセーフな作りにしないといけない(利用 gem 含む)
  • capistrano-sidekiq が sidekiq 本体と機能かぶってるところがあるのがちょっと残念

マイクロサービス間の通信が課題

  • マイクロサービス間でなるべく疎結合になるように、相手のサービス側の DB を直接参照しないように頑張る(気合い)
  • スピードが遅くなってしまうところはキャッシュする

BFF 的な考え方必要

  • ActiveModelSerializers 使ってると Serializer が乱立して収集付かなくなる
  • Frontend から必要なフィールド渡してもらってそれをシュバッと返すおシャンティな API にしていきたい

今後

  • モバイルクライアントの開発
    チャットなのに携帯電話で返信できないとかダメですよね…
  • 通知の充実
    チャットなのに通知こなくて気がつけないとかダメですよね…
  • 画像ハンドリングの充実
    負荷やジョブとの戦いに突入します。

Kaizen はチャットの会社じゃないので、自分たちがチャットの機能を作ることはどんな意味があるのか、ということを考えながら機能追加していきたいですね。

なお Kaizen Chat は Kaizen Platform にアカウントをお持ちの方でしたらどなた様でも無料でご利用いただけますのでもしよかったら触ってみてください。僕にファンレターを送ることも出来ます。

また Kaizen Platform, Inc. は本日( 2016-09-08 )から開催されている RubyKaigi 2016 にブースを出しておりますので CTO (リクルート時代に chouseisan 作ってた)やエンジニアと話してみたい人、 Kaizen Platform ロゴ入り手ぬぐいが欲しい人、僕のアイコンのステッカーが欲しい人はお気軽にお越しください。

この記事を参照している記事

この記事に似ている記事

コメント


(オプション)

(オプション)