CircleCI.png

もうすぐ Ruby 2.5 が出そうだけど、このブログの Ruby のバージョンを 2.4 に上げた。

Ruby 2.4 がリリースされたあとすぐに Lokka を Ruby 2.4 に対応させようと頑張ってみたのだけど、 Ruby 2.4 に上げるためには ActiveSupport のバージョンアップが必要だった。しかし padrino-helper 0.11.4.1 が古いバージョンの ActiveSupport に依存しており、 Ruby 2.4 に対応した ActiveSupport を利用するためには padrino-helper をバージョンアップする必要があった。 padrino-helper をバージョンアップしてみると 0.12 から大幅な変更が入ったようで、ビューの表示がぐちゃぐちゃになった。 layout が適用されず中身の partial ビューだけ表示されたり、 HTML が過剰にエスケープされたり。 padrino-helper は 0.11 時代にあった脆弱性を修正して標準ですべての文字列出力を escape するようになったっぽい。しかし Lokka の方がそれに対応できておらずビューがぐちゃぐちゃになっているようだった。

Lokka はヘルパーメソッドやモデルで HTML を文字列から生成しているところがあって、そういうところをこまめに html_safe していったところ余分なエスケープは解消されていった。利用している gem でも文字列から HTML タグを生成しているところがあったので、そういうところもつぶさに調べていって無心で html_safe したり mark_safe していった。

とりあえずこのブログを Ruby 2.4.2 でしばらく運用してみて問題なかったら Lokka 本体の方に Pull Request を出すことにしよう。

あと今回ついでに CircleCI でテストしてテストが通ったら勝手に Production に deploy されるようにしておいた。 CircleCI ほんと便利。

Comments


(Option)

(Option)