| @技術/プログラミング

DSC_4022.jpeg
DSC_4022.jpeg

Amazon Product Advertising API ( PA API )が 5.0 になるらしい。 4.0 は 3 月で廃止になるそうだ(当初は 2 月 11 日と言われていたが、 3 月まで伸びたみたい)。

最近 4.0 に対応させたのにな、と思って調べてみたら何と 4.0 対応したのは 10 年以上前だった。

PA API 4.0 までは AWS アカウントで利用する感じ1だったが、 PA API 5.0 では AWS から独立して Product Advertising API 専用のアカウントを登録しなければならないようだ。

AWS は US Amazon でアカウントを作るのに PA API のレポート画面へのログインでは Amazon Japan のアカウントを使うのは変だなと思っていたけど、 PA API 専用アカウントを設けることでその辺のねじれも解消されるだろう。

クライアントライブラリにはこれまで ecs という gem を使ってきたが、 PA API 5.0 対応はされてなくて、別の人が作った vacuum という gem に乗り換えた。

ecs という gem の名前に違和感をもつ人がいるかもしれない。いまでは Amazon で ECS といえば AWS の ECS ( Elastic Container Service ) のことを指すが、昔は Amazon 自身が PA API という名前ではなく Amazon ECS という名前でアフィリエイト用のシステムを提供していた。 Amazon は命名が色々紛らわしい。

PA API 5.0 は RESTful API ではなく GraphQL のような感じで、欲しいフィールド名を指定して API リクエストする感じになっている。レスポンスのサイズが小さくなって便利になった。

ちなみに移行ガイドは以下にあります。

DSC_4119.jpeg
DSC_4119.jpeg


  1. 10 年前にペパボの面接を受けに行ったときに「 AWS 使えますか?」と聞かれて「はい、使えます。アフィリエイトで小銭を稼いでいます」と答えてしまった。