| @技術/プログラミング

CircleCI.png

もうすぐ Ruby 2.5 が出そうだけど、このブログの Ruby のバージョンを 2.4 に上げた。

Ruby 2.4 がリリースされたあとすぐに Lokka を Ruby 2.4 に対応させようと頑張ってみたのだけど、 Ruby 2.4 に上げるためには ActiveSupport のバージョンアップが必要だった。しかし padrino-helper 0.11.4.1 が古いバージョンの ActiveSupport に依存しており、 Ruby 2.4 に対応した ActiveSupport を利用するためには padrino-helper をバージョンアップする必要があった。 padrino-helper をバージョンアップしてみると 0.12 から大幅な変更が入ったようで、ビューの表示がぐちゃぐちゃになった。 layout が適用されず中身の partial ビューだけ表示されたり、 HTML が過剰にエスケープされたり。 padrino-helper は 0.11 時代にあった脆弱性を修正して標準ですべての文字列出力を escape するようになったっぽい。しかし Lokka の方がそれに対応できておらずビューがぐちゃぐちゃになっているようだった。

Lokka はヘルパーメソッドやモデルで HTML を文字列から生成しているところがあって、そういうところをこまめに html_safe していったところ余分なエスケープは解消されていった。利用している gem でも文字列から HTML タグを生成しているところがあったので、そういうところもつぶさに調べていって無心で html_safe したり mark_safe していった。

とりあえずこのブログを Ruby 2.4.2 でしばらく運用してみて問題なかったら Lokka 本体の方に Pull Request を出すことにしよう。

あと今回ついでに CircleCI でテストしてテストが通ったら勝手に Production に deploy されるようにしておいた。 CircleCI ほんと便利。

追記 2017-12-03

Pull Request 出しておきました。

| @ブログ

このブログ( Lokka )の DB は MySQL を使っている。 MySQL のバージョンは 5.7 なので、 column encoding を utf8mb4 、 collation を utf8mb4_general_ci とかにしておけば emoji を使えるかと思ってたけど使えなかった。長らく DataMapper が 対応してないかと思ってたけどリポジトリを覗いてみたら随分前に対応されてた。どうも Lokka 側に問題があるっぽい。

Lokka の DB 接続設定は dsn を URL として記載するようになっている。 DataMapper は ActiveRecord のように Hash オブジェクトを DB 接続の引数に渡せるので、 encoding: 'UTF-8-MB4' をオプションとして渡せるようにしてやればよいっぽいが、いまの Lokka のコードでは encoding オプションを指定できないのでこれではダメっぽい。

ちょっと Lokka 側のコードをいじって encoding オプションを渡すようにしてみたところ無事 emoji が使えるようになったので lokka/lokka に Pull Request 出しておこう ⌨️

| @技術/プログラミング

ブログの管理画面にファイルアップロード機能をつけてみた。 GitHub の Issue みたいにドラッグアンドドロップでアップロードしてくれる。こんな感じ。

file upload demo.gif

いまのところ埋め込みフォーマットは Markdown にしか対応してない。

Lokka は heroku とか PaaS を使うことを前提に作られているのでファイルをアップロードする機能が提供されてこなかった( heroku は永続的なファイル書き込みができない)。 heroku で動かしている人でも使えるように Amazon S3 に上げるようにしてみた。 AWS のアカウント作成とかが必要なのでレンタルサーバーに設置してある WordPress にファイルアップロードするのに比べたら敷居が高いけど、設定するのは1回だけだし全くアップロードする手立てがなかったこれまでに比べたら劇的に快適になるはず。自分で使ってみたけどめっちゃ便利になった。

ファイルアップロード、ちゃんと作るなら Paperclip みたいにファイルのチェックを厳密に行なわないと危ないと思うけど、管理画面から上げるの前提なのでチェックなしで雑にアップロードできるようになっている。 AWS の token 系の設定画面を作ったら Lokka 本体に Pull Request 出します。

なお一つ前の記事でアプリケーションサーバーを puma に変更 - portal shit!というのを書いたけど、このファイルアップロード機能がうまく動かなかったので unicorn を捨てたのだった( pow で動かしている環境や bundle exec rackup して WEBRick で起動しているサーバーではちゃんとアップロードできる)。なぜか unicorn で multipart/form-data な POST リクエストを rack アプリケーションに適切に渡すことができず EOFError が発生してしまう。

仕事で unicorn で動いてるサーバーにファイルアップロードする仕組み入れたことは何度かあるけどこんなエラーになったことはなかったのになぁ。謎い。

| @技術/プログラミング

ブログのアプリケーションサーバーには unicorn を使っていたのだけど puma に変えてみた。

2011 年から使っていたようなので丸 5 年は unicorn を使っていたことになる。 puma はスレッドセーフにしないと死ぬ、ということは聞き及んでいたのでおそるおそる変えてみたけどいまのところ問題なさげ。

手元で確認したときには scss のコンパイルで怪しい雰囲気があった(特定ページにアクセスしたあとレスポンスを返さなくなってしまう)ので 0.12.7 だった compass のバージョンを 1.0.3 に上げてみたところ問題が解決した。結果オーライということで深追いはしてないけど、リポジトリを見に行ってみたらメンテナンス停止しているようだった。最近はフロントエンドは JavaScript でやるのが当たり前ですもんね。

Lokka のフロントエンドは 2010 年頃ナウかった Ruby ベースの技術が満載で最近の傾向とは異なるので、フロントエンドで利用してる gem がメンテされておらず Ruby のバージョンアップ時のボトルネックとなってくることが考えられる。この前 Ruby 2.4.0 で動くか素振りしてみたけどダメだった。padrino-helpers 、 slim 、 haml 、 coffeescript (この機能は自分が追加した)あたりとどういう風に折り合いを付けていくか考えないといけない。

| @ブログ

Lokka の管理画面をスマートフォン対応させた。携帯から記事を投稿したりスパムコメントを削除したいなと思うことがあっても Lokka の管理画面はモバイルフレンドリーではなくて非常に厳しかった。とても便利になったと思う。ドッグフーディング最高。

専業フロントエンダーではないのでマークアップと CSS コーディングは適当だけどこの様に寝床でごろんとしながらでも駄文を投稿できるようになって便利。 Lokka ご利用中の方はご活用ください。

ダッシュボード 記事一覧 投稿画面