| @技術/プログラミング

Vim の設定に関してはペパボ時代に同僚のみなさん( glidenote さん、 banyan さん、 linyows さん)から色々学んでほぼほぼ不満がない状態になっている。正規表現拡張の eregex.vimrails.vimprojectionist.vimvim-surround など tpope プラグインと Shougo プラグイン( unite, vimfiler あたり)で普段のユースケースはカバーされているが、 EasyMotion というプラグインの存在と、同じ人がメンテしている incsearch.vim というものがあることを知って入れていみた。カーソル移動を楽にする Vim プラグインのようだ。これまで ⇧wf⌃d などで高速移動はできるといえばできるが、空白や単語の切れ目ではない位置を狙った移動では結局 hl を連打してしまっていた。 EasyMotion は冒頭の数文字を検索すると飛び先をアンカー表示してくれて、高速にファイル内を移動できるというもの。 Unite のファイル内ジャンプ版という感じかな。

さらに調べると incsearch.vim の方は Vim 本体に取り込まれたみたいで必要ないらしいのだが、 で検索にヒットしたカ所を移動したりする機能は incsearch.vim の機能っぽいので両方セットで使ってみることにした。 EasyMotion は incsearch と組み合わせて使うことでかなり便利になるっぽい(ブリッジに haya14busa/incsearch-easymotion.vim が必要だ)。こんな感じ↓(画像は incsearch-easymotion のリポジトリから拝借)

incsearch-easymotion demo

| @Mac/iPhone

Fire

Memolist.vim の保存先を Dropbox にする運用を長年続けてきたが、 iOS の Markdown エディターの iA Writer で編集時にファイルが無限複製されるという問題があることや、最近のポリシー変更で Dropbox を無料で使い続けるのは難しそうかつお金を払うにしてもプランが高め(最安でも ¥1,500 / 月で 2TB まで使えるプランしかない)で個人では使いづらそうなので iCloud Drive を代わりに使ってみることにした。 iCloud は今のところ無料で使ってるが 50GB 使えるプランでも月額 ¥130 なので個人で使いやすい。 iCloud Drive は Windows や Linux からは使えないが、 Linux デスクトップはもう何年も使ってないし、 Mac と iPhone にロックインされた生活に不満はないので無問題。

移行の手始めにまずは iCloud Drive にターミナルでアクセスしようとするが、 cd ~/iCloud\ Drive などではたどり着けない。以下の記事を読んで調べた。

パスは ~/Library/Mobile\ Documents/com~apple~CloudDocs で良いみたい。

~/Dropbox/memolist ディレクトリを ~/Library/Mobile\ Documents/com~apple~CloudDocs/Documents/ ディレクトリに移し、 .vimrc を以下のように書き換えた。

diff --git .vimrc .vimrc
index 6c4987e..56882b2 100644
--- .vimrc
+++ .vimrc
@@ -568,7 +568,7 @@

     " memolist.vim {{{

-      let g:memolist_path = "~/Dropbox/memolist"
+      let g:memolist_path = "~/Library/Mobile Documents/com~apple~CloudDocs/Documents/memolist"
       let g:memolist_unite = 1
       let g:memolist_unite_source = "file"
       let g:memolist_unite_option = "-auto-preview -start-insert"

これで Memolist.vim の Markdown ファイル保存先を iCloud Drive に移行できた。

| @技術/プログラミング

ヒトデさんの以下のツイートを目にして便利そうだと思ったので fish + peco + vim でやってみることにした。

以下のような fish 関数を追加した上でショートカットキーを bind しておいた。

function peco_gitlsfiles_vim
  git ls-files | peco --query "$LBUFFER" | read selected
  if [ $selected ]
    vim $selected
  end
end
function fish_user_key_bindings
  fish_vi_key_bindings
  bind \cg\cv peco_gitlsfiles_vim
  bind -M insert \cg\cv peco_gitlsfiles_vim
end

これまで一旦 vim を閉じてしまうとファイルを開きたいときには vim . して Unite で調べててたけど、いきなり git ls-files して peco して絞り込めるようになってとても便利になった。

2018-06-20 16.48.40.gif

| @技術/プログラミング

Vim で Markdown を編集するとき、 vim-quickrun を使って Marked でプレビューするようにしてる。これが便利で体に染みついてるので、 Deckset で表示する用の Markdown スライドを Vim で編集しているときに一発で Deckset を開いてプレビューできたら便利だなと思ったので以下のようにしてみた。

  1. ファイルのパスに slides が含まれていたら filetype を markdown.slide にする
  2. そんで ft=markdown.slide のときは vim-quickrun で Deckset にファイルをプレビューできるようにする

こんな感じ。

au Bufread,BufNewFile /*/slides/*.markdown set filetype=markdown.slide
let g:quickrun_config['markdown.slide'] = {
      \ 'outputter' : 'null',
      \ 'command'   : 'open',
      \ 'cmdopt'    : '-a',
      \ 'args'      : 'Deckset',
      \ 'exec'      : '%c %o %a %s',
      \ }

便利。

| @技術/プログラミング

@glidenote 先生作の memolist.vim 便利で、仕事のドキュメントからメモ書き、ポエムに至るまで memolist.vim で書いてるけど、 ~/Dropbox/memolist/ にドキュメントが溜まりまくって厳しい感じになってきてた。文章を書く、ということに関しては vim + memolist.vim はとても良いのだけど、書いたものを後から読み直す、という面では弱い部分があると感じる。 iPhone で読みづらいし。その点、 Day One は過去記事を読みやすいし、 iPhone アプリもあるので夜寝る前に過去に書いた文章を読んでニヤニヤしながら眠ることも出来る1

というわけで ~/Dropbox/memolist/ にある Markdown のファイルを Day One.app ( Day One 2)に取り込むやつを書いた。

タイトルにマッチする文字列が入ったファイルを除外したり、その日以降のやつだけ、という感じで絞り込み指定したりできる。めっちゃ便利。

使い方

rb-dayonejson gem が必要なのでインストールしてください。 --execute オプションを付けないとデフォルトは dry-run です。

Example) 今日書いた記事をインポートする

ruby memolist2dayone.rb

Example) 2015/01/01 以降の記事を取り込むが、「日報」という文字列をタイトルに含む記事は除外する

ruby memolist2dayone.rb --since 2015/01/01 --exclude 日報

Example) ~/Dropbox/memolist 以外のディレクトリを対象ディレクトリにしたいとき

ruby memolist2dayone.rb --target_dir ~/memolist/

  1. 前も似たような記事書いてる。 昔の日記を全部 Day One.app にぶっ込んだ - portal shit!