| @旅行
 旅行中、旅先の人にいやな目に遭わされたことはなかったが、同じ旅行者にはだいぶ迷惑をかけられた。マナーとかデリカシーがなってないのは後進国の人に多そうだが、そうでもなくて、一番迷惑をかけられたの...

 旅行中、旅先の人にいやな目に遭わされたことはなかったが、同じ旅行者にはだいぶ迷惑をかけられた。マナーとかデリカシーがなってないのは後進国の人に多そうだが、そうでもなくて、一番迷惑をかけられたのはニュージーランド人である。

 奴らは夜中にとにかく叫んで暴れる。午前一時過ぎ、宿で寝ていたら、壁をがんがん蹴りつける音と連呼されるF wordで目が覚めた。とにかく人の迷惑お構いなしである。

 「わずかな経験で、すべてのアングロサクソンに偏見を持つべきではない」という意見もあるかもしれない。確かにその通りである。イギリス人だってアメリカ人だってオーストラリア人だってニュージーランド人だって、なかにはいい奴もいるだろう。しかしアングロサクソンに特徴的なのは、旅行にきても自らの生活パターンを崩さず、自分たちの流儀を押し通そうとする姿勢である。

 たとえばアングロサクソンは、旅行にきてもあまり観光をしたり土地のものを食べたりしないみたいである。昼過ぎに起きだしてぷらぷらし、ホステルのキッチンで自分でインスタント食品を調理して食事を済ませ、夜にバーかクラブに出かけて大はしゃぎし、明け方宿に帰って来るというパターンのようだ。クラブに行ったりしそうにない大人しそうな人でも、昼間は宿でペーパーバックを読んでいて、結局観光はしていないみたいである。

 もちろん、日本人顔負けに分刻みでありとあらゆる観光地を回り、土地のきわどい食べ物にも果敢にチャレンジするアングロサクソン・バックパッカーもいるのかもしれないけど、宿で遭遇するアングロサクソンたちは総じて上述したような時間の過ごし方をしていた。

 旅行に来たなら観光地を訪れて、その土地の料理にもチャレンジしてみるべきだと思う。旅行に来てまで自分の国と同じような生活をしていては、何のために高い航空券代を払ったのかわからない。昼過ぎまで寝てクラブに出かけたり、インスタント食品を食べたり、小説に没頭したりするのは自分の国でやればいい。特に旅行にきてまで昼まで寝ていたりするのは、相部屋の人に気をつかわせるし、夜中に帰ってきてどたばたされると迷惑だからやめてもらいたい。

 とはいえ、英語を話せれば世界中どこでもだいたい旅行ができるのは、彼らアングロサクソン族が世界の至る所で自分たちの流儀を押し通すからなんですよね。結局我々も彼らの恩恵に与っているというわけです。

この記事に似ている記事

  • レズリーズ・カメラ January 03, 2006
    Screenshot
     暗い雰囲気がブログを覆っているので、ここで一発面白い(?)記事でも書きましょう。 旅行をするにあたって、日本からあらかじめ宿を予約して行ったのは一泊目のフランクフルトだけだった。だからフランクフルトの後に訪れたハイデルベルクという街で、宿探...
  • 英語の歴史 February 06, 2009
    Screenshot
    去年の秋、『日本語が亡びるとき』が話題になってたときに、読んでみようかなーと本屋に行ってみたもののAmazonで人気の本が田舎の本屋に置いているはずもなく、しょうがなく代替品として買った『英語の歴史―過去から未来への物語』をようやく読み終えた...
  • 黒川温泉 July 18, 2006
    Screenshot
     黒川温泉の名物旅館経営者と温泉教授の対談本、『黒川温泉 観光経営講座』(光文社新書)を読みました。温泉街の旅館の経営ってスポーツチームの経営に近いですね。  二月くらい前に日経の経済教室で読んだんですが、スポーツの経済学というのがあるらしい...
  • Chjd4pbukaaqqbp
    結婚して新婚旅行に行ってなかったので、新婚旅行代わりに息子殿もつれて三人でギリシャとクロアチアに行ってきた。アテネまでの飛行機はカタール航空で、アテネからギリシャの島々への飛行機、フェリー、クロアチアへの飛行機、すべての宿泊は自分たちで手配し...
  • アテネ紀行 July 16, 2015
    1019 athens parthenon 3
    2015年6月22日振り替え便は 8:10 と聞いていたので 6 時に起きて飛行機に乗る準備をした。 7 時前にチェックアウトして空港に向かうと、昨日見た顔の人たちが何人かいた。タクシー代の精算を済ませ、搭乗手続きをして飛行機に乗ると、エーゲ...
  • Screenshot
     余丁町散人の隠居小屋というブログを読んでいたら、こういう記事に出くわした。山中湖村と河口湖町はどうしてあんなに雰囲気が違うのか?日本の観光地といえば、いずれも俗悪な看板が立ち並ぶ商業化された場所というイメージがあるのだが、山中湖村は観光地と...

Comments


(Option)

(Option)