一昨年、会社を変わったときに Happy Hacking Keyboard Professional 2 を買った んだけど、貧乏性のためなかなか会社に持っていって使うという気にならず、会社では3年前に買った HHK Lite2 を使い、Pro の方は家で使っていた。

しかしよくよく考えると家でコードを書く時間よりも会社でコードを書く時間の方が圧倒的に長いわけで、一番長くコードを書く時間を一番良いキーボードととともに過ごした方がよいのではないかと考えを改めて HHK Pro を会社で使うことにした。

連休明けの火曜から HHK Pro でコードを書いていて一週間が終わったところだけど、会社で毎日8時間以上使うことで初めて良さが分かったような気がする。Lite に比べてしっかりしている。Lite はカチャカチャとうるさいけど Pro は激しくキーを叩いても静かだ。それなのに押したときの反発は Lite の方が重く、Pro の方が軽い。Lite はカチャカチャしていておもちゃのようで、音を聞くだけで疲れる。

キー配列に関しても、HHK Pro はただの US 配列とは異なっていて、チルダキーの位置や Control キーの位置が一般的な US 配列よりも利用しやすい位置に置いてある。正直プログラミングしやすい。

HHK Pro を使うことで困ることと言ったら、それ以外のキーボードを利用したくなくなることだと思う。家でも職場でも HHK Pro が使いたくなる。自分の場合は HHK Pro を二つも買えるような財力はないので、そもそも HHK Pro を買ってしまったのが失敗だったのかも知れない。毎日 Amazon を開いてため息をつきながら HHK Pro をカートに入れたり戻したりしている。

この記事を参照している記事

Comments


(Option)

(Option)