| @技術/プログラミング
lokka/lokka 、 Pull Request を出す度に Hound CI のチェックが走って bot にコードレビューでぼこぼこにされるので、この bot を黙らせるべくガチャガチャ...

lokka/lokka 、 Pull Request を出す度に Hound CI のチェックが走って bot にコードレビューでぼこぼこにされるので、この bot を黙らせるべくガチャガチャやってた。 Hound CI のチェックルールは Rubocop に準拠しているようで、 2011 年からある Rack アプリを Rubocop のチェックにかけるのは面白かった。

Lokka 、意外と Hacky なコードが多く、条件式内での代入とか、ヨーダ記法とか、後置の until とか、スコープが広い一文字変数とか、めっちゃ長いメソッドとか、 if 文のネスト、代入したものの使われてない変数なんかを修正した。 method_missing はカスタムフィールドを定義できるという Lokka の仕様上根絶できなかったけど、 .rubocop.yml に最低限の除外ルールを追加して Rubocop のチェックはパスするようにできた。

Lokka 、 ORM が ActiveRecord じゃないことが問題だと思ってたけど、真の問題は lib/lokka/helpers/{helers,render_helper}.rb にビジネスロジックが詰め込まれてることだと思った。しかもこのあたりのコードの可読性がよくなく、触るのが怖い感じの複雑なやつが多い。この辺のコードをもうちょいクラス化して分割し、ユニットテストも手厚くしていかないと ORM を変えても F/E を今風にしてもウェブアプリケーションとして生存していくことは厳しいと思う。

前に進んでいくためにも Rubocop のチェックを入れる&パスさせるのはプラスになると思う。 頑張ってメンテしていくぞ。

追記

この辺のコードをもうちょいクラス化して分割し

と書いたけど、 Rails と違って手軽にサクッと作れるのが Sinatra の良い所なわけではあって、仕事で作る Rails アプリのノリでクラスやファイルを分割したりするのは違うのかもしれないと思った。 Rails で作られたオープソースの CMS やブログツールに長生きし続けるものがないのも、 Rails の場合、個人が偶発的に始めてメンテ出来るようなものになりにくいからかも知れない。

とはいえヘルパーがビジネスロジックを所持しているのはテスタビリティやメンテナビリティが良くないので Lokka と心中する覚悟でやっていくぞ!!!、!

| @技術/プログラミング
Pinboard にブックマークしたらはてなブックマークに同期するやつを作った。なんで Pinboard を使うのか、どうしてはてブに一本化しないのかというと、洋物のサービスを使うときに Pin...

Pinboard にブックマークしたらはてなブックマークに同期するやつを作った。

なんで Pinboard を使うのか、どうしてはてブに一本化しないのかというと、洋物のサービスを使うときに Pinboard の方が使いやすいから。 IFTTT に Pinboard 連携機能はあってもはてブ連携機能はないし、 Delibar や Reeder や ReadKit も Pinboard には対応しているけどはてブには対応してない。あと Pinboard は広告出ないしホッテントリ的なものもないので気がついたら Amazon で買い物してたとかホッテントリの海に溺れてた、ということも起こらない。とはいえはてブのコメントでキャッキャッウフフはしたい。なのでブックマークするときは両方にしたい。パソコンの Chrome からブックマークするときは Taberareloo でクロスポストできるのだけど、最近 iPhone からブックマークすることが増えて(iPhone 進化し過ぎて仕事するときしかパホコン使わなくなった) Pinboard とはてブにそれぞれブックマークするのがだるかった。そういうわけで Pinboard をメインにしつつはてブに同期を試みた。

はてなスタッフの aereal さんが作ってるはてブ API 用の gem (aereal/hatena-bookmark-restful: A client library for Hatena::Bookmark RESTful API)あって使わせてもらったのだけど、これはそのままだと使えない。タグが複数あるケースに対応してない& User-Agent を送らないので API 側から 401 Unauthorized が返ってくる。なので雑にモンキーパッチした。

はてなブックマークの API は tag を 10 個まで設定できるけど、以下のように Request Body が Encode されるのを期待しているっぽい。

"comment=&tags=ruby&tags=http&url=https%3A%2F%2Fgithub.com%2Flostisland%2Ffaraday"

この様な Request パラメーターを Ruby で表現すると以下のような Hash になると思う。

params = {
  comment: '',
  tags: ['ruby', 'http'],
  url: 'https://github.com/lostisland/faraday'
}

Hash は当然のことながら同じキーを複数持つことはできないから、 tags は配列として表現される。これをこのまま Faraday (Ruby の HTTP クライアント。上述の gem でも使われてる)に渡して Request Body を生成するとエラーになってしまうのだった。

最近の Faraday には encode option が追加されて FlatParamsEncoder というのを選べるようになってた。こいつを使うと配列を value に持つ Hash をシリアライズしたときに tags=foo&tags=bar みたいな形式にしてくれる。加えて User-Agent も載せるようにもした。こんな感じ。

class Hatena::Bookmark::Restful::V1
  def create_bookmark(bookmark_params)
    res = connection.post("/#{api_version}/my/bookmark") {|req|
      req.params = bookmark_params
    }
    attrs = JSON.parse(res.body)
    bookmark = Bookmark.new_from_response(attrs)
  end

  private

  def connection
    @connection ||= Faraday.new(url: 'http://api.b.hatena.ne.jp/') do |conn|
      conn.request :url_encoded
      conn.options.params_encoder = Faraday::FlatParamsEncoder
      conn.request     :oauth, {
        consumer_key:    @credentials.consumer_key,
        consumer_secret: @credentials.consumer_secret,
        token:           @credentials.access_token,
        token_secret:    @credentials.access_token_secret
      }
      conn.headers['User-Agent'] = 'Hatena::Bookmark::Restful Client'
      conn.adapter Faraday.default_adapter
    end
  end
end

なおはてブの API はリクエストパラメーターが不正なとき 400 Bad Request を返すのではなく 401 Unauthorized を返す。のみならず User-Agent なしのリクエストに対しても 401 を返す。一方で OAuth ヘッダーが不正なときは 400 を返す。原因の切り分けがむずかしくなるので、リクエストパラメータが不正なときは 400 を返して欲しいし認証できないときは 401 を返して欲しい。

追記 2017-05-22 18:34:38

作者の aereal さんに気づいてもらってパッチを取り込んでもらったんだけど、なんかやっぱりタグありの記事をブックマークしようとするとエラーになるっぽい。相変わらず 401 Unauthorized が返ってくる…。

| @技術/プログラミング
Archives ページは部分的に React.js を使ってる。これを全部 React にして SPA 化してみたい。そのためには Server Side Rendering が必要。Ruby...

Archives ページは部分的に React.js を使ってる。これを全部 React にして SPA 化してみたい。そのためには Server Side Rendering が必要。

Ruby で Server Side Rendering するライブラリでは react-rails が有名だけど、 Rails 以外で Server Side Rendering したい。

有名なやつでは airbnb の hypernova というのがあった。これ自体は Node.js で、 hypernova-ruby というクライアントからサーバーを呼び出して Server Side Rendering するというもの。なのでサーバー側に一個プロセスが増える。開発環境でも Node.js でプロセス起動したりしないといけない。仕事で Microservice には食傷気味になってきてるので趣味では Majestic Monolith™ で行きたい。

名前似てるけど Hyper-Ract というやつもあった。これは過激で JavaScript とか HTML を排除して Ruby で全部書こうぜという Opal が React 対応したもの。良いんだけど F/E の進化早すぎ問題に対応できなくなる気がする。数年後には CoffeeScript みたいになりそうな予感がある。スタンダードでシンプルなものを使いたい。

もう一個、スター全然付いてないしメンテナンスもされてなさそうなんだけど、 V8 で React 読み込んで出力するだけという簡単なのもあった。react-ruby-v8 という直球な名前。こんなので十分かもしれない。

| @技術/プログラミング
Pull Request 、レビューしないといけないものが貯まってしまってつらいと感じることが多かった。そういうつらみを解消するための ruboty プラグイン作った。ruboty-cron と...

Pull Request 、レビューしないといけないものが貯まってしまってつらいと感じることが多かった。そういうつらみを解消するための ruboty プラグイン作った。

ruboty-cron と組み合わせて

@ruboty [GitHub の Issue のラベル名]のPull Request

という感じで job 登録しておくと、毎時決まった時間になったら Bot が Pull Request のレビューを促す。

便利。

使い方

  1. ruboty の Gemfile に gem 'ruboty-check_pr_please', github: 'morygonzalez/ruboty-check_pr_please' と追加する
    • 定期的に動かすためには ruboty-cron もいる
  2. ruboty の .env に GITHUB_ACCESS_TOKENGITHUB_REPOSITORY='owner/repo' を書く
  3. ruboty をデプロイする

開発時に苦労した点

ruboty 、 rubory とタイポしてしまうこと多くてつらかった。

| @技術/プログラミング
Fukuoka.rbで Ruby で連続するダブルクオートの扱いについて @nagachika さんに聞いたら面白い話が聞けた。Lokka のテストで FactoryGril でフィクスチャーデ...

Fukuoka.rbで Ruby で連続するダブルクオートの扱いについて @nagachika さんに聞いたら面白い話が聞けた。

Lokka のテストで FactoryGril でフィクスチャーデータ作ってるところに、以下のような文字列があった。

  factory :post do
    association :user
    sequence(:title){|n| Test Post #{n}” }
    body <p>Welcome to Lokka!</p><p><a href=“”/admin/“”>Admin login</a> (user / password : test / test)</p>”
    type ‘Post’
    created_at create_time
    updated_at update_time
  end

この body の部分で、ダブルクオートが連続して書いてある場所があって、ここがらみでテストを流してたら失敗する現象に遭遇した。テストに失敗したときのメッセージは以下。

Failures:

  1) Post markup default should == “<p>Welcome to Lokka!</p><p><a href=/admin/>Admin login</a> (user / password : test / test)</p>”
     Failure/Error: it { post.body.should == post.raw_body }
       expected: “<p>Welcome to Lokka!</p><p><a href=/admin/>Admin login</a> (user / password : test / test)</p>”
            got: “<p>Welcome to Lokka!</p><p><a href=\”/admin/\”>Admin login</a> (user / password : test / test)</p>” (using ==)
     # ./spec/unit/post_spec.rb:56:in `block (4 levels) in <top (required)>

なんか expect の方で HTML 内のダブルクオートが省略されてる。ダブルクオートが連続してるのが怪しいなと思って、文字列内でダブルクオートが連続したら、一つ目の はエスケープ文字列みたいな扱いになるのかなと思った。

しかし実はそうではなくて、 @nagachika さんの説明によると、ダブルクオートが連続した場合、一つ目の " で文字列の終端と判定される。すぐ右隣の " は新しい文字列の開始と見なされ、結果としては文字列として連結されるらしい(C 言語由来の慣習とのこと)。

たとえば、次のような文字列は

<p>Welcome to Lokka!</p><p><a href=“”/admin/“”>Admin login</a> (user / password : test / test)</p>”

“<p>Welcome to Lokka!</p><p><a href=“”/admin/“”>Admin login</a> (user / password : test / test)</p>” という三つの文字列と見なされ、クオートとクオートの間に何も挟まらないので自動的に一つの文字列として連結され、以下のようになる。

<p>Welcome to Lokka!</p><p><a href=/admin/>Admin login</a> (user / password : test / test)</p>”

これ、なぜいままで Lokka でこの状態で CI のテスト通ってたのかわからないけど、今日 wercker で CI の設定していてテストが通らなくてこの問題に気がついた。同じように手元でテスト実行しても落ちた。ひょっとすると Ruby 2.1.0 で落ちるのかも知れない。いずれにせよ "" は使わない方が良さそうなので修正して Pull Request 出そう。