DSC_3779.jpg

久々に開発環境をいじってて brew upgrade tmux したら色々ぶっ壊れてつらい。

具体的には以下のブログを参考に、 pane の swap を screen 風にしていた設定が効かなくなってしまった。

tmuxのペイン切り替えをscreenみたくする(ターミナルマルチプレクサ Advent Calendar 2011 23日目) - kozo2のはてなダイアリー

tmuxのペイン切り替えをscreenみたくする(ターミナルマルチプレクサ Advent Calendar 2011 23日目) - kozo2のはてなダイアリー

ターミナルマルチプレクサ Advent Calendar 2011の23日目でございやす。 すいやせん、日またぎ遅刻しやした。tmuxはscreenと比べると設定をあまりせずとも便利に使えるのがいいところですが、screenから乗り換えた際にどうしても不便に感じるのがact...

kozo2.hatenadiary.org

## paneの入れ替えをscreenっぽく
bind-key C-n swap-window -t:+ \; swap-pane -s:-
bind-key C-p swap-window -t:- \; swap-pane -s:+

こういう使い方をしていた。

# 状態 1
window 1 A|[B] <- window 1 の pane B がアクティブ
window 2 C     <- window 2 に pane C が単独で存在

C-b C-n を入力し、以下のような配置になっていた(これまで)。

# 状態 2 (tmux 2.8)
window 1 A|[C] <- window 1 の pane B があったところが pane C になる
window 2 B     <- window 2 には pane B が単独で存在

ところが tmux 2.9a 以降ではこんな風になってしまう。

# 状態 2 (tmux 2.9a)
window 1 [B]   <- window 1 pane B が単独で存在しアクティブ
window 2 A|C   <- window 2 に pane A と C 単独で存在

このほかにも tmux-powerline が綺麗に動かなくなったりして色々厳しい。 tmux は 2.8 までが安定している気がする。

仕事ではほとんどコード書かなくなってしまったのでたまの休みで時間があるときになんかやろうとするとこういうトラブルに遭遇して死んでしまう。プログラミングスキルのみならず開発環境の維持・セットアップにいたるまで、プログラミングに関連するあれこれは料理人が日々包丁の手入れをするように常日頃から磨いていないとさび付いてしまう。

追記

tmux の件は以下なんかを参考にしてみようかな。

tmux-change-paneというコマンドを作った

tmux-change-paneというコマンドを作った

ota42y.com

さらに追記(2019-08-25T11:34:25)

.tmux.conf を以下のようにしたら解決した。

bind-key C-n swap-pane -t:-
bind-key C-p swap-pane -t:+

むしろ最近の変更で tmux の pane スワップの挙動が自分の好み( screen 風)に近づいたみたい😅

Comments


(Option)

(Option)