| @ブログ

OS の設定に応じて自動的にダークモードとライトモードを切り替える(メディアクエリで prefers-color-scheme: light とかやる)ようにしていたが、自分でブログを見ていてダークモード状態で閲覧する時間が短いことに気がついた。考えれば当たり前で夜は寝てるのでダークモードで閲覧する時間が短くなるのは当然だ。個人的には自分のブログはダークモードのときのデザインが気に入っている( 10 年くらい変えてない)ので、 OS のテーマ設定に加えて閲覧者が自分でダークモードかライトモードかを選べるようにした。設定値は Cookie に保持するようにしてる。個人的に便利になった。切り替えは About ページ内か以下の テーマ変更 ボタンでできるようになっている。

| @ブログ

Lokka の検索はキーワード一つにしか対応していなかった。例えば うどん ラーメン と入力すると、確実に うどん ラーメン という語順で検索が行われる仕様になっている。これはちょっと不便だと思ったので半角スペースでキーワードを分割して AND 検索するようにした。つまり確かに うどん ラーメン という語順で文章が書かれていなくても、 ラーメン うどん という語順だったり、そもそも うどんラーメン が離れたところに書いてあるような文章でもオッケーな仕様にした。 diff はこんな感じ。

一般的な検索システムだと入力された検索キーワードを品詞分解したりして半角スペース入れたりせずともいい感じに検索できるのだろうが、データベースから直接検索するシステムではこれくらいできれば十分かなと思ってる。どうせこのブログで検索してるの自分一人くらいだし。

| @ブログ

シダの新緑
シダの新緑

最近、ブログに Amazon アソシエイトの広告が表示されなくなっていた。記事の新規公開時だけでなく、最新の価格情報を取得するため 24 時間のみキャッシュして都度新しいデータをとるようにしていたが、商品が 30 日間売れなかったため API へのアクセス権を剥奪されてしまったようだ。アフィリエイト報酬がもらえないのもさみしいが、それよりも記事に商品の画像を表示出来ないのが悲しい。結構頑張って仕組みを作ったのに。

ドキュメントには以下のように書いてあった。

Note that your account will lose access to Product Advertising API 5.0 if it has not generated referring sales for a consecutive 30-day period.

API Rates · Product Advertising API 5.0

これはかなりきびしい。 30 日間でものが売れないことなんてザラにある。 ものが売れない -> API のアクセス権剥奪 -> 商品情報取得できない -> ものが売れない の負のスパイラルに陥ってしまうので基本的には抜け出すことはできない。

Google Adsense といい、個人の泡沫ブログで小銭を稼ぐのがどんどん難しくなっていく。

| @ブログ

Composing HEY World
Composing HEY World

メールを送るだけでブログを書ける HEY World はとても体験が良い。入力しなければならないのはタイトルと本文だけ。カテゴリーやタグを選んだり、公開時の URL を選んだり、日付を設定したりできない。しかしそのせいで内容に集中できる。

ブログは万年筆のように書き味が大事だと思う。 HEY のメール作成画面は飛び抜けて良いわけではないが、ほどほどに良い。残念ながらこのブログの投稿欄よりも良いのは確実。別のエディターで下書きして貼り付ける手間がなく、いきなり書いて Send ボタンを押すだけでブログを公開できるのはとにかく便利。下書きはメールの下書きとして保存すればよく、出来上がったら world@hey.com に対してメールを送信する。ブログを書きたいけど管理画面にログインするのが面倒くさいとか、小さなフォーム入力欄で文章を書くのがかったるいというような、ブログを書くための障害をあらかた取り除いている。

メールはスパムによって程度の低い通信手段にされてしまったが、メールによって情報発信をする手法は見直されて良いと思う。昔はモブログという概念があって、ガラケーからメールでブログ投稿できる機能を備えてるブログサービスがあった。このブログにもメール投稿の機能を付けてみたいと思った。

| @ブログ

※いまブログに広告を表示されてる方たちを攻撃する意図はないです

高尚なことが書かれてるブログに、手のしみとりとか豊胸とかエログロ漫画の低俗広告が表示されてると、どんなに立派なことが書いてあっても説得力を感じなくなってしまう。

自分も一年前まではブログに広告を出していた。

広告の表示はやめて本当によかったと感じる。いまからもう一度広告を表示する気にはなれない。

広告を表示していた頃は、低俗広告がいかにコンテンツ内容を毀損していたかということに気が付けていなかった。何か大事なことをシリアスに書いていても、そのすぐ脇に発毛剤とか精力剤とかエロゲームの広告が表示されていたらそれはギャグでしかない。

そもそも自分のブログの一番の読者は自分であり、広告を表示することで自分自身が見ても一円の得にもならない低俗な広告を延々見せられ続け、無料で広告を表示できて広告主が得をするだけだ。

半年に一度数千円もらうために記事内容を毀損するような低俗広告を表示するのはトータルで考えるとむしろ損だ。モチベーションを維持するために金銭的な報償が必要なのであれば、アドセンス広告よりも GitHub Sponsors とか、懐に余裕がある人からの支援を募った方が良いと思う。 Hail2u.net のながしまきょうさんがこの手法をとっていてなるほどと思った。コードを書かない人であれば Gumroad とか Patreon とかにすればいいし、 Amazon のウィッシュリストを掲載するのでも良いと思う。

広告によって無料でいろんなものを提供するのは、少額決済の仕組みがなかった時代に苦肉の策で生み出された手法だ。いまは 100 円、 200 円でもインターネット越しにお金を集めることができる。コンテンツを提供する側はたとえ個人のブログであったとしても安易に広告で収益を得ようとするのをやめて、お金が必要なのであれば真剣にマネタイズと向き合う必要があるだろう。

| @ブログ

iPad を持っていないので確認していなかったのだけど、タブレットなど狭めの横幅のブラウザーでこのサイトのインデックスページを見ると残念な感じになっていたのでいい感じに調整した。横幅 1113px 以上だと past-entries セクションが 3 カラム表示になり、 1112px 以下だと 2 カラム表示に、 640px 以下だと 1 カラム表示になるようにした。これまでは 640px 以下のときの 1 カラム表示対応しかなくて、横幅が狭いブラウザーで見たときに悲惨なことになっていた。

デスクトップ表示
デスクトップ表示

タブレット表示
タブレット表示

スマートフォン表示
スマートフォン表示

その他、フッターの人気記事表示を変更した。インデックスページに最近の人気記事とはてブでホッテントリ入りした記事を表示するようにしたので、同じコンテンツがフッターにあるのは無駄だと感じた。かわりにフッターには今日と昨日の人気記事を表示するようにした。

今日の人気記事と昨日の人気記事
今日の人気記事と昨日の人気記事

よく読まれる記事の傾向はその日その日で結構違う。新しい記事を書くと当然その記事にアクセスが集まるのだけど、しばらく何も書いていないと意外な記事がアクセスを集めてたりして発見がある。例えば最近では Flickr の有料化についての記事がアクセスを集めていたが、 Google Photos の有料化が発表されたからだった。いっぱい記事を書いておくと、自分のブログへのアクセス傾向から世の中の動きが確認できて便利だ。

| @ブログ

インデックスページにカテゴリーへの導線を作るべきということを書いたがさすがにラディカル過ぎた。

インデックスページのコンテンツ数が増え、ページの応答速度が 800ms ほどになっていた。 DOM サイズも大きくなり、転送量が増えてユーザーフレンドリーではないなと思った。確かにユーザーの回遊性は高まるかもしれないが、ページがごちゃごちゃしていて快適ではない。これではブログサービスでブログをやっているのと大差ないと思い直し、インデックスページの記事数を最小限に絞った。

少しシンプルになったインデックスページ
少しシンプルになったインデックスページ

全カテゴリーの最新記事の表示はやめ、最新の 7 記事だけ表示するようにした(最新の記事だけ大きく表示するというスタイルは残している)。カテゴリー一覧ごとの最新記事は別途 カテゴリー一覧ページ を用意してそちらに移した。

またページ下部に最近閲覧数が多い記事とはてブでホッテントリ入りした記事へのリンク1を付けた。これまではフッターに表示していたが、フッターのリンクはあまりクリックされていない疑惑があるし、結構面白コンテンツだと思うのでインデックスページのメインコンテンツとしてしつらえることにした。そもそも 21 世紀のブログでフッターなんてものはいらないのかもしれない。

人気記事一覧
人気記事一覧

シンプルにしたインデックスページは応答速度が 200ms を切っていてまぁまぁ高速で Google PageSpeed Insights でも 90 点くらいを取れる。個人ブログなのでシンプリシティは大切にしたい。