| @写真
2018 年末に NIKON Z6 を買った。その前は NIKON D90 を 10 年近く使ってた。 NIKON D90 で撮れる写真にあまり不満はなかったが、フルサイズへの憧れと動画性能のし...

2018 年末に NIKON Z6 を買った。その前は NIKON D90 を 10 年近く使ってた。 NIKON D90 で撮れる写真にあまり不満はなかったが、フルサイズへの憧れと動画性能のしょぼさ(静止画は D90 の方がよいものが撮れるが、動画は明らかに iPhone の方がよいものが撮れた)に困っていて買い換えを決意した。人生で初めて新発売のカメラを発売前から予約して購入した。 48 回分割払い。

NIKON Z6 の良さは色々ある。通し F4 で撮れる 24-70m レンズ(レンズキットを買った)、 ISO 感度の高さ、チルト液晶、奥行きにも対応したデジタル水準器、 SnapBridge 対応(スマートフォンの GPS を利用した位置情報埋め込み、撮った写真をすぐに Bluetooth でスマートフォンに送れる)などなど。スマートフォン時代に対応するための正統進化という趣がある。 NIKON は真っ当ないい製品を作ったなと思う。

というわけでまずは NIKON Z6 で撮った写真からご覧下さい。そのあとに iPhone 7 で撮った写真で今年を振り返ります。

NIKON Z6 で撮った写真

阿蘇山

箱石峠から眺める阿蘇高岳

阿蘇山はいろんな角度から眺められるのがよい。これは車の助手席から撮った。 Z6 では動いている車の中からでもこういう写真が撮れて驚いた。

阿蘇山上から望む普賢岳

草千里展望所から熊本市の先の方に普賢岳を望む。こういう色が撮れるのにはぶっ飛んだ。レンズが 70m までしか望遠できないので普賢岳はちっこくしか撮れてない。

夕暮れ時の草千里と中岳火口

こちらは草千里の向こうに中岳火口。適当に撮ったが手ぶれなしで撮れてしまって驚いた。 D90 だったら確実にブレブレ写真になっていた。

食い物

いっぷくラーメンのチャーハン

コストコの行き帰りで立ち寄るいっぷくラーメンのチャーハン。湯気の感じまで撮れてる。

Connect Coffee のアフォガート

コストコに行ったら長蛇の列で並ぶ気が起きなくて離脱して天神のカフェで飲んだアフォガート。エスプレッソを垂らす感じが撮れた。

ボンバーキッチンのチキン南蛮

薬院六つ角の近くの洋食屋。ボンバーキッチンかニュースマイルに行くと 1000 円足らずで最高に幸せな気持ちになれるが、その幸福感を写真に収めることができた。こういう写真をもっと撮りたい。

長崎の街

出島アパートの壁

ランタンの明かりでアパートの壁が赤くなっている。蛍光灯の明かりが当たっている部分はきちんと青みがかった白で撮れている。ホワイトバランスが優秀。適当に撮ったが手ぶれしなかった。

出店の天津甘栗

これも適当に撮ったが圧倒的な迫力を感じる写真を撮れてしまって驚いた。栗を煎る機械の年季の入り具合が迫ってくる。

長崎の山

家族で烽火山という長崎の山に登ったときの写真。下山口のお寺というかお堂に、キリシタン時代に破却されたあと江戸期に修復されたと思われる首に修復痕のある地蔵がたくさんあったのが記憶に残っている。

長崎の地蔵

結構な地蔵の首が一度切断されたあとつなぎ直されている。

長崎の地蔵

この地蔵の首は無事のように見える。

長崎のお堂

まるでチベット仏教の寺院のようだと思った。

長崎の地蔵

何とも言えない、七福神の中の一つのようなミニ像が置いてあった。誰が何のために置いたのかもわからない。

瑞梅寺川の桜と COFFEE UNIDOS

瑞梅寺川の桜

デジタル水準器のおかげで水平のおかしな写真を撮る機会が減った。

COFFEE UNIDOS の電球

瑞梅寺川の桜を見たあとに COFFEE UNIDOS に行った。暗いところで明るいものを撮らせるとかなりバリッとしたいい写真が撮れる。

ゆらりんこ橋の桜

瑞梅寺川の桜ほかに、二丈岳の登山口のゆらりんこ橋の桜を見に行った。ここは菜の花畑があって桜と一緒に見ることができる。

ゆらりんこ橋の桜と菜の花 ゆらりんこ橋の桜と菜の花

これはかなり暗くなってから撮った写真だが、夕暮れ時に Z6 は強い。

熊本の桜

友だちの結婚式で 3 月末に熊本に帰った。パイロットとフライトアテンダントの結婚式で、パイロットとフライトアテンダントばかり来ててインスタグラム感あった。

二次会を途中で抜けて熊本城に行った。 Z6 でオートで撮ると感度をはちゃめちゃに上げるのでこんな感じの写真が撮れる。

DSC_1254.jpeg DSC_1260.jpeg

もちろん肉眼で見るより明るい。きっと Pixel 3 とか iPhone 11 とかだったら機械学習でノイズを抑えつつ肉眼より明るく撮ってくれるのだろうが、 Z6 ではノイズとノイズ除去でのっぺりかつざらざらした写真が撮れる。オートでこういうノイズもりもりだけどとにかく明るくしました、という写真が撮れてしまうのはちょっと残念。光学機器メーカーの NIKON は光学的に Pixel とか iPhone を圧倒できるカメラを作って欲しい。

工事用のゲートで封鎖された熊本城の姿はもの悲しさを漂わせていた。

Calling Mountain

会社主催の野外フェスがあって、久住に泊まった。かなり寒かった。

WESTBOUND 3rd Brut IPA

Z6 はやはり暗い中で明るいものを撮ると良い。

豊後牛の焼き肉

D90 だと色転びしてただろう、蛍光灯の明かりの下で火を撮る、というような状況でも Z6 のホワイトバランスは優秀だった。

ゴールデンウィーク

志高湖にキャンプに行った。キャンプ、楽しかったが周りがみんな金持ちに見えてつらい。

志高湖でキャンプ 由布岳

帰りに大観峰から眺めた阿蘇五岳。

阿蘇五岳

宗像大社

宗像大社に行った。家を出るのが遅すぎて本殿は閉まっていてお参りできなかったが、周囲を歩いて回った。宗像大社と沖ノ島は一体として存在しているのだということを学べた。宗像四塚縦走にチャレンジしてみたいという気持ちが強まった。

宗像大社 宗像大社 宗像大社

宝満山登山

7 月末の盛夏に宝満山に行った。かなり暑かったが、竈門神社の風鈴が涼しげだった。

宝満山の地蔵 竈門神社の風鈴 竈門神社の風鈴 竈門神社の風鈴

今宿花火大会

夏には恒例の今宿の花火を見に行った。 Z6 ならすごく綺麗に花火の写真が撮れるのではないかと思ったがやはり難しかった。

長垂海岸の夕焼け 今宿の花火 今宿の花火

後ろにいたカップルの男の方がWeb制作会社勤務か何かっぽくて、花火の最中に障害が起こって電話がかかってきて「とりあえずサーバー再起動してみて下さい」と言ってたのがおもしろかった。

酒と肴ヤマニ

家の近くにちょっとおしゃんな感じの居酒屋ができたので行ってみた。家の近くにこういう店なくて感動したので調子こいて食べまくってしまって苦しかった。 Google Maps に写真投稿したら「 1000 回閲覧されました!」みたいなメールが定期的に届くようになってちょっぴり迷惑してる。

酒と肴ヤマニ はんみ揚げ

秋の始まり

すさまじい入道雲が撮れた。

入道雲

思案橋

長崎に法事に帰ったときの写真。思案橋あたりは夜に写真を撮って回るとおもしろそう。

思案橋の夜 思案橋の夜

柑子岳、サ道、すすき

家族そろって糸島の低山に登りに行った。車の底をこすってへこんだ。ぼろ車だがやっぱりこするとへこむ。

柑子岳

この頃はテレビでサ道をよく見ていたので、下山後は伊都の湯どころに行ってサウナに入りまくった。

風呂上がりに駐車場から撮ったススキと月の写真。熊本城の夜桜を撮ったとき同様、 Z6 は勝手に感度を上げるのでノイズだらけの写真になってしまい厳しかった。これはマニュアルで感度を抑制して撮ったが、そうするとシャッタースピードが落ちてしまって手ぶれや被写体ぶれが出る。難しい。

秋の月

燃える空

家の物干し台から見た夕暮れの空。燃えるような色だった。

夕暮れ

平戸

キャンプをしに平戸に行った。あまり混んでないキャンプ場を見つけてゴールデンウィークのときほどには肩身の狭い思いをせずに済んだが、家を出るのが遅すぎてキャンプ場に着くのが遅くなり、真っ暗な中ヘッドランプの明かりでテントを設営したのがつらかった。夜に肉を焼いたりしたが、キャンプは朝飯が一番おいしいし楽しい気がする。

目玉焼き 中瀬草原キャンプ場

翌日、せっかく来たからと平戸の市内を観光した。平戸、いい街だった。いつか泊まりがけで来てみたい。ちょうど平戸くんちのあとで、街はがらんどんとしていた。ものすごく切ない感じがする街並みだった。

平戸大橋 ザビエル記念教会 平戸城 平戸の街 オランダ商館跡の帆船模型 平戸の街並み

平戸に行って隠れキリシタンや松浦党の歴史に興味を持ち、司馬遼太郎の『街道をゆく』の『肥前の諸街道』を読み、 Netflix でマーティン・スコセッシの『沈黙 ザ・サイレンス』を見た。

宗像四塚縦走

社内登山で宗像四塚縦走にチャレンジした。距離は 10km 強なので糸島四座縦走に比べれば楽勝だろうと思っていたが、かなりキツかった。ひたすら上り下りの繰り返しで累積獲得票高は 1500m を超えていた。下山後はこれまで経験したことがないような筋肉痛になった。宗像の海岸から眺めた夕日がとてもきれいだった。

キツツキが開けた穴 宗像の海 夕日に染まる宗像の道路 夕日に染まる宗像の海

iPhone で撮った写真

iPhone でも条件が整うと味のある写真が撮れる。

iPhone 7 のカメラは購入当初は素晴らしいなと思ったが、やはり一眼レフのようにはいかない。大抵の写真は VSCO でフィルターをかけている。良い条件で撮られた写真(充分明るいところで撮った、あるいは夜にかなり明るい被写体を撮った)であれば、編集ソフトでいじることで結構おもしろい写真になる。画素数は 1200 万画素なので大きいディスプレイでの閲覧にも耐えうる写真になる。

天神から家まで歩いて帰宅

3 月初旬にペトロールズのライブに行った。ライブのあとは前職時代の元同僚の皆さんとウィスキーを飲みに行った。調子こいて飲んでたら終電に間に合わなくて歩いて家まで買った。ケチなのでどうしてもタクシーに乗ることができない。 0 時半頃歩き始めて家に着いたのは 3 時頃だった。途中、別府で撮った焼き鳥屋の写真。暗闇に浮かぶ提灯の感じが気に入ってる。

別府の鶏ジロー

波多江の古い家

波多江の古い家。昔は茅葺きだったのかもしれない。糸島市の福岡寄りの方ではどんどん宅地開発が行われていて、もう何年かするとこういう建物もなくなってしまうんだろう。

波多江の商店

海で独酌

リモートワークしてた頃はよく 18 時頃に仕事を終えて、歩いて海まで行って独酌してた。その頃のことが急に懐かしくなって、今年は何度か仕事帰りに海に行って独酌した。夏は日が長いのでこういうことが良くできていた。

長垂海岸で独酌 長垂海岸で独酌

こういうことができる余裕みたいなのが後半に向かうにつれてなくなってきたので大事にしたい。

焼きそば

今年は再び昼に外食をするようになったので、昼飯の写真を何度か撮った。 iPhone で食べ物の写真を撮ると大抵まずそうに見えるが、これはいい感じに撮れた。無加工。ここのお店はお好み焼き屋だが圧倒的に焼きそばの方がうまい。というかお好み焼きは頼んではいけない。

ひなやの焼きそば

職場の周りを散策

仕事がしんどくなってくると自然に会社の周りを散歩してしまうようだ。今年は結構昼に歩いた。聖福寺のほか、川を渡って千代方面まで足を伸ばした。

鬼面の写真は加工しているが、何とも言えない迫力のある写真が撮れた。 iPhone でもいい写真は撮れるものだなと再認識した。

鬼面 廃屋 寺の壁

東京出張

東京出張があってラーメン二郎目黒店に行った。

目黒二郎

その行き帰りに iPhone で何枚か写真を撮ったけど結構おもしろいのが撮れた。

権之助坂の飲み屋

こちらは無加工だけど、すごくカラフルな感じが再現できていておもしろい。

大鳥神社

ちょっとノイズが乗った感じや、周辺部の描画がのっぺりしてしまう感じから iPhone っぽいさが出てるがそれも味といえるかもしれない。

吉祥寺

一方で晴れてるときにはこういうバリッとした写真を撮れるので iPhone 侮れない。

渋谷

西南学院博物館

『街道をゆく 肥前の諸街道』を読んで隠れキリシタンに興味がわいたので、隠れキリシタンの展示を見に西南学院博物館に行った。時間が遅くのっぺりとした写真になってしまった。新しい iPhone だとこういう状況でも綺麗に撮れるのだろうか。

西南学院博物館西南学院博物館西南学院博物館 西南学院博物館西南学院博物館西南学院博物館

仕事帰りにタワレコに滑り込む

仕事が忙しすぎて閉店間際のタワレコにギリギリ滑り込んで CD を買って酒を飲みながら帰るということを何度かやった。良くない。

ペトロールズ GGKKNRSSSTWサッポロラガーこれがブッダブランド!を買った帰りに氷結


こんな感じで雑然と 2019 年が終わろうとしている。

この記事は今年撮った写真 Advent Calendar 2019 1 日目の記事でした。

| @写真
古い MacBook Pro の SSD がいっぱいになり写真が取り込めなくなっていたので外付け HDD を購入して写真は外付けに退避させた。母艦 Mac の SSD の空きが少なくなってきてる...

古い MacBook Pro の SSD がいっぱいになり写真が取り込めなくなっていたので外付け HDD を購入して写真は外付けに退避させた。母艦 Mac の SSD の空きが少なくなってきてるせいで写真を撮ることを控えるようになってしまっていたが、 3TB の外付けにライブラリを移したので本体側の空き容量を気にせず写真をばしばし撮れるようになった。これをきっかけに、いくつかのブログで目にしていた Google Photos を試してみたけど確かにこれは便利だった。Apple の写真( Photos.app )と比較しながら思ったことを書いてみます。

Google Photos への写真のアップロード

Google Photos を使うためにはまず Google Photos に画像をアップロードしないといけない。ブラウザーからちまちまアップロードする方法もあるが、 アップロード用のソフト が用意されているのでそれを利用した。名目上はバックアップということになるらしい。 20000 枚近い画像をアップロードするのに二日くらいかかった。アップロードに失敗することもあるけど、失敗したアップロードがあったときには通知してくれてリトライもできるのでおそらくすべての画像をアップロード出来たのではないかと思っている。楽ちん。

写真の内容を文字列で検索できる

こんな感じで「肉」と入力すると肉っぽい写真が表示される。画像認識処理をしてあって、個々の画像に対してタグ付け的なことがしてあるのだろう。

1156-niku-1.jpg

試しに Photos.app の方でも「肉」で検索したら肉の写真が表示されるようになってた。なんと Photos.app の方でも画像認識処理を行っているようだった。全然話題になってない気がする…。ドーナツの写真がヒットしているのはご愛敬。

1156-niku-2.jpg

Google Photos では「ギリシャ」で検索するとギリシャの位置情報が付与されている写真に加え、どう考えてもギリシャにしかない建築物(アテネのパルテノン神殿など)が写ってる写真を検索結果に含めてくれる。賢い。

1156-greece.jpg

さすがにこのような機能は Apple の Photos.app の方にはないみたい。「ギリシャ」で検索しても、ギリシャに行ったときに iPhone で撮影した位置情報付きの写真しかヒットしない。キーワードと写真の関連性の判定アルゴリズムは検索エンジンをやってる Google の方にアドバンテージがあるみたいだ。

写真のグルーピング

Google Photos には「アシスタント」というタブがあって、勝手に過去の写真を漁ってグループにしてくれたり音楽付きのスライドショーにしてくれて、「金曜日の夕方」や「土曜日の午後」みたいなエモーショナルなタイトルをつけて煽ってくる。

1156-google-photos-assistant.jpg

機械がやってくれてる割には良くできてるとは思うけど、人間が選んだアルバムに比べたら素っ頓狂なセレクションが多いし、頻繁に Push 通知が来てちょっとうざい。「阿蘇旅行」みたいなアルバム作って通知してくるけど「旅行じゃないし、阿蘇に住んでたし」という気持ちになる。写ってるものの内容からアルバム名を考えて付けてくるのは賢いけど、わかりやすいものが写ってないとだめで、たとえばこのアルバムは大分の温泉とかいろんなところに行ったけど、最後にちょっと立ち寄った熊本城の写真がわかりやすいので「週末、熊本市にて」というアルバム名になってしまっている。このように Google Photos にはやり過ぎ感がある。

1156-irrelevant-album-name.jpg

Apple の Photos.app の方にも「メモリー」というメニューがあって似たような機能はあった。ただこちらは勝手に音付きのスライドショーを作ったり Push 通知したりはしてこない。控えめな印象。一年前の今日なにやってたかとか、直近の一ヶ月でどんな写真撮ったかだけが表示される。

1156-photos-memory.jpg

Apple の Photos.app の方にあって Google Photos にない優れた機能としては、 GPS 情報が付与されていない写真(一眼レフで撮った写真)も大体どの辺で撮ったのか判定してグルーピングしてくれる機能がある。おそらく位置情報付きの写真の GPS 情報を参照して近い時間に撮影されたものはきっとこのあたりにいたに違いない、という感じでまとめてくれてるんだと思う。こんな感じ。

1156-location.jpg

↑の写真で 9 枚は一眼レフで撮影していて GPS 情報がないけど、同じ時間帯に iPhone で撮った写真は位置情報が付与されているのできっと長崎で撮ったのだろう、ということでまとめてくれている。この機能は旅行のときの写真を見るときに地味に便利。 Google Photos にもこの機能はついて欲しい。

写真をグルーピングすることに関しては、 Google Photos はアグレッシブ、 Apple Photos.app は控えめ、という印象を持った。というか Google Photos は攻めすぎな印象。アルバムのタイトルがエモ過ぎるので嫌いな人は見なくなりそう。

過去の写真の閲覧しやすさ

何より Google Photos が Apple Photos.app より優れているのは全ての写真をネットに繋がる限り無料で閲覧できることだと思った。 iCloud で同じことやると年間数万円お金払わないといけない。最近は仕事以外でパソコンを使う頻度どんどん下がって行ってて(自分だけじゃなく世の中のみんながそういう傾向にあると思う)、携帯電話を使う時間がどんどん長くなってきてる。過去の写真を見るのにいちいちパソコンを開かないといけないのはしんどい。手元にある携帯でいつでも過去の写真が見られる Google Photos の方が圧倒的に優れていると感じた。 Apple TV にミラーリングすれば家族全員で写真を見ることもできる。 Photos.app の iCloud フォトストリームではお金を払わない限り 1000 枚までしか共有されないので Apple TV 単体で写真を見ると最近の写真しか閲覧できない。 Google Photos を知る前はそれでも楽しかったんだけど、平日の夜の何気ないタイミングで携帯を眺めていて 2 年前の旅行の写真が目に入り、テレビに映して旅行の思い出に浸る会を緊急開催みたいなことが Google Photos では可能になる。これは本当にすごいし、写真を撮りたいと思うようになった。閲覧・整理環境に課題があると「どうせ撮っても見ないし…」という気持ちになる。

Apple はなぜ先にこのような体験をユーザーに提供できなかったんだろう。ユーザーの画像を預かる、という点では iCloud で Google よりも先行していたはずなのに。

Apple に期待すること

総じて Google Photos が勝っていると思う。一度 Google Photos を使ってしまうと、 Apple の Photos.app で写真を見るという気持ちにはならないだろう。

Apple Photos.app はローカルで動くソフトウェアの強みを活かして、写真の編集方面で強くなって欲しい。 Google Photos の写真編集機能は貧弱だし、一度アップロードした写真を手元にダウンロードして編集して再度アップロードするのもだるい。何も Photos.app 本体の編集機能を強力にしろと言ってるわけではない。画像を外部の編集ソフトと受け渡しできるだけで良い( iPhoto から Photos.app になったタイミングで外部のソフトを編集・現像ソフトに指定できなくなったり、ドラッグアンドドロップで画像を書き出せなくなったが、そっち方面の機能を充実させて欲しかった)。

画像認識だとか機械学習みたいなのは、ユーザー自身の Mac の中でちびちびやってもサーバーサイドでいっぱいコンピューターを並べて並列処理でだーっと実行してるだろう Google には勝てない。そういうので Google とやりあうのは良策ではない。

そして欲を言えば Aperture の開発を継続して欲しかった。 Lightroom のために Adobe に毎年 12000 円払える人は限られている。お金以外にも Apple が作ってる現像ソフトという安心感が Aperture にはあったんだよなぁ。 Adobe のソフトのジャバジャバした感じは好きになれない。

| @写真
iPhone 7 にしたら結構カメラの画質良くなって割と満足してる。フィルターかけることの喜び知ってしまって VSCO で遊んでる。フィルターかけるとオリジナルとフィルター済みの2パターンの画像...

moon

iPhone 7 にしたら結構カメラの画質良くなって割と満足してる。フィルターかけることの喜び知ってしまって VSCO で遊んでる。フィルターかけるとオリジナルとフィルター済みの2パターンの画像ファイルできてしまう。 SNS にアップロードするときはフィルターかけたやつを上げたいけど記録用に自分のフォトライブラリに残すやつはフィルターかかってないやつがよい。そういう運用してるとフィルターかかってるやつとかかってないやつの両方がごちゃごちゃにフォトライブラリに残ったりして管理をどうするかで悩んでる。

一眼レフは相変わらず D90 使ってる。結構ボロボロになってきてて買い換えたいのだけど先立つものがなく買い換えられていない。グリップのラバーゴムを交換したり、キットレンズの VR 18-200 の修理をしたりしながら何とか使ってる。やっぱり iPhone のカメラとは別格の写真が撮れる。特に Nikon 純正の単焦点を付けて撮ったときは良いのが撮れる。フルサイズ機への買い換えを考えたこともあるけど、最近はぶっ壊れるまでとことん D90 を使おうかなと思ってる。ただ D90 は動画がよくない。音声はモノラルで解像度低いしフレームレートも低くオートフォーカスもなし。動画の画質は iPhone 5 くらいの頃から iPhone に負けている。 Apple TV でテレビに映して再生すると一昔前の YouTube みたいな画質になる。

一眼レフには Mac 側のストレージを圧迫するという問題点がある。いま使ってる MacBook Pro は 2009 年モデルでかなり古い。初期搭載の HDD から 512GB の SSD に変えているけど RAW がストレージを使いまくってて残り 20 GB 程度しか空きがなく Xcode のアップデートも行えないような状態。そもそも RAW 撮りやめてしまっても良いのではと思い始めた。 RAW 現像する暇ないし Aperture の開発は停止されて RAW 現像できるソフトがそもそも手元にない。実はカメラの撮って出し JPEG でも十分満足できている。結構良い画質で撮れてそれを Keenai (旧 Eye-Fi )でさっとスマートフォンに取り込んで SNS に上げたり iCloud 共有したりすることの方が自分のカメラの使い方としてプライオリティ高い。

プロでもハイアマチュアでもない普通の個人はどういうフォーマットで写真を撮って保存するのがベストなのだろうか。 RAW で撮っとけば後々後悔することはあるまいと思っていたけど、ストレージの値段が劇的に安くなってきてるわけでもない(ローカルストレージは安くなったが、クラウドストレージに同期しながら使おうとすると結局コスト高い)し、デバイス間の転送速度の問題もある。 2017 年のベストな写真管理方法知りたい。

| @写真

凍りついた窓 2010-12-31

雪 2010-12-31

| @写真

サンタクロース / Santa Claus

雪だるま / Snowman

| @写真
三脚まほし。

花火

火の山祭り

三脚まほし。