fish が流行ってるっぽいので移行してみた。 peco を使えるようにしたらほぼ問題ない感じで使えてビックリ。 ~/.zshrc 長くなってきてたし捨てられそう。よかった。

ちょっと触ってみた感じ、設定ファイルの配置場所が ~/.config/fish/ であること、 PATH の通し方が特殊であること、環境変数に値を入れるときは env FOO=bar のように env 付きでやらないと怒られることが変わってるなと思ったが、 fish スクリプトの文法が Ruby っぽくて書きやすい・読みやすいのはとてもよい。公式ページにある "Sane Scripting" の項目が面白かった。

スクリーンショット 2017-05-01 21.00.37.png

Mac の Day One を 2.1.8 にしたら日本語の文章を入力できなくなってしまった。正確には入力出来なくなるわけではないが、日本語を入力して変換したあと確定すると変換した文字列が選択済みの状態になり、続けて文字を入力しようとする消えてしまうというもの。こんな感じ。

なんか文章を書きたいと思っても入力できなくなるのきつい。最近は iPhone でも Mac でも読んだり書いたりできるのが便利で Vim を使わず Day One に直接文章を書くことが多くなっていた。書けないとなると結構ストレス溜まる。はよ直して欲しい。

追記(2017/05/08)

2017/05/04 に修正版リリースされてたっぽい。試してみたところ直ってた。

スクリーンショット 2017-05-08 10.41.46.png

IMG_2679.jpg

糸島のトラヤミートセンターというところに行ったら鴨肉を売っていたので買ってきて低温調理してみた。めっちゃうまかった。

特に鴨を漬け込んだタレを水で薄めてめんつゆで味を整えたやつに低温調理したときのドリップ(肉汁)を加えて作ったつゆで鴨南蛮にして食べたところ激うま太郎権左衛門だった。

IMG_2689.jpg

鴨南蛮以外にもサラダに載せて食べてみたところ最高としか言いようのないうまさだった。鶏肉とは月とスッポンの旨味がある。

IMG_2684.jpg

息子殿、偏食で炭水化物か卵、加工肉しか食べないのだけど、鴨はうまいうまいと言ってたくさん食べたので普遍的なうまさがあるのだと思う。

なお、トラヤミートセンターではタイ産の鴨肉が冷凍パックで売られていた。値段は上の画像のサイズで 1000 円ちょい。安い国産の牛もも肉と同じくらいだと思う。ハンガリー産や国産のやつも流通しているようなので機会があれば調理してみたい。

合同勉強会 in 福岡という勉強会があって、 Nulab の人やクラスメソッドの人たちが福岡に来て発表するということだったので行ってみたいと思ったけど参加者枠が埋まってたので LT 枠で申し込んで行ってみた。まえブログに書いた BitBar の話をした。

合同勉強会 in 福岡 - connpass

以前一緒に仕事していた Rudolph Miller 先輩がインタビューで「勉強会は勉強しに行くところじゃなくて自分が普段勉強してることが合ってるか確認しに行くところ」みたいなことを言ってたけど、今回は普段勉強してないことがありありとなった感じでやばいなと思った。皆さん AWS とか Azure とか Terraform とかに詳しすぎる。きしだなおきさんの機械学習についての発表とかさっぱりわからなかった。平川 剛一さんの Server-side Swift の話は面白かった。 Server-side Swift の開発、 Apple じゃなくて IBM が主導しているそう。ぼちぼち Web フレームワークなんかもできてきてるみたい。

LT は皆さんレベルが高く、ネタに走りつつも技術的に高度な内容で自分の LT が一番しょぼかった。発表もうちょいうまくなりたい。

酒は健康上の問題より、タイムマネジメント上の問題を考えるべきだと思うようになった。というのも酒を飲むと何もできなくなってしまうからだ。

酒を飲むことの問題点、酔って暴れたりとか健康を害したりとかお金がなくなったりとかいろいろあると思う。自分は幸いにして飲めば必ず暴れる(たまに暴れる)とか酒で肝臓を悪くするというような状況ではない。しかし酒を飲むことでその日が終わってしまい、やるべきこと、やった方がいいことができなくなってしまう。たとえば夜 7 時に飲めば 7 時にその日が終わってしまう。寝るまでに 5 時間あったとしても、その 5 時間に勉強したり本を読んだり仕事したりすることはできない。なぜなら酔っ払ってしまっているから。

酒、健康や経済や家庭を滅ぼすほどに飲まなくても、たとえば厚労省が示している適量と言われる量しか飲まなくても、酒を飲みつづけることで自己研鑽や自己投資に時間を使うことができず自分の労働者としての価値を高められず低賃金にあえぎ続けることになる。

10 年くらい前に買ったナイキの靴、靴紐が切れたので新しい紐を買って付け替えた。キャタピランとかいうやつでゴムのいぼいぼが付いてて、靴を履くときに緩めなくても伸びるし履いたら足のかたちに合わせて勝手に締まる。

この靴はハイカットで上の方を緩めても下の方まで緩みが伝播せず脱ぎ履きがかなり面倒な靴だった。それがキャタピランを導入したことで脱ぎ履きが楽になり、おまけにちょうどいい具合に勝手に締められるので紐をきつくしすぎて足が痛いということにもならない。

キャタピランに変えた状態で一日歩いてみたけどすごく履き心地が良くなって最高だった。両足セットで 980 円くらいしたけど靴が生まれ変わるので元を取った感ある。

JR東日本エリア在住ではないのだけど iPhone 7 を買って Suica の設定をしたので試してみたくなり iPhone 7 で電車に乗ってみた。JR九州の改札も福岡市地下鉄の改札もちゃんと通れた(当たり前)。ただ IC カードに比べて反応が少し遅くて「もしや使えないのでは?」と挙動不審になってしまった。もう少し右往左往してたら駅員に声かけされたと思う。買い物するときみたいにダブルタップして Wallet を呼び出してから通過したけど改札通過時にはそれをする必要はなくてただかざせばよいっぽい。

改札を通過するとすぐに iPhone に通知が来て残額がいくらかわかる。また移動中は「現在乗車中です」みたいな表示が出る。こういう通知はコンビニとかで買い物をしたときも来るけどめっちゃ便利。 一度 iPhone の Suica で金を払う体験をしてしまうと、レシートを見たり券売機で照会をしないと残高がいくらかわからない旧来型の IC カードには戻れなくなってしまう。カパカパ式ケースに iPhone と電子マネーを挟むのとは圧倒的にユーザー体験が違っていて、残高のリアルタイム通知が来て、乗車ステータスの確認ができ、残高が不足している場合はその場でチャージすることができる。

おサイフケータイ使ってた人たちは 10 年前にすでにこういう便利な体験してたのだろうか。自分は携帯は Motorola や Ericsson 、 NOKIA などの洋物携帯ばかり使ってたので今さらながら携帯電話に決済機能がくっつくことの便利さを実感した。これは本当に便利な機能だと思う。