IMG_2679.jpg

糸島のトラヤミートセンターというところに行ったら鴨肉を売っていたので買ってきて低温調理してみた。めっちゃうまかった。

特に鴨を漬け込んだタレを水で薄めてめんつゆで味を整えたやつに低温調理したときのドリップ(肉汁)を加えて作ったつゆで鴨南蛮にして食べたところ激うま太郎権左衛門だった。

IMG_2689.jpg

鴨南蛮以外にもサラダに載せて食べてみたところ最高としか言いようのないうまさだった。鶏肉とは月とスッポンの旨味がある。

IMG_2684.jpg

息子殿、偏食で炭水化物か卵、加工肉しか食べないのだけど、鴨はうまいうまいと言ってたくさん食べたので普遍的なうまさがあるのだと思う。

なお、トラヤミートセンターではタイ産の鴨肉が冷凍パックで売られていた。値段は上の画像のサイズで 1000 円ちょい。安い国産の牛もも肉と同じくらいだと思う。ハンガリー産や国産のやつも流通しているようなので機会があれば調理してみたい。

Anova Precision Cooker

最近ネットで話題の Anova Precision Cooker を買った。ヒトデさんが少し前に買って Instagram にローストビーフの画像を載っけてるのを見て、これまで二年間、散々安いオーストラリア産の牛もも肉を買ってきてローストビーフ力を高めてきてたのに一瞬で負けた感じがしてとても悔しかった。クリスマスや正月にローストビーフ作って妻子や両親に食わせたいという衝動を抑えることができず、酒を飲んでいるときの勢いで発注してしまった。買う前はアメリカ Amazon で買おうかなと思っていたけど公式サイトの方が送料が安かったので公式から買った。 Amazon だと配送に一週間から二週間程度かかるとあったが、公式サイトは香港から発送してくれて三日で届いた。急いで欲しい人は日本の Amazon にマーケットプレイス出品してる国内の業者から買うのがいいと思うけど、三日待てる人は公式サイトから買うのが送料も値段も安くてお得だと思う。

Anova with IKEA zip bag

早速ローストビーフを作ってみた。ジップロック持ってなかったので IKEA のパックできるやつ使ったけどこれが最悪で、調理中に様子を見に行ったら袋に穴が空いて奮発して買った和牛がただの塩ゆでになってた。一旦取り出して別の袋に詰め直したけど、だいぶ牛肉のうまみが抜け出してしまったと思う。どうして穴が空いたのかはわからない。鍋が小さかったので袋が Anova 本体に触れてしまい、熱で袋が破れてしまったのかもしれない。再投入時には洗濯バサミで袋を鍋肌に固定した。

低温調理もも肉

袋に穴が空くというハプニングはあったものの、出来上がりはこれまでで最高だった。肉がいつもよりも良いものを使っているせいもあると思うけど完全に売れるレベルだなと思った。

というわけで Anova の Precision Cooker は最高にオススメです。温泉卵も簡単に大量生産できます。