| @読書
おもしろかった。 Twitter 、 CEO がコロコロ交代してて誰が中心人物なのかよく分からなかったがだいたいわかった。成立の過程が結構複雑で、 Podcast 配信会社だった Odeo を ...

DSC_6351

おもしろかった。 Twitter 、 CEO がコロコロ交代してて誰が中心人物なのかよく分からなかったがだいたいわかった。成立の過程が結構複雑で、 Podcast 配信会社だった Odeo を Noah Glass が創業し、 Blogger で一発あてたあとの Evan Williams が出資して会社を乗っ取り、 Evan Williams に憧れて入ってきたアルバイトの Jack Dorcey が Noah Glass とブレインストーミングして Twitter の原型を生み出し、 Odeo を飛び出して Twitter という会社を創業し Jack Dorcey が最初の CEO になる、という感じ。 2007 年から 2008 年頃にかけて自分が面白おかしく使っていた Twitter の中では群像劇が繰り広げられていたことがわかり興味深かった。

特に興味深かった箇所は以下で、自分も 2008 年頃、実家に住んでて周りにインターネットのことを話せる友だちはほとんどいなかったけど、 Twitter 越しにインターネットユーザーと交流することができて孤独を癒やされていた気がする。

 このステータスは、その場にいない人々を結びつけるのに役立つ。どんな音楽を聴いているか、いまどこにいるかということを、共有するだけではない。人々を結びつけ、孤独感を癒すことが重要なのだ。パソコンの画面を見つめているときに、どんな世代でも味わう感情を、消し去ることができる。ノア、ジャック、ビズ、エブは、そういう感情を味わいながら成長し、パソコンのモニターに安らぎを求めた。結婚生活と会社がだめになりつつあるとき、ノアはその感情を毎夜味わっている。孤独感を。

 エブがブロガーに熱中した原動力も、そういう感情だった。アパートメントに独りでじっと座り、孤独で、友だちもなく、キーボードを通じて世界とつながっていた。何年も前にビズが母親の家の地下室でブログをはじめた理由もおなじだ。ジャックもおなじ理由から、セントルイスにいるころにライブジャーナルのアカウントを取り、掲示板をうろついて結びつきを求めている人々とやりとりするために、コーヒーショップで何時間も粘った。ステータスという構想は、そういったことすべての解毒剤になり、孤独感を癒せるかもしれない、とノアは考えた。

ニック・ビルトン. ツイッター創業物語 金と権力、友情、そして裏切り (Japanese Edition) (Kindle Locations 1017-1026). Kindle Edition.

ただその後、 Evan Williams が CEO になって Twitter はステータス共有(投稿欄のプレースホルダーは "What are you doing?" )から情報発信メディア(投稿欄のプレースホルダーは "What's happening?" )への変革を図った。個人のステータスではなく、その人の周囲の状況を伝えて欲しいということだ。確かに 2010 年くらいから Twitter の様子が変わったように思う。東日本大震災のあとは日本の Twitter もニュース寄りになっていって、 2008 年頃のジャンプ放送局のような雰囲気はなくなってしまった。

Twitter はビジネスとしては成功したが、創業者たちはお互いの人間関係を悪化させ、大事な友人を失いながら莫大な富を手にした。最終章に出てくる、ビズ・ストーンが貧乏だった時代のエピソードがとても心温まる。この部分だけでも読んで良かったと思った。


Noah Glass 、 Twitter の最初期を支えた人物だと思うけど会社を追い出されて Twitter 社の歴史からもいなかったことにされ、ひたすら可哀想。おまけに Noah の Twitter アカウントは「不審なアカウントです」と表示されたりする。

noah glass(@noah)さん | Twitter

noah glass(@noah)さん | Twitter

noah glass (@noah)さんの最新ツイート i started this San Francisco

twitter.com

| @読書
『プラットフォーム革命』という本を読んで非常に考えさせられることが多かった。かつては一世を風靡したものの今では名前も聞かなくなった Nokia と BlackBerry がスマートフォン市場で僅...

『プラットフォーム革命』という本を読んで非常に考えさせられることが多かった。かつては一世を風靡したものの今では名前も聞かなくなった Nokia と BlackBerry がスマートフォン市場で僅か数年で Apple と Google に敗北したというエピソードから話が始まる。非常に衝撃的だった。この本を読むまで自分はソフトウェア企業で働いているという認識を持っていたけど、その視点では本質を見誤ると思った。自分が作っているのはソフトウェアではなくプラットフォームなのだということを意識させられた。

そもそもプラットフォームとは何か

プラットフォームとはマッチングの場所で、何らかの価値を提供する生産者と、その価値を評価して対価を支払い消費する消費者に二分されるサービスのことを指す。ウェブサービスが一番分かりやすい。例えば Uber や Airbnb はプラットフォームだ。日本ではメルカリなんかがプラットフォームの代表例だろう。 Nokia や BlackBerry を崩壊に追い込んだ iOS や Android のエコシステムもプラットフォームといえる。

なぜプラットフォームは強いのか

Nokia や BlackBerry は世界中の開発者が自由にソフトウェアを提供できる環境を用意できなかった。 BlackBerry はセキュリティとハードウェアキーボードこそがユーザーが求めているものであると断定し、自由に開発者がアプリケーションを開発できる環境を用意しなかった。 Nokia は開発プラットフォームを構築しようとしたが、 Symbian OS は開発者を惹きつけるプラットフォームではなかった。 Apple や Google は自分達だけで最高のスマートフォンを作ろうとせず、世界中の開発者に場所を提供して、自分達だけでは想像もできなかったようなアプリケーションを開発してもらい、ユーザーに届けた。結果はご覧の有様だ。この本では BlackBerry のようなビジネスモデルを直線的ビジネスと定義し、 20 世紀から続く古いビジネスモデルであると揶揄している。

プラットフォームを構築することなく、作った製品を販売するだけの企業はそのうち衰退してしまう。プラットフォームというビジネスモデルは既存のビジネスよりも圧倒的に効率的で成長速度が速く、またほぼ無限といえるほどのスケーラビリティを備えているからだ。単にソフトウェアを売るだけのビジネスモデルではソフトウェアやネットワークの特製をうまく利用できておらず、 20 世紀からある物作りサービスと本質的には変わらないビジネスにしかなり得ない。ソフトウェアを売るだけのビジネスでは製品の配布や顧客の維持に課題を抱え、プラットフォーム型の同業者に参入され市場を支配されてしまうだろう。かつては市場を我が物にしていた日本の電気メーカーが中国・韓国勢に劣勢を強いられているのも根本的にはビジネスをプラットフォーム化できなかったことが原因だといえると思う1

最近、リストラを発表したマップルなどを作っている昭文社もプラットフォーム企業との闘いに苦戦している直線的ビジネスの良い例だろう。 Google Maps や、その仕組みを利用した食べログや Retty 、旅行情報アプリの隆盛により赤字に転落し、リストラを強いられることになってしまった2

イノベーションがプラットフォームを可能にした

この本はインターネット企業のビジネスモデルについて書かれた本だが、経済学とイノベーションの歴史にも触れつつ、なぜプラットフォームが支配的になってくるのかが書かれている。 20 世紀の中頃、資本主義の経済学者ハイエクと社会主義国ポーランドの経済学者ランゲによって、経済計算論争というものが繰り広げられた。物の値段を政府が決める(社会主義)のと市場に任せる(資本主義)のではどちらが効率的か、という論争だ。ハイエクの見解が優勢で(のちにハイエクはノーベル経済学賞を受賞した)、その後の経済学の考え方のベースになった。売り手は他人に対して積極的に情報を開示しないので物の値段を政府が決めるのは難しく、市場で決まる値段こそが効率的な資源配分を実現する、という考え方だ。しかしコンピューターとネットワークが当時とは比べ物にならないほどに進化した今日では、政府ではなくプラットフォームがプラットフォーム内部の情報に関して細部にいたるまで把握することが可能で、最適な値段を計算することが可能になった。実際に Uber は場所と時間に応じて乗車料金を変動させている。

ある意味で現在のグーグルは、強大なソ連が実現できなかった社会主義のユートピアを作りつつある。

アレックス・モザド; ニコラス・L・ジョンソン. プラットフォーム革命――経済を支配するビジネスモデルはどう機能し、どう作られるのか (Kindle Locations 1437-1438). 英治出版株式会社. Kindle Edition.

社会主義者が夢見たユートピアをシリコンバレーのテクノロジーカンパニーが実現させた。そのユートピアはプラットフォームと呼ばれるものだが、そこは効率的な取引を参加者に促す一方、自らはプラットフォームがもたらす強力なネットワーク効果により市場でますます支配力を強めていく。どんな SNS も Facebook には対抗しようがないし、どんな検索エンジンも Google のシェアを奪うことは難しいだろう。少なくとも、プラットフォームでない企業がプラットフォーム企業に立ち向かうことは無理だと思う。

評価経済やトークンエコノミーの下地にある経済システム

一昨年、仮想通貨の文脈で『お金2.0』という本が流行って、会社でも回し読みした。価値や評価、信用が重要というのは何となくわかったが、なぜ価値や評価や信用が重要になるのかがはっきりしなかった。あの本に書いてある考え方を可能にするものこそがプラットフォームなのだと思う。お金2.0を読んでしっくりかなかった、という人にもこの『プラットフォーム革命』はおすすめです。

追記 2019/01/21

7 年前にはてな匿名ダイアリーに投稿された以下の翻訳記事がまさにプラットフォームの重要性を説いており面白かった。プラットフォームのないプロダクトはプラットフォームのあるプロダクトに置き換えられる、プラットフォームになるためには外部に整備された API を提供し、外部の開発者の力を借りる、人が欲しがるものを自分で作ろうとしないこと、などはまさにこの本で書かれていることと同内容だった。 Google+ しかり、 Google が SNS を作ろうとして失敗するのはプラットフォーム化しようという意識が乏しいからなんだろうなぁ。確かに Google の API はどれも使いづらい。


  1. アメリカ企業が作ったプラットフォームに中国・韓国勢が低コストでハードを提供するが、日本勢は自らプラットフォームを構築することもできず、そのプラットフォームに参加することもできなかった、あるいは参加が遅れた。 

  2. 昭文社が希望退職者を募集、業績予想も下方修正---無料ナビアプリの影響(レスポンス) - Yahoo!ニュース 

| @読書
ピアソン技術書撤退で今は新品で買えない達人プログラマー、数年前に紙の本で買って持ってたけどでかくて重くて翻訳文体がつらい感じで 1/4 くらい読んだところで放置してた。裁断して Kindle と...

ピアソン技術書撤退で今は新品で買えない達人プログラマー、数年前に紙の本で買って持ってたけどでかくて重くて翻訳文体がつらい感じで 1/4 くらい読んだところで放置してた。裁断して Kindle とかに取り込んで気軽に持ち運べるようになったら読めるかなと思って去年 KINKOS で裁断して会社の ScanSnap で PDF 化した。しかし PDF 化して気付いたんだけど、達人プログラマー、以下のようなレイアウトで iPad とか Kindle で異常に読みにくかった。

達人プログラマーのレイアウト

これをスキャンして取り込むと一ページずつはこんな感じになる。

達人プログラマーのレイアウト

余白が多いため、 Kindle や iPad mini で読むとき文字が非常に小さくなり、拡大しながら読まなければならない。また左右の余白が異なるためページめくりをする度に視線を移さなければならずしんどい。こんな苦行に耐えられる人はいないと思います。

余白を削除すればいいんだけど、奇数ページと偶数ページで余白の位置が異なるので単純に余白削除できない。

達人プログラマーのレイアウト

達人プログラマーのレイアウト

Mac のプレビューの編集でトリミングとかあるので、奇数ページだけを選択して一括編集とかできるかなと思って調べてみたけど出来なそうだった。

ウェッブデザイナ〜になりたかった頃に買った Adobe CS4 があることを思い出し、 Adobe Acrobat Pro で PDF を開いてみたら、ページのトリミング機能の画面で適用先を「奇数ページのみ」とか「偶数ページのみ」とか選べることが分かった。

達人プログラマーのレイアウト

この機能を使ってなんとか Kindle でもギリギリ文字が読めるかなというところまで余白を削除できた。

パソコンで執筆・編集され出版された紙の本を裁断してスキャンして読みやすいように余白消したりするのものすごくアナクロ感あるので本当にやめたい。

| @読書
最近、蓄財意欲が高まっているので『男の本格節約術 — 5年で1000万円貯める52のノウハウ』を買って読んだ。著者は元メガバンク勤務のエリートサラリーマンなので、「そりゃ年収1000万円以上あれ...

最近、蓄財意欲が高まっているので『男の本格節約術 — 5年で1000万円貯める52のノウハウ』を買って読んだ。

著者は元メガバンク勤務のエリートサラリーマンなので、「そりゃ年収1000万円以上あれば5年で1000万貯まるだろうよ」と思いながら読み始めたんだけど、中身を読んでみると読者の年収はあまり関係ない内容になっている。とにかく節約が大切だ、ということが書いてあった。

以下、気になった点の要約。


資産を形成するために

  • やること
    • 銀行口座残高と総資産残高を月次管理する
    • Excel に毎月の資産の変動を記録する
    • 毎月、資産増加額の目標を設定し、目標と実績の乖離を検証する
    • Excel でグラフを作成する
    • 毎月、手取り給料の25%を積み立てる
  • やらないこと
    • 家計簿はつけない
      週五日働いているサラリーマンが家計簿をつけることは事実上無理。
    • こづかい額は設定しない
      「使う額」のことを気にするのではなく、「貯める額」の方を気にする。貯めた上で余った金額を使う。
    • 貯金箱は使わない
      正確な月次資産把握ができなくなるので。

日々の心がけ

  • 「機会費用」、「時給換算」の概念を捨てる
    「時給に換算したら壊れたものの修理を自分でやるのはバカらしいので新しいものを買った方がよい」は間違い。壊れたものを修理するのにかかる間、職場にいるわけではないので給料は発生していない。新しいものを買えばお金が出ていくだけ。実際のキャッシュベースで考える。

ものを持たない、ローンを組まない

  • 持ち家よりも賃貸に住む
    • 住宅ローンは年収の5倍もの借金をすることであり、家計を企業に置き換えると圧倒的な債務超過に陥っている。住宅ローンを組むのは正気の沙汰ではない。
    • 不動産を買って良いのは、現金で買える場合か、10年程度の短期間で返済を終えられるかのどちらかの場合のみ。
  • 車は持たない
    • 車の維持費はガソリン代以外固定であり、年間の維持費は70万円程度になる。
    • 車を乗り換えながら30年間所有した場合、車への支出は2000万円を超える。
  • ものを買っても死ぬときはあの世に持っていくことはできない。レンタルで済むものは借りるようにする。

家庭での実践

  • 外食は休日の昼間に行う
    昼に外食することで安く上げられる。
  • 贅沢は結婚記念日や誕生日に限定して行う
  • 本や雑誌は図書館で借りて読む
    • 本は持っていても物理的に保管不能になる。必要なときに図書館へ行って借りて読むのが良い。
    • 読んだ本の中で気になった点は写経してパソコンに保存すると検索できるようになるので便利。
  • CD や DVD はレンタルを利用する
  • 保険に入りすぎない
    • 保険とギャンブルは似た性格を有している
      • どちらも確率ベースで、保険は「当たった」ときに辛い目に遭い(代わりに保険金を得る)、ギャンブルは当たったときに富を得られる。
      • ギャンブル(宝くじ)の還元率は46%だが、保険の還元率は39%と考えられている(保険会社は十分に情報を開示していない)。保険の方が宝くじよりも割りが悪い。
    • 十分な金融資産があるならば保険に入る必要は無い
      • 金融資産を積み上げるほど、保険料は引き下げられる。万が一のときには自己資産で対応できる。
      • 「家族の必要生活資金(総額)」 - 「手持ち金融資産」 = 保険金で受け取る金額 ←式に合わせて加入する保険を考える。
    • 生活に余裕が出たら、保険は見直す

職場での実践

  • 飲み会に行かない
    歓送迎会などの一次会のみに参加する。
  • 職場で飲み物を買わない
    毎日、2回喫茶店に入ると年間で 300円 * 2回 * 5日 * 52週 = 156,000円 の出費、毎日2本缶コーヒーを飲むと 120円 * 2回 * 5日 * 52週 = 62,400円 の出費。
  • 昼食代を浮かせる
    • 弁当を作ってもらえるなら弁当を持参する。
    • 社食があるなら社食で食べる。
  • 見栄を張らない
    職場に高いスーツを着ていかない、高い時計や靴を買わない。
  • 金融リテラシーを高める
    • 日本の教育は、個人の資産形成については教えてくれないため、日本人は金融リテラシーが著しく低い。
    • 『アメリカの高校生が読んでいる資産運用の教科書』のような本を読み、お金についての知識を高める。
  • 家計に企業の経営手法を応用する。
    • キャッシュフロー経営(入ってきた以上に使わない)
    • ローコストオペレーション(固定費を下げた生活を心がける)
    • 月次決算(金融資産の額を毎月確認する)
    • 見える化(金融資産のポートフォリオグラフを作成する)
    • 不稼働資産の売却(使わないもの、読まない本、聞かないCDを売る)
  • 貯蓄よりも返済を優先する
    一日も早く返済を終え、支払い金利を一円でも少なくする。

節約志向の副作用を知る

  • 節約ばかり考えていると発想の貧困化を招く。
  • 既存の枠組みの中でいかに出費を抑えるか、ということばかりに目が行き、斬新な発想をしてみようという感覚が出てこなくなる。

以下感想です。

すべての始まりは節約

本の中には英語の節約に関することわざがたくさんちりばめられている。冒頭は著者が影響を受けた『となりの億万長者—成功を生む7つの法則』の引用から始まる。昼食は毎日1,000円程度の外食で、職場では2本も3本も缶コーヒーを飲み、休憩時には喫茶店でコーヒー、仕事の後も週に1回は飲みに行く、という人は多いと思うけど、自分には到底理解しがたい金銭感覚だ。職場では基本的に無料の水しか飲まないし(ウォーターサーバーのある会社で良かった)、昼は持参した弁当か配達の激安弁当を食べる。豪華な昼ご飯を食べたり缶ジュースを何本も飲んだりするよりも、もっと他のことにお金使った方がいいと思う。こういう金銭感覚を持った自分からすると、英米の偉大な金持ちはケチだったという話には大変勇気づけられた。

貯蓄を行うための確実な方法は天引き

蓄財を行うための確実な方法は、手取り収入の25%を給料日に有無を言わさず貯金してしまうこと。後は残りのお金で生活する。こづかい額を設定しないのもこの発想に基づいている。貯蓄が一番先に来て消費は最後。貯蓄して余った分を使うという発想に切り替えないとお金は貯まらないと思った。

著者が提唱する Excel による月次の資産管理も参考になった。自分は iCompta という iPhone と Mac で同期しながら使えるソフトで家計簿を付けていたけど、レシートが溜まっていくばかりでここ一年ほど破滅状態にあり、家計簿が実体を反映していない。やはり着眼点を変えて、出ていく金額に気をかけるのではなく、貯める金額に気をかけるべきだと思った。

投資について

投資はどちらかというと損をしないために行うべきものであって、積極的に儲けようとしてはいけない、という印象を持った。例えば著者は海外赴任中に、日本の銀行の普通預金口座に数百万円預けたままにしておいたことに赴任先で気づいたそうだ。もしこれを定期預金として預けておけばより多い額の利息を得ることが出来た。このような「効率的に運用していれば得られたはずであろう利益」を損として考えるような心構えで投資や資産運用を行うべきだと感じた。『アメリカの高校生が読んでいる資産運用の教科書』は興味が湧いたので Amazon で古本を注文した。

家や車について

家について

著者は持ち家派か賃貸派かで言えば賃貸派だと言っている。しかし賃貸は支払う家賃の割りに部屋が狭くてしょぼいのが問題だと思う。例えば分譲マンションを購入して2000万円の35年ローンを組んだとき、月の住居費(ローンの返済、管理費、修繕積立金)は8万円くらいになると思う(ここで計算できます)。しかし同じマンションに賃貸で入居しようとすると家賃は12万円くらいになる。月8万円で住める賃貸住宅は狭くて設備も著しく劣っているはずだ。どうせ同じ金額(8万円)を住居費に費やすのだったら広くて快適なところに住みたい。

また賃貸は年をとってからが大変な気がする。70歳とかになって賃貸住宅に住もうとしても、入居の審査が通らないかも知れない。そもそも年金暮らしになったときに、毎月8万円も住居費に充てるのは無理な気がする。国民年金を満額収めている人でも6万6千円しか支給されないのだから、やはり定年退職する前までには住居に関する不安は払拭しておきたい。となると働けるうちに家を購入して返済を終え、老後は家賃がかからない生活を送るのがいいと思う。

本の中で著者はたばこを吸う人を刹那の快楽を得るために寿命を短くすると言っているのだけど、賃貸住宅を好む人達だって、若いときに好きな町にふらふら移り住むために高い家賃を払い、老後に困窮することを選択しているキリギリスにしか見えない。

車について

車については著者は、都市部に住んでいるなら持つ必要は無い、と言っている。車を所持することで年間で必要な維持費は70万円であると試算してある。これは駐車場代が月2万円で、200万円の車を10年乗るとして購入した場合である。車を処分するだけで年間70万円の節約になるので、車は持つべきではない、というのが著者の主張だ。

自分も福岡に引っ越してくるときに車を処分してしまった。確かに福岡市の中央区や博多区などから一歩も出ないと決意するのであれば車はいらないかも知れないけど、市内でも郊外に住んだり実家に帰省したりするときのことを考えると、車がないとなかなか厳しい。福岡は駐車場代が東京よりは安いし車を買うとしても100万円くらいのものにしようと思っているので、維持費は、当初3年間は車のローンの返済があるため年間80万円、完済後は45万円くらいになると試算している。

一方で、車を所有している場合と同じ頻度でレンタカーやタクシーを利用すると仮定した場合(月2回レンタカーを借り、月20回タクシーを利用し、電車やバスも適宜利用すると仮定)、年間の自動車費は98万程度になると予想された。これなら買ってしまった方が経済的だ、ということになる。

またレンタカーやタクシーを利用する場合、いつでも好きなときに自分のタイミングで外出する、ということが難しくなる。金曜の夜10時頃に唐突に久留米ラーメンが食べたくなってしまったとき、自動車を所有しているならマイカーに乗って久留米まで行ってしまえばいい。しかし車を持っていない場合は諦めざるを得ない。レンタカー屋はほぼ閉まっているし、タクシーで久留米まで行くことは不経済だ。電車で行けないこともないけど、ラーメンを食べ終えた頃に上り列車の終電に間に合うかは微妙なところである。

少なくとも地方都市に住んでいる限りにおいては、車があった方が圧倒的に快適な生活を送ることができるのではないかと思うがどうだろうか。

ものを持たない生活について

著者が提唱するなんでもレンタルで済ませるという生活には一理ある。大抵の本は買っても一度しか読まないし、一度しか読まない本のためにスペースを確保するのはバカらしい。また本はかさばるので捨てるとしても大変難儀する。図書館で借りられるならそうした方がいいとは思う。

しかし CD とかもレンタルで済ませろというのには違和感がある。誰も音楽買わなくなったら音楽で食ってる人達が生活できなくなる。そうしたら世に出回る音楽の種類や質も劣っていくのではないだろうか。そういう世の中はつまらない。そもそも自分が聞きたい音楽がレンタルで手に入るとは限らない。

この本全般に言えることだが、著者はファッションや音楽など、俗世への煩悩が控えめな人のようなため、主張が極端な気がする。みんなが著者と同じ価値観でものを考えられる訳ではないし、服が好きな人や、アンダーグラウンドな音楽が好きな人だっている。そういう文化的な趣味趣向は「無価値」と割り切れるのであれば、ひたすら節約生活を極めることができると思うけど、なかなか人間そうはいかない気がする。

そもそものことを言うと、みんなが何でもレンタルで済ませるようになったら、この本だって誰も買わず(買うのは全国の図書館だけ)、筆者だって困るはずだ。

家にしろ車にしろ本にしろ、「ものを買うやつは情報弱者」と言い捨てるのは気分爽快かもしれないけど、みんながそのような消費行動を取り始めると世の中お金が回らなくなってしまう。それはそれで問題だと思うんだけどな。

ともあれ冒頭の「資産残高の月次管理」の部分は参考になったので、自分も実践してみたいと思いました。とりあえず家計簿をつけることやめてたまりにたまったレシートを捨てることにします。

| @読書
『六〇〇万人の女性に支持される「クックパッド」というビジネス』という本をようやく読み終えたので感想を。まず正直な感想を言うと、書いてる人がクックパッドを持ち上げすぎてて気持ち悪い。むかし湯布院に...

『六〇〇万人の女性に支持される「クックパッド」というビジネス』という本をようやく読み終えたので感想を。

まず正直な感想を言うと、書いてる人がクックパッドを持ち上げすぎてて気持ち悪い。むかし湯布院についての新書を読んだときもこんな感じで、提灯記事ならぬ提灯新書なるジャンルがあるのかと錯覚するほど。

Amazonのレビューを読んでいると、ちょうどこの本が出版されたときにクックパッドはマザーズに上場したそうで、まぁいろいろ大人の事情があったんでしょう。

もちろん面白いところもあります

とはいえ全体がつまんないわけではなくて、興味深い部分もありました。社長さんが学生時代にやってた野菜の販売サイトがうまく行かなかった話とか。僕も一応ネットで物売る系の仕事をやっているので、「学生時代だと、すべてがイベントになってしまう」という部分は共感しながら読むことが出来ました。学生ノリの商売は野菜を出荷してもらってる農家に対しても悪いし、買ってくれる消費者に対しても悪い。中途半端なビジネスが一番最悪。

中でも興味深かったのが、クックパッドはもはや単なるレシピサイトではなくて、流通・小売業者にとっても重要な情報源となっているという話。この季節はどういうキーワードがもっとも検索されているかとか、そういう情報を売っているんだそう。スーパーとかとしたら、商品の発注かけるときにあらかじめ消費者の興味関心が分かれば無駄なく発注できるもんね。

ただ、この先どうなるのかな、っていう疑問も持った。

レシピの増加

クックパッドは毎日どんどんレシピが増えていってる。例えば親子丼とかで検索したら大量にレシピがヒットする。僕はいちど海南チキンライスの作り方をクックパッドで調べたことがあります。海南鶏飯みたいなマイナーな料理だったら大量ヒットみたいなことにはならないけど(さっき調べてみたら全部で28件だった)、親子丼みたいなありきたりな料理だと膨大な数のレシピがヒットする(同1234件)。

プレミアム会員になると検索結果を人気順に並び替えることも出来るけど、非プレミアム会員には使いにくいのは否定できない。初めて来た人は「なんかレシピが探しにくいサイトだなぁ」という印象を持つんじゃないかな。

ぶっちゃけ僕はクックパッドはあまり利用しないです。Googleから直で料理名検索して適当にヒットしたサイトを参考に料理作ることが多い。クックパッドで良いレシピにたどり着くにはそれなりにコストがかかる。Googleで上に出てくるレシピのページははてブなりなんなりでそれなりの評価を集めているサイトだから、クックパッドの中でぐるぐる探し回るより楽。ググった結果、クックパッド内のページが上の方に出てくるんだったらそれを参考にすればよいですしね。

こういうのは日頃パソコンを使い慣れている人間の考えで、クックパッドには主婦に最適化された何かがあるのでしょう。材料で検索できて便利とか。毎日使ってたらはまっていくのかな。

料理作る人が減ったら

で、もう一個思うのが、日本人があんまり料理しなくなったらどうなるんだろうなー、っての。僕はだいたい朝8時過ぎから夜9時前後まで働いてますが、こんな働き方してて一人暮らしだったらまず自炊とか無理です。都会にはこういう生活してる人多いと思います。単身世帯とかあんま自炊しないだろうし、日本でどんどん単身生活者が増えていったら…。核家族化して専業主婦とかもどんどん減ってみんな外食やスーパーの総菜を食べるようになったら…。実際うちは両親共働きでばあちゃんも高齢だから、夕飯はスーパーの半額総菜みたいのが多い。うちがずぼらなだけかな。

ある日いきなり日本人が自炊しなくなるとは考えられないけど、自炊する人が減る可能性があることも考慮しなきゃいけないかもなー、と感じました。

蛇足

実はこの本、発売直後に買ってたんだけど、途中まで読んだところで放置してた。上の方にも書いてますけど内容がヨイショばっかりでアレな感じだったから。最近、37シグナルズの本を読んで感化されたので、「そういえばクックパッドもRailsな会社だったな」と本棚から引っ張り出して読み終えた次第です。

この本、dankogaiがレビューした直後はAmazonで売り切れてたし、37シグナルズの本も発売されてすぐはAmazonで売り切れてたけど、熊本の紀伊國屋では即ゲット余裕でした。地方住まいだとネットでの売れ行きと実店舗での売れ行きにタイムラグがあるので話題の本が楽々買えてた助かります。

| @読書
Ruby on Railsの生みの親、デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソンの勤務先37シグナルズの本。CEOのジェイソン・フリードとデイヴィッドの共著です。とても共感しながら読むことが出来まし...

Ruby on Railsの生みの親、デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソンの勤務先37シグナルズの本。CEOのジェイソン・フリードとデイヴィッドの共著です。とても共感しながら読むことが出来ました。個人的に響いた部分を箇条書き。

計画をやめる

  • 計画を予想に言い換える。誰にも未来のことを計画するなんて不可能。
  • 計画はあらかじめ立てるのではなく、やりながら立てる。やっていないと情報が集まってこない。

最適な規模

  • 無意味に拡張しない。規模の拡大はコストも増やす。
  • 働きすぎるのは馬鹿。ヒーローになるな。

自分たちが必要なものをつくる

  • 37シグナルズの Highrise は自分たちが必要性に駆られて作った。

まずつくる

  • アイディアは実行しなかったらアイディアのまま。
  • 金がないとか時間がないとか言い訳にならない。ベストな状態で始められることなんてない。本当に実現したいことだったら金や時間は自分で工面をつけるもの。

金を借りない

  • ウェブサービスとかは特に金が必要ない。
  • 他人の金が入ると感覚がおかしくなるし、長期的な視野を持てない。

なんでもまず自分たちでやる

  • 会社の規模はコンパクトに維持し続けるべき。
  • まずなんでも自分たちでやってみる。できなかったら人を雇う。

スタートアップという意識を捨てる

  • スタートアップには甘えがある。
  • 他人の金で好きなことをやるなんて幻想。
  • 最初から利益の出せる企業を目指すべき。
  • exitのことを考えるとユーザー本意のサービスが作れなくなる。

制約を利用する

  • 優れた作家は制約のもとで創作していた。シェイクスピア、ヘミングウェイ、カーヴァー。
  • 一度にサービスに携わる人間は一人か二人に限定し、機能は絞る。
  • 芯から作り、本質的でない細かい部分は後回しにする。

副産物

  • 企業は自分たちが気づかないうちに副産物を生産している。木工所はおがくずを売った。37signalsはGetting Realという本を副産物として売った。

すぐリリース

  • 不完全な状態でも最低限な条件をクリアしたらすぐにリリース。

会議をやるやつは馬鹿

  • 会議は時間の無駄。やっても7分。
  • 会議には準備が必要だが、十分に準備することは不可能。
  • 1時間の会議に10人が参加したら、10時間の生産性が犠牲になる。会議にそんな価値はない。
  • 会議は新たな会議を生み出すだけなので不毛。

一人で作業する時間をつくる

  • 電話とかメールとかシャットアウトする時間を作らないと生産性は上がらない。
  • せめて一日の前半か後半のどちらかは一人作業モードに設定すべき。
  • 連絡手段は電話やチャットなど即時対応式のもではなくなるべくメールにする。

そこそこの解決策

  • 完璧な解決を求めようとしない。そこそこの手段で済む問題にはそこそこの解決策を。問題があれば後から良くすればいい。

タスクは分割する

  • 長大なタスクリストは気が滅入るだけ。
  • 100のタスクを10ずつに分解すれば心理的に楽になる。

はまったら人に見てもらう

  • 意固地になって無駄に時間を費やすとコストに見合わなくなる。
  • はまったら他の人に冷静な視点でレビューしてもらう。

寝る

  • 睡眠不足は創造性を損なうし、士気が低下する。間違いも犯しやすくなり、他人に不寛容になる。いいことは一つもない。

真似ない

  • コピペコードは理解が伴わないから、いつまで経ってもオリジナル作者にかなわない。

社員が一緒の国に住んでる必要はない(デイヴィッドは入社当初はまだデンマークにいたらしいです)とか他にも面白いところもあるんだけど、英語がしゃべれないとこの辺は僕らには当てはまらないですよね。あと会議を極力しないってのは理想だと思うけど、受託開発というかホームページ制作みたいなお客さんがいる仕事してたら打ち合わせはしないといけないわけで、なかなか難しいでしょう。

でも電話や会議などは確かに生産性を損ねていると思う。電話なんていきなり日常業務に割り込んでくるわけだから。電話は予約制にして欲しい。何日の何時に電話したいのでお願いしますみたいな感じでメールしろや。

雑談の排除とかも大事ですよね。僕はなるべく仕事中は雑談しないようにしてる。だからといって生産性が高いかと問われれば疑問なんだけど。でも雑談とか会議とか打ち合わせとかやって仕事した気になってる人は多いと思う。例えばこの本では人の雇い方のパートで、仕切り屋を雇うなみたいなことが書いてある。仕切り屋は会議好きで、自分の仕事を作り出すために会議を開きたがる。まったく何の価値も生み出さないのに、会議に参加することで会社に貢献しているふりをするわけですね。こういうのは本当に最悪。

37シグナルズの発想は、ピュアに作り手だけで会社を動かそうという風に読めました。広告とか営業とか意味ないというか、頼りにしないという考え方。本当に良いものを作って自分たちのファンになってもらえたらサービスを使ってもらえるようになる。特にウェブサービスとかはそうですよね。広告とかPRとかは金ばかりかかって効果がないということに気づかないと。有名な雑誌や新聞に取材してもらうことも否定していますが、折角ユーザーと直接結びつけるのがウェビサービスを提供する企業のメリットなんだから、そこにいちいち旧メディアや広告屋を介在させる必要はないですよね。またセールスマンを省きサポートも極力エンジニアが行うことで顧客の要望が直に作り手のところに伝わる(とはいえ本書では逆に顧客の要望には応えすぎるなとも書かれてはいます。その辺は買って読んでみてください)。

シンプルに、極力自分たちで会社を動かそうとすることで、大企業が抱えるいろんな問題が回避できるというのがこの本のエッセンスでしょう。Railsはお触り程度のことしかやってないですが、CakePHP(RailsのPHP移植版)越しにそのすさまじさというかすごさは実感しています。こういうすごいフレームワークがあるいまは、本書で掲げられていることは単なる理想や夢物語ではなく十分実行可能なものであると感じます。自分たちだけでなにかをやることが十分に可能。

とにかくなにかつくってみよう、と思わせられる本でした。Ruby on Railsの勉強を本格的に始めてみたいと思います。

| @読書
今日は読書の方法について書いてみます。自分の読書方法をオススメするわけではなくて、他の人の読書方法を知りたいという意図のもと、まずは自分の読書方法を開陳してみる次第です。だめ出しとか突っ込みとか...

今日は読書の方法について書いてみます。自分の読書方法をオススメするわけではなくて、他の人の読書方法を知りたいという意図のもと、まずは自分の読書方法を開陳してみる次第です。だめ出しとか突っ込みとかさらにいけてる読書方法があったら教えて欲しいです。

付箋を貼ってる

1116_reading_1.jpg

ここ一年くらいの習慣ですが、読書をするときには重要だと思える箇所や気になった箇所に付箋をつけるようにしています。読書といっても小説は含みません。ここでいう読書とは新書など少し堅めの本を読むことを指します。

本に線は引きたくない

本に直接線を引く人もいます。しかし僕はそれは気が進まない。理由は貧乏性だからで、いつかその本を売るかもしれない。線が引いてあると買い取り拒否されるかもしれない。付箋なら売るときはがせばいいので問題なしなわけです。(といはいえ読まなくなった本を売ったことはないんだけど)

売る売らないは別にしても、誰かに貸したりあげたりしたときのことを考えると、何となく本には線を引きづらいです。特にハードカバーの本には線が引きづらい。ソフトカバーのいわゆる学校の教科書的な本や問題集などにはためらわずに線を引きます。売ることもないしこの手の本はどんどん情報が古くなっていく消費財だから。しかしハードカバーの本は自分の所有物でも簡単に何かを書き加えてはいけないような緊張感があります。

話がずれました。そういうわけで僕は線を引くかわりに付箋を使ってます。

三色ボールペンメソッド

本に線を引く方法で知っているものに斎藤孝さんの三色ボールペンメソッドがあります。「重要」、「とても重要」、「個人的に面白かった」の三種類で色を使い分けるやり方です。

理想的なのは本の内容に沿って色を使い分ける方法でしょう。テーマAについては赤、Bについては青、Cについては黄、といった具合で色を使い分けておくと、後から読み直すときに非常に内容を把握しやすい。

しかしこれはあくまで理想論で、本を頭から読んでいる段階でその本の中に何種類のテーマがあるのかを把握し色を用意していくのは困難。結局三色くらいで、重要度や自分が受けた印象に合わせて色を使い分けるのが現実的なマーキングのあり方でしょう。

付箋の貼り方

1116_reading_2.jpg

僕が使っている付箋は住友スリーエムの『ポスト・イット®ジョーブ 透明見出し』です。プラスチック製のケースに入っていていて、ティッシュみたいな仕組みでぺりぺりと交互に調子よくめくれるところが気に入ってます。下半分は透明になっているので本文の上に貼っても内容が見えなくなることはありません。カラフルな色バリエーションもいい。

しかしながら色が多すぎるのは否めない。6色もあります。3色くらいがベストですね。6色のなかの特定3色だけ用途を決めて使えば良いんだけど、貧乏性なのでついつい6色満遍なく使ってしまう。その結果、折角色つきの付箋を使っているのに色を見ただけで意味を理解できないという非常に残念なことになっております。貧乏性の馬鹿野郎。

読んでいて重要だと思った箇所や個人的に面白かった箇所に付箋を貼りながら読んでいき、読み終わったらブログに感想を書く前にもう一度付箋が貼ってある箇所を拾い読みします。この作業でだいたい本の内容が頭に入ります。

今後の課題としては、もっと付箋の色を抑えて、それぞれの色に特定の意味を持たせてそれを定着させる必要があります。

中途半端な感じですが以上が僕の読書スタイルです。よかったらみなさんの読書スタイルを教えて欲しいです。