| @Mac/iPhone

iMac 5K

三井住友 VISA カードで払うと 12 回まで分割手数料が無料だったのでそれで買った。税込み 25 万くらい。 SSD だけ 256GB から 512GB に変えた。あとはキーボードを Magic Keyboard の US 配列にした。マウスは Magic Mouse 2 を選んだけど正直使いづらい。 Magic Trackpad 2 にすればよかった。キーボードを売って Magic Trackpad を買おうか検討中。 MacBook Pro 2009 の方はデータを抜き取ったらメルカリに出そうと思う。 2 〜 3 万くらいでは売れそう。

MacBook Pro の Touch Bar なしのやつとどっちにするか迷ったけど、最近はアイフォ〜ンが進化してて帰省や旅行に Mac を持って行かなくなった(雑な日記書きやインターネット閲覧などはアイフォ〜ンで事足りる)。ほとんど家で使ってるだけ。仕事で必要なときは会社から借りてる MacBook Pro を使うので私物は据え置き型で良いなという結論に至った。同じくらいの値段ででかい 5K ディスプレイが手に入るなら iMac の方が良い。

CPU を Core i7 にしなかったのはミスったかなと思ったけど全く問題無く快適に動く。普通にコードを書いて写真を整理する程度であれば Core i5 で問題無いと思う。ディスプレイでかくて解像度高いのがなによりすばらしい。 MacBook Pro + 外部ディスプレイを使うのよりも省スペースになり机を広々と使えるのもよい。ディスプレイが一枚なので首を左右に動かす負担もなくなる。

メモリを増やしておこうと思って、いまはちょっと値段が高いが 16GB のやつを 2 枚 Amazon で注文した。これでまた 8 年くらいは粘りたい。

| @Mac/iPhone

Mac mini hard drive replacement

嫁さんの Mac mini 2011 が危機的な状況を迎えていて、何か操作する度に常にレインボーサークルがくるくるしてしまい動作が非常に遅くなっていた。ディスクの空き容量が足りないこととメモリ不足が原因のようだった。このまま極限まで空き容量がなくなると OS の起動さえできなくなる恐れがあったので 960GB のSSD と 16GB のメモリを嫁さんに調達させて換装してみることにした。

購入時、 Mac mini 2011 はデフォルトのメモリは 4GB で拡張しても 8GB までということだったので Apple Store で 8GB に増設してもらったのだが、ネットで調査したところ実は 8GB 二枚差しで 16GB まで認識できるということがわかった。 8GB のメモリ 2 枚が 13000 円、 960GB の SSD が 30000 円ちょいで合計 43000 円程度費用がかかった。 SSD は SanDisk のものを、メモリは Komputerbay という聞いたことがないメーカーのものを利用した。

データ移行時に使うディスクケースと分解時に使うトルクスドライバーは以前使ったやつがあった。分解の手順は以下のサイトが詳細で非常に参考になった。

なお Mac mini は外見は似ていても発売年によって中のレイアウトは違いがあるようなので参考にするサイトを探すときは交換対象と同じ年式かどうかを確認した方がよい

手順を以下にまとめる。

  1. ディスクケースに SSD を入れて Mac mini に USB 接続しフォーマット
  2. Mac mini の電源を落として +R しながら起動
  3. ディスクユーティリティで起動ディスク(交換前の HDD )の内容を外付けディスク(交換用の SSD )にコピー
    • 一晩かかる
  4. Mac mini を分解して SSD とメモリを交換
    • ほこりがいっぱいたまっているので掃除機で吸いながら分解する
    • トルクスドライバーは T6 と T8 の両方が必要
    • ロジックボードにつなげてあるコネクターの取り外し作業は思い切りが必要かつミスって壊すと Mac mini が不燃ゴミと化すので慎重さと大胆さが求められる
  5. 元通りに組み立てる
    • SSD はねじの出っ張り部分が元付いていた HDD と同じ穴に入るように取り付けないときちんと固定されない
    • 元に戻すときに SATA ケーブルとロジックボードのコネクターが外れてしまいやすい。きちんと取り付けられていないと Mac 起動時にフォルダー内にはてなマークが表示されて正しく動作しない。
      • ディスクコピーがちゃんとできていないのかと思って焦ったが再分解して確認したところコネクターが外れていた
  6. Mac を起動して動作確認
    • ブラウザーのクッキーはおろか開いていたウィンドウやタブまで完全に復元される
    • MS Office 系はライセンス認証が切れているのでライセンスキーの再入力が必要
      • Adobe ソフトを利用している場合はおそらくそちらも
  7. Terminal.app を開いて sudo trimforce enable を実行し TRIM を有効にする

MacBook Pro のディスク交換よりも難易度は高かったが何とかなった。開発用途に使わない Mac なら十数万出して最新式のに買い換えるよりも数万円出してハードドライブを SSD に変えたりメモリを増やしてあげるだけで快適に使い続けられると思う。 Mac mini が遅くなったなぁとお困りの方はお試し下さい。

| @Mac/iPhone

旅行や街歩きに出かけたとき、移動軌跡が地図上に表示されるとその時何をしていたのかが思い出せて便利になると思う。例えば知らない街に旅行に行った数日後にこんな状況になったことはないだろうか。「昼飯を食ったあとに食器屋に行って良い皿を見たんだけど迷って買わなかったんだよなぁ、あれはなんて店なんだろう、ネット通販やってるかな🤔」。自分はよくある。こういうときに位置情報付きの行動ログが残ってれば店名を探り当てやすくなるし、目当ての商品にたどり着ける可能性が高まる。

自分は今のところ Twitter 、 Instagram への投稿と Swarm へのチェックインを IFTTT 経由で Day One に自動投稿しているので、それらの情報が手がかりにならないでもないが、それでもそのときの自分が Twitter なり Instagram なり Swarm なりに何らかの情報を投稿していないと Day One には何も残らない。やはり何らかの行動ログ的なものが記録されている方がいい。

とはいえ旅行や町歩きのときに意識的に行動ログの取得を開始するのは難しいと思う。旅行中、街を散策する前に iPhone を取り出して何らかのアプリケーションを起動し「開始」ボタンを押したりできるだろうか? 気がついたときには随分行動してしまったあとで「今から記録をとってもね😔」という感じになるのが現実だろう。この手のツールはバックグラウンドで勝手にログをとっといてくれるのが重要だと思う。

何か良いアプリはないものかと App Store で調べてみたところ、 SilentLog というやつが見つかった。評価は良かったがバッテリーの減りが速いとある。インストールしてみたところ確かにバッテリーの減りが速くなる。よくよく考えたら Google Maps のタイムラインや Day One でもバックグラウンドでの位置情報の取得はやってるので似たようなことを複数のアプリでやるのは効率が悪い。

とはいえ移動したログを一番かっちょよく見られるのは SilentLog だった。こんな風に一日のタイムラインを手軽に振り返ることができる。朝家を出て電車に乗り、9時から18時まで職場で仕事をしてなどがすぐわかる。休みの日に出かけた場所も意識せずに記録されていく。その日 iPhone で撮った写真も表示される。

SilentLog

特に良いのが1日の行動ログをほかのアプリやサービスに書き出せること。 Google Maps のタイムラインはエクスポート機能がないし、 Day One の Activity Feed は一定期間たつと消えてしまうので残しておきたいなら意識して記事を作成しないといけない上に、記事にしたとしても位置情報の履歴は残らない。

Google Maps and Day One.png

その点、 SilentLog は行動ログが地図上に表示された画像を手軽に書き出せる。とても便利なのだが、この機能を使うには App 内課金で有料チケットを購入する必要があるようだった。 240円/30日で年払いだと 1900 円とのこと。

位置情報の収集や書き出し、気持ち悪いと感じる人には気持ち悪いこと極まりないだろう。またもし個人を特定できるかたちで流出して誰かに見られてしまったら非常にまずい(浮気中の人など)。加えて SilentLog を作っている会社 はユーザーの位置情報データを売っているようである。おそらく「年収 XXX 万円くらいの 30-40 代の男性が毎週何曜の何時に新宿駅に何人くらいいる」みたいなデータをデパートとかに売ったりするのだろう。 DMP の位置情報版といったところか。個人を特定できないようにはなってると思うがあまりよい気持ちはしない。

とはいえ自分でも忘れるような行動の履歴をスマートフォンアプリが取っておいてくれてあとで振り返られるというのは絶対に便利だと思う。日記は書いておくと便利だけど書くのが非常に面倒くさい。行動のログから自動で簡易的な日記にしてくれてバッテリーの消耗が穏やかなアプリがあったらうれしいなぁ。(結構個人のプライバシーを尊重する) Apple がそういうのつくってくれないかな。

| @Mac/iPhone

先週、 Alfred で通貨換算をやる方法(💵 Alfred で手軽に通貨換算 💴 )について書いたけどその続き。

Numi icon

Numi という Alfred に似たソフトがある。 Soulver と違い多言語対応はしておらず、自然言語による入力は日本語未対応なのだが、 Soulver もまともに使えるのは英語利用時だけなので実質的には機能に差がない。タブを使えたりする分、 Numi の方が高機能かも知れない。さらに Numi は今のところ無料である(ベータ版のため)。ベータ版とはいえほとんど困ることなく利用できている。

Numi うどん

このソフトがすごいのが、 Alfred Workflow を入れると Numi による計算を Alfred から n <式> と入力することでできるようになるということ(ただし Numi.app を起動しておく必要あり)。こんな感じ。

Numi Currency conversion

いちいち Numi.app に切り替えて新規ドキュメントを作成し、ということをしなくて済む。とても手軽に計算できる。通貨換算のほかに、単位の換算もできる。 Google Fincance の Converter サービスを使うやり方よりも高機能だ。

Numi Unit conversion

このソフトを知ってから Soulver を使う機会がめっきり減ってしまった。 Alfred からも計算できるし、結果を残しておきたいような複雑な計算をするときは Numi.app に切り替えて使うこともできる。文章を書いたり考え事をしているときにささっと計算できて頭の切り替えコストが低い。 AWS を利用しているプログラマー諸氏なら EC2 インスタンスの料金なんかを計算するときにもとても便利だと思う。おすすめです。


この記事は Alfred 3 Advent Calendar 2017 - Adventar 12 日目の記事でした。明日は(明日も) @tsurusuke さんです。

| @Mac/iPhone

Soulver と Calca というのを去年自分が作った Advent Calendar で書いた(ただし締め切りを二ヶ月過ぎてから)。数字混じりのテキストを入力するといい感じに内容を読み取って計算してくれるソフトの紹介記事だった。

Soulver は便利でよく使っているのだけど、何か計算をしたいときに一々新規ドキュメントを作成しなければならないのが煩わしい。結果を保存しなくていいような、本当にチラシの裏で筆算してあとは捨ててもいいような手軽な計算ができないものかと思っていた。例えば Alfred を起動してさっと計算するような。

実は Alfred にも計算機能はある。ランチャーウィンドウを呼び出して数字を入力すると計算してくれる。

Alfred Calculator

ただ Soulver にあるような 1 USD in JPY と入力して 113 JPY と通貨換算してくるような機能はない。ネットでデジタルコンテンツをコンシュームしたり海外の通販でブツをゲットしたりするデジタルネイティブの皆様におかれましては USD 決済が基本であり、お金を払う前に「日本円にしたらいくらくらいかな?」と考えることはよくあると思う。そういうときにさくっと Alfred で通貨換算してくれる方法があったら便利ですよね。あるんですよそういうのが。

Currency Converter\.alfredworkflow
http://cl.ly/MBJ8

ちょっと URL が怪しいけど CloudApp というサイトからダウンロードできる。中身はシェルスクリプトで、例えばドル円の換算だと次のようなシェルスクリプトが実行される。

AMOUNT={query};

RESULT=`curl -s "http://finance.google.com/finance/converter?a=$AMOUNT&from=USD&to=JPY" | awk '/<span/{print}' | sed -e 's/<[^>][^>]*>//g' -e '/^ *$/d'`

echo '<?xml version="1.0"?><items>
            <item uid="convert" arg="'$RESULT'">
                <title>'$RESULT'</title>
                <icon>icon.png</icon>
                <subtitle></subtitle>
            </item>
        </items>'

Google の Currency Converter サービスに curl で問い合わせて結果を Alfred で表示できるように XML に整形しているだけである。

たとえば USD 58 と入力すると以下のように日本円でいくらになるかを表示してくれる。

Currency Converter USD

ここで Enter を押すとクリップボードに結果を保存してくれる。

Notification

なお Google の Currency Converter の URL が最近変更されたため↑のリンクのやつをダウンロードしてインストールしただけでは動かないと思う。 curl する URL を変える必要がある。よくわからん人は僕が貼ってるシェルスクリプトをコピーして 「Alfred Preferences」 -> 「Workflows」 -> 「Currency Converter 」と進み、 Script Filter にペーストするとよい。

Alfred Workflow Preference

Alfred Workflow Script Filter

curl する URL のクエリパラメーターを調整することで EUR -> JPY や話題の BTC -> JPY の変換もできる。仮想通貨の相場が気になって気になって仕方がない方などは Alfred で効率的に計算してるふりしてレートが調べられて便利だと思うので是非お試し下さい。


この記事は Alfred 3 Advent Calendar 2017 - Adventar 7 日目の記事でしたが一日遅れで書いてます。 8 日目は誰も登録していません。


追記 2018-06-25

コメント欄で @gnrr さんにご指摘いただいてますが、 Google の通貨変換 API が機械的なアクセスを拒否するようになり、この記事に書いてあるやり方では通貨換算できなくなりました。 @gnrr さんが作成された以下の Alfred Extension だとこの機能が復活しますのでお困りの方はご利用下さい。

| @Mac/iPhone

castro-and-overcast.png

Podcast を聞くのには Marco Arment の Overcast を使ってたんだけど、最近「 Internet Connection を確認しろ」みたいなメッセージが出てエピソードの一覧を取得できないことが何度かあってストレスに感じたので Castro に変えてみた。 Overcast は独自のサーバーサイドアプリケーションがあってそこと通信してるので、 overcast.fm の調子が悪くなると新しいエピソードをダウンロードできなくなる。 Castro や Apple の Podcast アプリだと iTunes から直接ダウンロードしてるので iTunes のサーバーがダウンしない限りエピソード一覧を取得できないということは起こらない。

エピソードの再生クオリティに関してはやはり Overcast の方がすばらしい。無音部分のカットや賢い倍速再生はやはり Overcast ならではだと思う。 Castro で再生してみて無音部分は結構気になることに気がついた。

一方でエピソード一覧の UI などは Castro が優れていると思った。以前聞いたエピソードを聞き返したいとき、 Castro は年月でエピソードがグルーピングされるので心理的に探しやすい。

castro

Overcast の方は雑然とエピソードが羅列されているだけなので探しづらい。

overcast

プレイリスト

castro

Castro はプレイリスト機能が前面に出ていて、基本的にリストに聞きたいエピソードを登録して聞くというスタイルになる。次に聞くエピソード、過去に聞いたエピソードのヒストリー機能もあるので、昨日聞いたあれをもう一度聞きたいというときにも便利。 Overcast にもプレイリストはあるが存在に気がつきづらい。次々に新着のエピソードを聞いていくという使い方には向いてるが、過去のエピソードを掘り出して聞くときには Castro の方が優れている。

再生中画面

再生中の画面に関しては Overcast の方が良い。カバーアートをスワイプするとショーノートとチャプター一覧を行き来できるのも便利。

overcast overcast

Castro はショーノートと再生位置の切り替えは▽のトグル式で、しかも再生位置確認画面は SoundCloud のように波形表示される。

castro castro

正直こんなのは必要ない。僕は興味のない話題はスキップするので Overcast で聞いているときはショーノートを見ながら再生位置スライダーを動かしてスキップしたりするが、 Castro ではショーノートを表示している状態では再生位置スライダーが表示されないので 30 秒早送りボタンを連打するしかない。

結論

再生中の画面の UI には問題があるが、全体的なルックアンドフィールは Castro の方が優れていると感じた。配色を含めたデザインは Castro の方が使いたいと思わせられる。ちゃんとデザイナーによってデザインされている感じ。 Overcast の方はエンジニアが片手間でデザインした感がぬぐえない。

Overcast に不満がある人、過去エピソードをよく聞く人は Castro を試してみるといいと思う。

| @Mac/iPhone

choosy+canary-chrome.png

少し前に rebuild.fm で miyagawa さんが紹介1されていた Chrome の Canary チャンネル2と stable リリースで Profile を分けて使うやつやってみたらとても便利。 Choosy.prefPane3 などのブラウザー切り替えツールとセットでやる必要があるので $10 お布施した。 Chrome は stable や beta など様々なリリースがある4が、 Canary チャンネルのみ独立した User Profile を指定できるようだった。

Choosy.prefPane は参照元のアプリケーションごとにブラウザーを指定したり( Slack からは Chrome Canary とか、 Alfred からは Normal Chrome など)、 URL に応じて指定したり( twitter.com は Normal Chrome など)もできる。これでミスって仕事用の Google Account で SaaS にサインアップしてしまったりということがなくなる。 とても便利。

Chrome への依存度が高くない人は仕事用に Chrome 、プライベート用に Safari のような使い分けでもよさそう。